1. トップ
  2. 猫が好き
  3. 来年の年賀状は猫写真で送りたい!かわいく撮るコツは”高い場所”だった!

来年の年賀状は猫写真で送りたい!かわいく撮るコツは”高い場所”だった!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

年(ニャン)賀状写真、かわいく撮るコツを猫カメラマンが伝授!

年賀状にうちの猫の写真を使いたい!だけど、ブレたり、目線がなかったり、いまいち納得した1枚が撮れない。。。なんてお悩みの猫好き・猫飼いさんも多いはず。
愛猫の最大限の可愛らしさを知人友人に知ってもらうためには撮影テクニックが実は必要なんです。

そこで、年賀状写真の上手な撮り方を、大人気・猫写真家の石原さくらさんに教えていただきました!!

「ちょっと高い場所」での撮影がおすすめ!

キメショットが撮影できないとお悩みのあなた、猫ちゃんを床で撮ろうとしていませんか?

実はこれがミスのもと。撮影場所を決めて撮影する場合は、テーブルや箱の上など、高さのある場所で撮影すると成功率アップなんですって。

猫は、もともと木の上から獲物を狙っていた動物なので、高さのある場所にいた方が集中力を引き出すことができるとのこと。
おもちゃやおやつなどの”獲物”で猫を誘導したら、そのまま撮影したい向きへと獲物を動かし、猫の体が正面に向いたらその瞬間を捉えましょう。

小道具を使う時は新品を出すのが成功の秘訣

座布団やクッションなどの敷物にのってもらうには、新品や普段目にしていない新しいものを使うのがおすすめ。

猫が見慣れない小道具に興味を示した瞬間がシャッターチャンスです。うまく撮れない場合は、しばらく置いておいて猫が気に入ってくれるまで気長に待ちましょう。

ぜひ、試してみてくださいね。


出典/「ねこのきもち」2017年12月号付録『年(ニャン)賀状写真の上手な撮り方』
文/須川奈津江
撮影/石原さくら、ねこのきもち編集室


年賀状BOOK

猫が好き

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る