1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 飼い方
  4. コミュニケーション
  5. 【withコロナでどう変わった?】飼い主さんの「生活様式の変化の定着化」と愛猫への影響 犬猫飼い主約1,356名の声

猫と暮らす

UP DATE

【withコロナでどう変わった?】飼い主さんの「生活様式の変化の定着化」と愛猫への影響 犬猫飼い主約1,356名の声

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
かわいいトラ猫
Ukususha/gettyimages

更なる新型コロナウイルス感染拡大が懸念されている中、いぬ・ねこのきもちWEB MAGAZINEでは、2020年3月以降、全国的な新型コロナウイルス感染拡大から、緊急事態宣言を経て現在にいたるまでの犬・猫の飼い主さんへの影響について、インターネットによるアンケート調査を実施しました。11月現在、犬・猫を飼っている方1,356名の回答から、コロナ禍における生活様式や行動の変化、課題についてレポートします。(アンケート実施期間:2020年11月25日~12月1日)

飼い主さんの一番の不安は5月・7月調査時点と変わらず 「自分が感染したら、愛犬・愛猫のお世話をどうする?」

いぬ・ねこのきもちWeb「コロナ禍における犬・猫との暮らしアンケート調査」(2020年5月/7月/11月実施)
ねこのきもちWEB MAGAZINE

愛犬・愛猫との暮らしについてもっとも強い不安は、5月・7月調査時と変わらず、「自分や家族が感染した場合、愛犬・愛猫のお世話をどうするのか」で62.7%の飼い主さんが回答しました。

また「自分や家族が愛犬や愛猫にうつしてしまうのではないか」の項目が微増する一方、「愛犬・愛猫が新型コロナウイルスに感染してしまうのではないか」「フードやトイレシーツなどが入手できなくなるのではないか」の回答率は減少傾向にあり、犬や猫からの感染やお世話グッズに関する不安は少なくなってきています。

その他の声としては、

「もし、自分や家族が入院したら愛犬・愛猫はどこに預ければいい?」

・「飼い主が入院した時の犬の世話を出来る人がいない」
・「1人暮らしで自分が入院したら愛猫をどうしていいか」

生活の変化による愛犬・愛猫へのストレスはないか

・「家人が在宅となり、家に必ず人がいるようになったため、愛犬が留守番ができなくなった。通常の生活に戻った時の犬の状態が心配」
・「コロナ禍でのストレスや不安を愛猫たちに伝播してしまうのではと気になってしまう」

持病を持つ愛犬・愛猫への影響について

・「往診してくれている獣医さんが新型コロナウイルスに感染したら、毎週必要な点滴などはどうなってしまうのか不安」
・「受診しにくいというより万が一、動物病院で患者が出て病院が閉鎖されたらどうするか…(持病持ち、専門食、薬など)」


実際にコロナ禍による様々な影響を経験した方も

5月・7月調査ではあまり見られませんでしたが、今回の11月調査では新型コロナウイルス感染拡大により「すでにコロナ禍での影響」を経験した声も多く聞かれました。

・「実際に濃厚接触者になりました。飼い猫との距離感をどうとったらよいか、かなり悩んだ」

・「愛犬がガンになったが、大学病院が受診を制限していて治療を開始するのが遅れた」

・「愛猫が腎臓が少し悪いのでずっと飲んでいる薬が不足して手に入らなくなってしまった」

・「ドッグランに行かなくなったので運動不足かも」

「実際に周りに感染者がいない」という声も多く聞かれましたが、リアルな声を参考にいざという時を想定しておくことが大切になってくるかもしれません。

「飼い主自身が感染を防ぐ」ことが徹底、日常化か

いぬ・ねこのきもちWeb「コロナ禍における犬・猫との暮らしアンケート調査」(2020年5月/7月/11月実施)
ねこのきもちWEB MAGAZINE

今回の調査結果を通じて、「愛犬・愛猫に触れる前に手を洗うなどするようにした」(5月35.3%→7月38.6%→11月35.3%)、「家の中をいつもより消毒したり以前より清潔にするようになった」(5月38.7%→7月33.8%→11月33.3%)といった飼い主さん自身の「衛生管理」の項目はいずれも高い結果となりました。

また、11月の調査では、前回7月から「特に変えたことがない」と答えた方が増加(7月26.8%→11月35.5%)したことからも、手指の消毒を含めて衛生対策が日常化(定着化)していることが伺えます。

自分がもし感染した場合愛犬・愛猫のお世話について「不安に思うが特に何もしていない」が約70%。一方もしもの場合を想定している声も多数

いぬ・ねこのきもちWeb「コロナ禍における犬・猫との暮らしアンケート調査」(2020年5月/7月/11月実施)
ねこのきもちWEB MAGAZINE

「もし自分が感染したら愛犬・愛猫はどうすればいい…」という声は多いものの、「不安に思うが特に何もしていない」と回答した方は69.2%(5月73.3%→7月70.2%→11月69.2%)と最も多く、「できる準備をしている」は16.8%(5月14.1%→7月17.6%→11月16.8%)、「特に考えていない」(5月12.6%→7月12.2%→11月14%)という結果に。

一方、今回の11月調査では5・7月調査と比較すると、「普段から何かあったらお世話をお願いする人がいる」という声も多く聞かれ、「家族にお世話してもらえるし、フード等の必要なものはネットで買える」「動物病院にペットホテルがあるので、お願いするから」など、すでに準備や、もしもの場合を想定している声が多く聞かれるようになりました。

東京都獣医師会のホームページでは、もし「飼い主さん自身が新型コロナウイルスに感染してしまった場合」ペットを預けるために知っておきたいこと、逆に自分が預かる立場になった場合に、双方の具体的な対策方法や準備すべきことをまとめています。

愛犬・愛猫を預かっていただく方がいらっしゃる場合も、愛犬や愛猫の情報を伝えるなどのコミュニケーション等、工夫が必要になるのではないでしょうか。
いぬ・ねこのきもちWEB MAGAZINEでもご紹介していますので、参考にしてみてください。

オンライン診療についてのニーズは高いが 実際の利用は増えていない

一方、かかりつけの動物病院などの受診については、コロナ禍であっても「受診を延期したり中断した(5月79.1%→7月83.8%→11月87.2%)」方は少なく、各動物病院では「密」を避ける工夫(来院時の飼い主の人数制限、待ち時間は病院の外で過ごす等)や、受診時間の短縮や予約制限、手洗い・消毒など衛生管理の対応が行われていることも分かりました。

一方、電話やオンラインでの獣医師による相談・診療サービスについては、利用したいという声が高いものの(5月78.1%→7月69.6%→11月69.7%)、11月の調査では実際に利用したことがあるという方は6.7%と少ない傾向に。

いぬ・ねこのきもちWeb「コロナ禍における犬・猫との暮らしアンケート調査」(2020年11月実施)
ねこのきもちWEB MAGAZIZE

「いぬのきもち」「ねこのきもち」では、愛犬・愛猫との生活における疑問・悩みに
WEBサイト上で専門家が回答する無料サービス「ペットケアONLINE」を、スタートしました。

■ペットケアONLINE

動物病院に行きにくい状況で不安な気持ちを抱えているようであれば、まずは気軽にできるオンライン相談という選択肢も活用してみてはどうでしょうか。

AlxeyPnferov/gettyimages

コロナ禍以降、飼い主が感じる愛猫の変化の多くは、「甘えるようになった」こと。つい、おやつをあげて体重が増加した猫も

猫を飼っている飼い主さんでコロナ禍以降、約15%の人が愛猫に変化を感じたと答えたその多くが「愛猫が以前より甘えてくるようになった」と回答しています。
休日、家にいる時間も多くなり、平日も在宅業務に切り替わった飼い主さんもいることが要因と思われます。愛猫が甘えん坊になったことで、「外出しづらくなった」という意見もありました。

また、その一方で、一緒にいる時間が増えたことでおやつを与えてしまい、「愛猫の体重が増えた」という飼い主さんも。可愛い愛猫からの「おねだり」に”つい“与えてしまったのでしょうが、愛猫の体重増加は健康管理のためによくありません。おやつの回数を減らして、その代わり、じゃらしや、おもちゃを使って猫と遊ぶなど、別の方法で愛猫との時間を楽しんでみるのはいかがでしょうか?

・在宅勤務が常態化してきたため,常に誰かが家に居ることに猫が慣れてしまい,以前はほとんど鳴かなかった子が姿が見えない、遊びたい時などよく鳴いて訴えるようになった。こんなに変わるものかと思うほど…

・愛猫が甘えん坊になったことで、「外出しづらくなった」「外に出かけると」よく鳴く

・もともと甘えたがりだったが、家に居る時間が増えたせいかより甘えてくるようになった。依存性にならないようひとりで居てもらう時間を意識的に作るなど気をつけている

・在宅が増えたことからおやつの機会が増えて太った


など

もしも自分や家族が万が一、新型コロナウイルスに感染したら・・・不安に思うが「何をしていいかわからない」人が多数

先述の「もしも自分や家族が新型コロナウイルスに感染した場合の愛猫のお世話の準備の有無」について、約7割の猫飼いさんが「不安に思うが特になにもしていない」と答えています。
その理由として、『何をしていいのかわからない』『準備する術がわからない』と答えた飼い主さんが151名(約30%)と一番多く、次に『預ける人がいない』となっていました。

いぬ・ねこのきもちWeb「コロナ禍における犬・猫との暮らしアンケート調査」(2020年11月実施)
ねこのきもちWEB MAGAZINE

家族以外の人と触れ合う機会がない猫を、誰かに預けるというのはとても難しいことかもしれません。
万が一、入院などになった場合、預けるのは難しくとも、定期的に様子を見に行ってくれる人を見つけておく、ペットシッターに相談する。また、自動給餌器や自動給水器を導入するなど予め考え、行動にするのも大切ではないでしょうか。

コロナ禍以降の猫の迎え入れは?

今回の調査では、猫の飼い主さんに2020年3月の新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛期間や生活スタイルの変化に伴い、愛猫の迎え入れに変化があったどうかを調査しました。
その中で、3月のコロナ禍以降に新しく猫を迎え入れた人は、回答いただいた猫飼い主さんのうち、24.5%の175人。「ずっと飼いたかったが、コロナ禍で自宅にいることが多くなったことが飼うきっかけになった」人も13.7%いました。

いぬ・ねこのきもちWeb「コロナ禍における犬・猫との暮らしアンケート調査」(2020年11月実施)
ねこのきもちWEB MAGAZINE

迎え入れた理由のほとんどが、知人からお願いされた・保護した

3月以降に、新たに猫を迎え入れた先を聞いたところ、「知人からお願いされた」「譲渡」が約25%。「その他」と回答した方の多くが「自宅で保護」「道端で保護した」という理由であったため、その割合も含めると実に約50%以上の方が、予期せぬ愛猫の迎え入れが多かったことがわかります。

・時期は全く決まっていなかったがいずれは迎えるつもりで家を購入し準備していた

・大雨の寒い中、まだへその緒がついて目も開いてない子猫が捨てられていたので、放っておけなかったからです。

・自宅の今は使用してなかった亡くなった愛犬の犬小屋にて子猫を発見し保護


など、どうしても猫を見過ごせなかった飼い主さんの想いが伝わってきます。
猫を家族として迎え入れるには、しっかりとした心構えが必要です。もっとも大切なのが、「終生飼育を必ず約束できるか」ということ。当たり前のことですが、飼うからには愛情と責任をもって、最後の最後まで飼育しましょう。

いぬ・ねこのきもちWeb「コロナ禍における犬・猫との暮らしアンケート調査」(2020年11月実施)
ねこのきもちWEB MAGAZINE

長く続くwithコロナ時代、対応力が必要か

「withコロナ」の時代は続き、更なる感染拡大が懸念されていますが、その中でも、飼い主さん自身がしっかり感染予防対策をしている方が多く、それを継続していること、また、「もし自分が感染したら愛猫はどうするのか」について考え、準備している回答が増えていることが印象的でした。
ねこのきもちWEB MAGAZINEでは、今後も情報「withコロナ時代の愛猫との安心できる暮らし」について情報発信を進めていきます。

―――
アンケート名称:【いぬ・ねこのきもちWeb】第3回犬猫コロナ禍アンケート
アンケート実施期間:2020年11月25日~12月1日
回答方法:WEB、いぬ・ねこのきもちアプリ
総回答数:1,356名
―――

【新型コロナウイルス第2回犬猫調査】まとめはこちら

※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
文・分析/ねこのきもちWeb編集室

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る