1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 飼い方
  4. 多頭飼い
  5. トイレはいくつ必要? 猫を複数飼いするときの「お部屋づくり」のコツ

猫と暮らす

UP DATE

トイレはいくつ必要? 猫を複数飼いするときの「お部屋づくり」のコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

すでに猫と暮らしている人が、新しい猫を迎えるときは、両方の猫へのちょっとした配慮が必要です。

そこで今回は、先住猫のいるご家庭が複数飼いを始めるときに知っておきたい、お部屋づくりの4つのポイントをご紹介します。

(1)先住猫と新しい猫を隔離するスペースをつくる

ラガマフィン
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

新しい猫が来ても、しばらくは先住猫と生活空間を分けて慣らす期間が必要です。
猫は狭くて暗い空間にいると安心する傾向があるので、押入れやクローゼットの一部を利用したり、新しい猫用の生活スペースを用意したりしましょう。

それぞれがくつろげる場所を用意するのも大切

猫が増えるとその分テリトリーが狭まるため、ケンカにならないようにするためにも、それぞれが別々にくつろげる居場所をつくってあげましょう。

猫同士が不仲な場合は部屋を分け、それぞれが過ごす部屋に専用の寝床・トイレ・食事の場所を用意してください。その際、お互いのニオイを忘れないよう、定期的にニオイの交換をすることも大切です。

(2)水やフードはそれぞれ用意し、距離を保って置く

なかよし
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫同士の関係性によっては、相手のニオイがついた水を飲むのを嫌がることもあるため、それぞれの猫が自分の水を確保できるよう、最低でも匹数分の飲み水を用意してください。

また、苦手な猫が近くにいると水を飲むのを我慢してしまう猫もいるので、水飲み用の器は距離を離して置いてあげるようにしましょう。

フードは別の部屋で与えても

猫同士を並ばせてフードを与えると、食欲旺盛な猫が横取りしたり、高齢猫が遠慮したりすることがあります。このようなことが原因で仲が悪くなるケースもあるので、新しい猫はしばらくの間、別の部屋で食事をさせると安心でしょう。

部屋を分けるのが難しければ、高低差のある場所で与えるのも手です。相手のフードが目に入らなければ、自分の食事に集中できるでしょう。

(3)トイレの数は「匹数+1個」が理想

ミケ
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫のトイレの数は「匹数+1個」が理想ですので、2匹飼いなら3個以上は置くようにしましょう。

また、同居猫が気になって落ち着いて排泄できない猫もいるので、トイレは同じ場所に並べるのではなく、リビング・廊下・洗面所など、複数の場所に分けて置くのがポイントです。

もし、複数のトイレを用意しているのに猫が使わない場合は、違うタイプのトイレ砂やトイレの形を試し、好みのトイレ環境を探ってみてください。

(4)1週間程度前から新しい猫用グッズを出しておく

黒×白ミックス
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

先住猫にとっては、知らない猫が来たと同時に、見慣れないグッズまで置いてあると落ち着きません。

新しい猫用に用意したケージやトイレなどは、1週間程度前から出しておき、ニオイに慣らしてあげましょう。

先住猫と新しい猫が幸せな生活を送れるような工夫を

なかよしラガマフィン
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫の複数飼いを始めるときは、お部屋づくりを工夫するのはもちろん、迎え入れを慎重に行い、もし相性がよくない場合でも適切に対処することが大切です。

先住猫も新しい猫も幸せな生活を送れるよう、飼い主さんができることをしてあげたいですね。

参考/ねこのきもちWEB MAGAZINE『【獣医師監修】先住猫がいる場合の猫の迎え入れ 注意点と対面手順を解説』(監修:きたじま動物病院 長谷川諒先生)
文/ハセベサチコ
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る