1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. しぐさ
  4. 母猫みたいで大好き♡猫が見せる飼い主さんへの「LOVE表現」

猫と暮らす

UP DATE

母猫みたいで大好き♡猫が見せる飼い主さんへの「LOVE表現」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫はもともと単独行動する動物なので、だれに対しても警戒心が強くなりがち。だけど、毎日お世話をしてくれる、飼い主さんだけは特別なんです。ここでは、猫飼いさんなら絶対に見逃がしたくない、猫たちが発するLOVEサインをご紹介します。

スリスリとすり寄る

スリスリする大福くん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

飼い主さんがくつろいでいるときや、帰宅したときに猫がスリスリするのは、大好きな飼い主さんに甘えたい・安心したいという気持ちの表れ。

猫は日頃から飼い主さんの様子を観察し、いつ甘えたら相手をしてもらえるのかわかっているため、飼い主さんがくつろいでいるときにスリスリし、ニオイをつけて自分の存在をアピールするのでしょう。

また、帰宅後にスリスリするのは、ニオイの交換をしている場合も。外の嗅ぎ慣れないニオイを楽しみつつも、飼い主さんに自分のニオイをつけて安心しているのです。

ニャーニャーと鳴く

飼い主さんの帰宅を喜ぶソラくん(MIX)
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

飼い主さんに見つめられたときなどに猫が「ニャー」と鳴くのは、大好きな飼い主さんとコミュニケーションを取ろうとしているから。

単独行動をする野生の猫の場合、鳴き声で会話をすることはほぼありませんが、飼い主さんなしでは生きられない飼い猫は、感情や欲求の高まりを「ニャー」と鳴いて伝えるようになったといわれています。

もし、目があったときに愛猫が「ニャー」と鳴くなら、飼い主さんが見ていることに「気付いているよ」「気にかけてくれてありがとう」と返事をしているのでしょう。

飼い主さんにチョコンとのる

パパの肩が気に入っている太郎くん(MIX)
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫は警戒心が強い動物なので、身を預けて密着する「のる」という行為は、信頼している人にしか行いません。そのため、肩や膝の上にチョコンとのるのは、飼い主さんを信頼している証拠です。

なかでも、密着度がアップする「肩にのる」という行為は、ピッタリとくっつきながら飼い主さんを独占できるので、猫にとっては思いっきり甘えられる、満足度の高いしぐさといえるでしょう。

ペロペロなめる

大好きでペロペロするレイちゃん(MIX)
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫が他者をなめるのは、母猫子猫などの信頼関係がある相手だけ。つまり、猫が飼い主さんをなめるのは、親愛の気持ちを表しているといえます。

猫がなでている飼い主さんをペロペロするのは、飼い主さんになめてもらっているように感じて、「ありがとう、大好きだよ」などとお返ししているのでしょう。

また、自分のニオイを付けるのと同時に、飼い主さんのニオイをなめ取るという意味もあるようです。

ジーッと見つめる

チュールを見つめるふわちゃん(ラグドール)
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫が遠くからジーッと見つめてきたら、何か要望を伝えようとしているのでしょう。

猫は本来、相手の出方をうかがい、警戒しているときにしか視線を合わせません。しかし、人に視線を送る場合は、「○○して欲しいな」と思っていることが多いのだとか。

もし遠くから猫がジーッと見つめてきたら、飼い主さんの落ち着くタイミングを見計らって、アプローチしようと考えているのかもしれません。

ここでは、5つのLOVEサインをご紹介してきました。大切な猫から届くLOVEサインを見逃さずに、信頼関係を深めていってくださいね。

参考/「ねこのきもち」2018年6月号『愛情表現のしぐさが丸わかり 毎日は猫からのNyamore(好きだよ)に溢れてる!』(監修:獣医師 獣医行動診療科認定医 ペット行動カウンセラー 藤井仁美先生)
文/こさきはな
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る