1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 生態
  4. 生態・行動
  5. 瞳孔が開いて黒目も大きい! 猫が「目を見開いている」ときの心理

猫と暮らす

UP DATE

瞳孔が開いて黒目も大きい! 猫が「目を見開いている」ときの心理

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫は言葉を話せないけれど、表情やしぐさに気持ちが表れますよね。目の状態からも、猫の気持ちを推測することができます。

今回は、猫が目を見開いているときの心理状態について、ねこのきもち獣医師相談室の先生に聞いてみました!

猫が目を見開いているときの心理

首を傾げるマンチカン
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

ーー猫が目を見開いているとき、どのような心理状態だと考えられますか?

ねこのきもち獣医師相談室の獣医師(以下、獣医師):
「猫は興奮すると、瞳孔が開いて黒目が大きく丸くなります。このとき、目を見開いているだけでなく黒目も大きいので、より一層大きく見えるかもしれません。このような状態は、獲物を狙っているときなどに見られ、興奮していると考えられますね」

ーー狩りの本能が出ている瞬間なのですね。興奮している愛猫の姿を見たとき、飼い主さんはどう対応してあげるとよいでしょうか? 

獣医師:
「愛猫のハンター欲を満たす遊びをしてあげてください。たとえば、じゃらし遊びや、追いかけっこ、もし食いしん坊の猫なら、餌を詰めるタイプの知育トイもおすすめですね。

興奮状態の猫は、小さな細切れの声で唸ったりするのですが、本気で狩りをしようとしています。飼い主さんは上手に遊んであげましょう」

興奮状態の猫と遊ぶときの注意点

獲物を見つけたマンチカン
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

ーー狩りの本気モードの状態だと……飼い主さんもケガをしないように注意が必要そうですね。

獣医師:
「そうですね。たとえば、飼い主さんが手を使って遊ぼうとすると、手をおもちゃだと勘違いして本気で追いかけて噛んでくることもあるので気をつけてください。飼い主さんは手元で遊ばないように、長い棒やひものおもちゃを使いましょう」

ーー猫に噛まれたりしたとき、なにか病気になってしまうこともあるのでしょうか……?

獣医師:
「たとえば、猫ひっかき病、パスツレラ症、カプノサイトファーガ・カニモルサス感染症など、猫からのひっかき傷や咬傷から感染する人獣共通感染症の危険があります。

万が一噛まれてしまったときは、すぐに流水で十分に洗い流し、市販の消毒薬で消毒し、病院を受診しましょう。傷口は小さくても、奥深くまで菌やウイルスが入り込んでしまっていることもありますので、注意が必要です」

ーーそれはこわいですね……。猫と安全に遊ぶポイントなどありますか?

獣医師:
「猫の鼻息が荒くなったり、周りが見えなくなるほどおもちゃを追うなどしたら、興奮しすぎているサインです。そのときは遊びをやめて、猫の呼吸が整うまでおもちゃは隠すようにしましょう」

ハンター気分の猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫が目を大きく見開いているときは、狩りがしたくてウズウズしている心理のことが多いようです。遊び方には十分気をつけて、愛猫と楽しく遊んであげてくだいね!

猫から人にうつる恐れのある病気についてのくわしい解説は、下記の記事も参考にしてみてください。

猫から人にうつる病気

(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
取材・文/sorami

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る