1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 飼い方
  4. 居場所
  5. 猫トイレの置き場所に意外な落とし穴? NG例&上手な移動方法とは

猫と暮らす

UP DATE

猫トイレの置き場所に意外な落とし穴? NG例&上手な移動方法とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんの家の猫トイレはどこに置いてありますか?愛猫のことを思ってトイレの場所を決めているでしょう。今回は、そんな猫トイレの置き場所であまりオススメできない場所について解説します。また、猫トイレを上手に移動する方法もご紹介します。

じつは「玄関」や「廊下」も置き場所として適切ではない?

廊下を歩くスコティッシュフォールドのアビーくん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

「猫の通り道だから」「すぐ見に行けるから」「ほかに置き場所がないから」などの理由で、玄関や廊下に猫トイレを置いていませんか?
家の構造や季節にもよりますが、玄関や廊下は冬場は寒さが厳しいため、猫がトイレに行くのをためらってしまうことがあります。すると、泌尿器の病気にかかる一因になる場合も。
ただし、猫の通り道なら、置き場所のひとつとして置いておくのもいいでしょう。

「クローゼット」や「押し入れ」に置いてもいいの?

クローゼットの中に入る小鉄くん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

「暗い場所の方が安心できるかな?」「よく隠れる場所だし……」そんな理由で、クローゼットや押し入れに猫トイレを置いている人もいるかもしれません。
しかし、どちらもニオイがこもりやすく、カビも生えやすい場所なので、置き場所としてはあまりふさわしくありません。
奥まった場所が好きな猫なら、リビングにフード付きタイプのトイレを置いたり、目隠しのカーテンを付けたりするなど、落ち着ける工夫をしてみましょう。

日当たりのよい「窓際」に置くのは?

窓際にいるマンチカンのまち子ちゃん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

「日当たりがいい場所だし排泄するにも気持ちよさそう」「お日様の光で日光消毒になるかも」そんなことを期待して「窓際」に置いている人もいるのではないでしょうか。
猫や人が行きやすい場所なら置き場所として問題はありませんが、窓から差し込む日光では消毒の効果は期待できません。それどころか、細菌が繁殖しやすくなる可能性も。
また、1階などノラ猫がやってくるような場所は、ストレスになるので別の場所に変える必要があります。

置き場所を変えたいときはどうしたらいい?

リラックスしているスコティッシュフォールドのもも太くん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫トイレの置き場所はあまり変えないほうがいいとはいえ、適切ではない場合は、今の置き場所から移動する必要があります。
そんなときは、まずは今のトイレの場所は変えずに新しく追加しましょう。中に入れるトイレの砂は、慣れるまでは今までと同じものを使ったほうが、猫のストレスを軽減できますよ。
どうしてもトイレの追加が難しいときは、今の場所から毎日10cmくらいズラしていき、数日間かけて希望の場所まで移動するという方法を取り入れてみてくださいね。

猫トイレの置き場所で大切なのは「猫がしたいときに排泄できる」「飼い主さんがこまめに掃除できる」ということ。愛猫の健康維持のためにも、快適なトイレ環境を用意してあげましょう。

参考/「ねこのきもち」2018年7月号『よかれと思って置いているけれど…みんなのおトイレMAPこれでOK?』(監修:モノカどうぶつ病院院長 小林清佳先生)
文/ishikawa_A
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る