1. トップ
  2. 猫が好き
  3. 雑学・豆知識
  4. 何トラか見分けられますか?「キジトラ・サバトラ・茶トラ」の違い

猫が好き

UP DATE

何トラか見分けられますか?「キジトラ・サバトラ・茶トラ」の違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さまざまな毛柄をもつ猫のなかでも、よく目にする毛柄のひとつ、「トラ柄」。トラ柄は体毛や縞模様の色の違いによって、それぞれ名称がつけられています。今回はポピュラーなトラ柄である、キジトラ、サバトラ、茶トラについて、その違いを見ていきましょう。

キジトラの特徴は?

キジトラ猫のにゃんtaちゃん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

日本で最も多く飼われているとされ、すべての毛柄の基本ともいわれる「キジトラ」。茶色のベースに、黒の縞模様が入っており、鳥のキジに似た色と模様のため、この名称で呼ばれています。

鼻は茶色で、輪郭に黒いラインが入るのも特徴的。ほかのトラ柄に比べて、口まわりの白い部分がはっきり表れることも多いようです。なお、顔に白い毛色が入ると、鼻はピンクやブチになることも。
キジトラ柄は毛色をつくるメラニン色素が多いため、肉球は黒色や濃いチョコレート色になりやすいようです。

サバトラの特徴は?

サバトラ猫のララちゃん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

「サバトラ」の「サバ」は、魚の「鯖」を指します。その理由は、被毛のベースとなるシルバーグレーの色が、鯖に似ているから。このことが示すように、サバトラはシルバーグレーのベースに黒い縞模様が入っている毛柄です。

戦後に洋猫との交配で誕生した毛柄のため、洋猫の遺伝子も持ち合わせており、日本では数が少なめなのだとか。
なお、同じような毛色をもつ猫種として、アメリカンショートヘアがあげられます。

茶トラの特徴は?

茶トラ猫のトラちゃん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

キジトラの柄に、オレンジの毛色をつくる遺伝子が加わって誕生した「茶トラ」。
地色はオレンジ色で、全身に濃いオレンジ色の縞模様が入ります。アメリカでは、この色合いにかけて「ジンジャー」と呼ばれることも。

猫によっては、毛色を薄める遺伝子やシルバーの毛色をつくる遺伝子が働き、淡い毛色になることもあるようです。鼻の色は基本的にオレンジがかったピンクですが、個体によっては茶色っぽくなります。
なお、毛色を決める遺伝子は性別を決定する遺伝子にも関わっていることから、茶トラ猫の約8割はオスだといわれています。

今回ご紹介した3つのトラ柄を見分けるには、ベースカラーの違いで見ると一番わかりやすいようです。キジトラは濃い茶色、サバトラはグレー、茶トラはオレンジっぽい薄い茶色と覚えておくといいかもしれませんね。

参考/ねこのきもちWEB MAGAZINE『【飼い主さんの声から徹底分析】キジトラ猫って飼いやすい性格?他の柄との違い、見分け方を専門家が解説<かわいい画像つき>』(監修:哺乳類学者 日本動物科学研究所所長 今泉忠明先生)
   ねこのきもちWEB MAGAZINE『【画像つき】縞模様が特徴のサバトラ 他の縞猫との違いは?魅力と性格を解説』(監修:ねこのきもち相談室獣医師)
   ねこのきもちWEB MAGAZINE『【獣医師監修】大きくて甘えん坊?茶トラ猫の特徴や性格、飼い方など』(監修:ねこのきもち相談室獣医師)
文/kagio
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る