1. トップ
  2. 猫が好き
  3. 猫カフェスタッフに、猫の“傾向”を聞きました。

猫カフェスタッフに、猫の“傾向”を聞きました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

“猫のプロ”が、猫を分析!

愛猫と暮らして、「猫」という動物のことがわかってきたつもりだけど、はたしてほかの猫も、うちのコと同じなの――?

みなさんは、そう思ったことはありませんか?
答えは、Yesであり、No。

基本的な生態など共通している部分もありますが、たとえば排泄スタイルひとつをとっても、トイレの縁に前足を置く猫もいれば、排泄物にトイレ砂をかけない猫もいるなど、細かな部分では、猫それぞれの「個性」が現れます。

そしてそんな猫の個性について、日々何十匹ものお世話をしている猫カフェのスタッフなら、きっと熟知しているはず……!

ということで、今回は、『ねこのきもち』2018年8月号の特集の取材でお伺いした、とある猫カフェのスタッフ3人に、「何となくこんな傾向がある気がする」という猫ネタを聞いてみました!

みなさんの愛猫は、次の傾向に当てはまりますか? ただし、あくまでスタッフさんたちの感覚なので、根拠はなし(笑)!

信じるか信じないかは、あなた次第です(笑)。

オスは初めて会う人に対して甘えることが多い気がする…!?

毛柄、性別の傾向とは?

まずは猫の“スペック”の傾向から。。。

東京・吉祥寺の猫カフェ「てまりのおうち」の志村さんによると、「オスは初めて会う人に対しても甘えることが多い気がする」のだとか。

半面メスは、見なれた人にだけ甘えることが多いそう。たしかにメスはオスに比べて神経質ともいわれていますから、お店に初めて来るお客さんに対しても、素直に甘えられない部分があるのかもしれませんね。


毛柄に関しては、神奈川県・川崎の「にゃんくる」田中さんの見解によると、「茶トラはマイペースな猫が多い気がする」のだそう。

黒い猫についても、田中さんは「臆病で警戒心が強い」と話します。

しかし一方、志村さんは、自身のいるお店での傾向を見る限り「人懐っこい気がする」、とのこと。

ちなみに、田中さんの「にゃんくる」は元ノラ猫たちのカフェで、志村さんの「てまりのおうち」は、純血種が多いカフェ。そう考えると、出身や血統でも差があるように思えますね。

一緒にいる時間が長い猫同士は、寝相も一緒…!?

行動から見えてきた傾向とは?

続いて、行動編です。行動については、複数匹で暮らす猫カフェならではの傾向を多くうかがえました。

埼玉県中央区にある「ネコカフェルディ」の杉光さんは、「早食いしがちな猫は、他の猫より活発」と感じているそう。

食べている時間があるなら、遊んでいたい! という具合なのでしょうか(笑)。

そして田中さんと志村さんの2人からあがったのが、猫の行動連鎖について。
「1匹が水遊びをすると、ほかの猫も水遊びを始める」

という説と、「一緒にいる時間が長い猫同士は、寝相も一緒」

という説をいただきました。
シンクロ猫……やはり一緒に暮らしていると、ついつい行動も似てきてしまうのでしょうか。

いかがでしたか?

みなさんも、愛猫と比べるなどしてみてくださいね!

出典/「ねこのきもち」2018年8月号『猫カフェ(秘)接し方テク』
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。記事と一部写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
文/ねこのきもち編集室

猫が好き

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫が好き」の新着記事