1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. お手入れ
  4. 愛猫のための習慣に!病気やケガから守る基本のお手入れ

猫と暮らす

UP DATE

愛猫のための習慣に!病気やケガから守る基本のお手入れ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「愛猫が嫌がるから」といって、お手入れを怠っていませんか? でもそれは、愛猫の体のためになっていないかもしれません。ブラッシングや爪切り、歯磨き、顔拭きなどの基本的なお手入れで防げる病気やケガを知り、今後のケアに役立てましょう。

基本のお手入れ1:ブラッシング

ブラッシングするマンチカン(オス)
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

3~7月にかけた換毛期には、いつもの10倍以上に毛が抜ける猫も。ふだんもそうですが、特に抜け毛の多い時期にブラッシングを怠ると、表面で毛が絡んで皮膚病の原因になったり、飲み込んだ毛が胃を刺激したりする毛玉症(もうきゅうしょう)を起こす心配があります。

余分な抜け毛を除去するためにも!

抜け毛による体調不良を防ぐためには、定期的なブラッシングが必要です。

【短毛猫のブラッシング法】
短毛猫の場合は2~3日に1回、換毛期は毎日、ラバーブラシを使ってブラッシングしましょう。毛が抜けやすい背中・わき腹・胸・お尻を重点的に、体全身をまんべんなくとかします。猫が舐めやすいお尻から後ろ足は、より入念にブラシをかけましょう。

【長毛猫のブラッシング法】
毛が長く絡まりやすい長毛猫は、毎日ブラッシングが必要です。換毛期はふだんのブラッシングに加え、毛が絡まりやすい胸・わき腹・内股・しっぽをコームでほぐしてあげましょう。乾燥して静電気が起きやすい季節は、霧吹きで毛を湿らせてから行うといいでしょう。

基本のお手入れ2:爪切り

爪切りしながら寝る猫(MIX、メス)
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫は鋭い爪をもっているので、爪切りを怠ると、思わぬケガをすることも。次のような事故が起きやすいので、注意しましょう。

  • カーテンなどの布製品に引っ掛けて爪を折る
  • 頭をかくときに、後ろ足で自分の顔をひっかく
  • じゃれあいながら、同居猫や飼い主さんを傷つける

ケガや事故から愛猫を守るために!

思わぬケガから愛猫を守るためには、定期的な爪切りが必要です。最低でも、月に1回は行いましょう。
爪切りが苦手な猫に無理やり切ろうとすると苦手意識が強くなるので、おやつやおもちゃで気をそらしながら切るといいでしょう。一度にすべてやり切ろうとせず、何日かに分けて行っても。

基本のお手入れ3:歯磨き

歯磨きするロシアンブルー(オス)
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

歯磨きを怠ると、猫も歯垢や歯石が溜まり、歯茎やその周辺組織に炎症が。人と同じで、歯肉炎や歯周病を発症することがあります。

大切な歯と歯茎を守るために!

歯周病や歯肉炎を予防するためには、歯を磨く以外に方法がありません。できれば週に2~3回、歯ブラシを使って歯を磨きましょう。
猫が歯磨きに慣れるまでは、ペースト状のおやつを使って、歯石が付きやすい上の奥歯だけを磨いてみて。歯磨きに慣れてきたら、徐々に磨く歯を増やしていきましょう。

基本のお手入れ4:顔の汚れ拭き

顔を向けるスコティッシュフォールド(オス)
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫は毛づくろいで体のお手入れをしますが、自分で舐められない顔は汚れが残りがちに。汚れを放置すると、次のような病気を発症する場合があります。

あごニキビ
あごの皮膚や毛の間に黒い斑点がこびり付き、なでるとザラザラした感触。放置すると炎症を起こします。

結膜炎・角膜炎
結膜と角膜が炎症を起こした状態です。前足や、何かで結膜や角膜をこすったことをきっかけに傷つけて発症することが。

外耳炎
耳垢がたまり過ぎたことで細菌が繁殖し、耳の穴から鼓膜にかけて炎症を起こした状態です。耳の中が赤くはれたり、黒っぽい耳垢が出たりします。かゆみからしきりに耳元を掻いてしまうことも。

顔の汚れを残さないために!

まずは毎日顔の汚れを観察し、汚れていたら、お湯で湿らせたガーゼを指に巻いて拭き取りましょう。
あごの汚れはあごから下に向けて、目の汚れは目頭から縁に沿って外側に向かう方向に拭き取ります。汚れが乾燥してこびりついている場合は、ガーゼを2~3秒あててふやかすと、汚れが落としやすくなるでしょう。

お手入れを怠ると、いまは問題が起きていなくても、これから病気やケガをするおそれが。愛猫がお手入れを嫌がっても、嫌がらない工夫をしながら少しずつお手入れする習慣をつけて行きましょう。

参考/「ねこのきもち」2019年3月号『「やらなきゃ」には理由がある 病気・ケガから愛猫を守るお手入れ』(監修:アニマル・ケアサロンFLORA院長 日本ペットマッサージ協会理事 中桐由貴先生)
文/こさきはな
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る