1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 飼い方
  4. 居場所
  5. 猫にケージは必要? メリット4つとケージ慣れの方法

猫と暮らす

UP DATE

猫にケージは必要? メリット4つとケージ慣れの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫用のケージ、みなさんはお使いですか?実は、ケージは猫と快適に暮らすうえで、とても便利なアイテムなのです。猫にとっても人にとっても見逃せない、ケージのメリットについてご説明します。猫にケージ慣れしてもらう方法も一緒にご紹介しますよ!

ケージを使う4つのメリット

ケージでくつろぐ、ブリティッシュショートヘアのくろごまちゃん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

ケージを使うことで、どんなメリットがあるのでしょうか?ここでは主なメリットを4つご紹介します。

猫がくつろげる空間になる

猫は野生時代、穴蔵をすみかにしていました。その名残から、猫はケージのような囲まれた狭い空間を好む傾向にあるのです。
そのためケージは、慣れさえすれば猫にとって快適な居場所になるでしょう。

危ない行動を制限できる

ケージには扉があり、扉の開閉により行動範囲を制限できます。
例えば、荷物の搬入などで玄関を開放しているときや、洗濯物を干すために窓を開けているときなども、猫の脱走リスクをなくせます。

また、いたずらや誤飲・誤食を防ぐことも可能です。好奇心旺盛な猫は、なんでも触ったり口にしたがったりしますが、猫をケージに入れておけば、その危険を回避できるでしょう。飼い主さんがそばにいられないときでも安心ですね。

同居猫同士のケンカを防げる

多頭飼いの場合は、1匹につき1つケージを用意するのがおすすめ。
そうすることで、ケージで猫の居場所を仕切れるので、ケンカをしてもクールダウンさせることができます。
また、それぞれの猫の食事や排泄具合を確認できるため、健康管理もしやすくなるでしょう。

災害時にはシェルターになる

ケージは頑丈な構造をしているため、災害時には猫の避難場になることも。
地震などで倒れる家具や落ちてくるものなどから猫を守ってくれるほか、ふだんからケージに入る習慣がついていれば、いざというときに猫が避難するシェルターになります。

嫌がるケージに慣れてもらうには

MIX ミケのきりんちゃん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

ケージを導入しても、猫が嫌がってしまう場合もあります。そんなときには、まずはご飯でケージに慣れてもらいましょう!次にご説明する手順がおすすめです。

① 猫が自らケージに入るのを待ち、入ったらケージの中でフードを与えます。(最初は扉を開けたまま、慣れてきたら扉を閉めて与えましょう)
② ①の工程に慣れたら、次の食事からケージ内にフードを撒きます。猫がフードを食べ終えたら扉を開けて猫を出してあげましょう。
③ ②の工程を、猫が慣れるまで何度も繰り返します。

その他、おもちゃでケージへ誘導したり、寝場所にするために猫が眠くなるタイミングでケージへ誘導したりするのも効果的ですよ。

ケージの中はどうしている?

ラグドールのこむぎちゃん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

もしものときに備えて、ケージの中で暮らせるくらいの準備をしておくことがおすすめ。
できれば3段タイプのケージを用意して、1段目にトイレ、2段目には猫ベッドや毛布、3段目にフードやお水。余裕があればハンモックなども設置すると良いでしょう。
猫が嫌がるので、できるだけ食事とトイレは離して置いてください。
また、おもちゃは誤食する心配もありますので、ケージには置かず、遊ぶときに出して使うようにしましょう。

猫にとって、ケージは「狭いけど安心できる」大切な場所なんですね。
みなさんも、猫と人の安心・安全のために、ケージの設置を考えてみてはいかがでしょうか?

参考/「ねこのきもち」2018年10月号『今からでも愛猫の“マイルーム”に ケージで叶うしあわせ猫生活』(監修:聖母坂どうぶつ病院獣医師 鵜飼佳実先生)
文/みづかめ
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る