1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 健康・病気
  4. 病気の兆候
  5. 猫が「鼻水」を出しているときには要注意! 腫瘍が疑われるケースも

猫と暮らす

UP DATE

猫が「鼻水」を出しているときには要注意! 腫瘍が疑われるケースも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫が鼻水を出しているのを見たことがありますか? とくに問題がないだろうと放っておくのは、注意が必要かもしれません。

猫が鼻水を出しているときに考えられることについて、ねこのきもち獣医師相談室の先生が解説します。

猫が鼻水を出しているときに考えられること

口を開ける猫
getty

ーー猫はどのようなときに鼻水を出しますか?

ねこのきもち獣医師相談室の獣医師(以下、獣医師):
カゼで鼻水を出すことが一番多いと思います。鼻水を舐めとっていて気づかないこともありますが、鼻の入り口に乾いた鼻くそが付いていれば鼻水が出ていた可能性があります。もし鼻の入り口に鼻くそが付いていたら、動物病院を受診してください。

猫は小さい頃にカゼをひいた経験があると、状況によってその後も症状を出しやすいです」

ーー「鼻水=カゼのサイン」と覚えておくとよさそうですね。

獣医師:
「そうですね。ただし、カゼの既往歴もなく、高齢になり突然鼻水やクシャミを出すようになったときは、鼻の腫瘍が心配です。とくに鼻血を出している場合には注意が必要です。早めに受診してください」

ーー猫が鼻水を出していたら、なんらかの病気のサインであると考えたほうがいいのですね。

獣医師:
「問題がないといえる鼻水は経験がないです。犬は緊張すると診察台で鼻水を出すコがいますが、考えると猫は診ないなと思いました。

猫が鼻水を出しているときは、汚れていたら拭いてあげてください。そして、早めに動物病院を受診しましょう」

見つめる猫
getty

猫が鼻水を出していたら、カゼをひいている可能性があるようです。高齢の猫で突然鼻水が出るようになったら腫瘍の疑いもあるようなので、日頃から飼い主さんはよく愛猫の様子を見てあげるようにしましょう。

(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
取材・文/sorami

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る