1. トップ
  2. 猫が好き
  3. 猫の感情は、耳の角度に出るって知ってた?

猫が好き

UP DATE

猫の感情は、耳の角度に出るって知ってた?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫の目や耳、ヒゲ、しっぽなどのパーツが、コロコロと動く様子はとても愛らしいですよね♪ じつはその何気ない変化こそが、猫の気持ちを読み取る大きなカギなのです! ここでは、とくに動きが目立つ「耳」の変化について、解説しますね!

パーツは猫が気持ちを伝える大切なツールだった!

猫は周囲の変化を敏感に察知して、目や耳、ヒゲなどの顔のパーツの動きや大きさを瞬時に変化させます。外猫は、その変化で猫同士の意思疎通を図っていて、さらにしっぽの動きで、遠くにいる猫にも気持ちを伝えています。一方飼い猫は、これらのパーツを巧みに動かして人に気持ちを伝えようとしているのです。

撮影/小森正孝

猫のパーツって表現が豊かなんですね~。では、実際に感情が表れている耳の動きをみていきましょう♪

猫の耳の根元には27もの筋肉があり、約180度動かすことができるのです! そんなふうにくるくる動くので、気持ちを量るときは、耳の角度をよく見るといいみたいですよ!

平常心…力が入らず、まっすぐ立つ

撮影/小森正孝

気持ちが穏やかで何も考えていないときは、筋肉の力が抜け、耳はただまっすぐ立っている状態になります。近距離を移動するときや、体を起こして無心で座っている状態のときなどに見られます。

怒り、拒否…後ろへ反る

撮影/apricot

耳に力が入り後ろに反るときは怒りや拒否の気持ち。「このままだと攻撃するぞ!」と強気で怒りをアピールする際や、同居猫や窓の外に見えるノラ猫に対して見せることが多いです。人に対しては「近付かないで!」という意味も。
気持ちが強いほど、反る角度が大きくなります。これ以上回らないほど耳を反らせているときは、強い怒り、拒否を表しています。

恐怖…ペタッと伏せる

撮影/栗林愛

怯えて恐怖を感じているときは、全身に力が入って体が縮こまり、耳が平たくなります。苦手な音が聞こえたり、強い相手に睨まれて「負けそう」と弱気になったりしたときに見られます。

興味、緊張…ピンと立ち、音のする方に向く

撮影/尾﨑たまき

獲物らしきものや見慣れないものなどに対して興味を示したり、少し緊張したりしたときに見られる形です。リラックスしているときに比べると力が入り、耳だけではなく目もそちらに向けて、くわしい情報を得ようとしています。猫の耳の先には、房毛が生えており、気持ちが強いと、この房毛までピンと立ってしまうのです!

リサーチ…顔と違う方向に向く

撮影/尾﨑たまき

何かが聞こえたとき「ちょっと気になる」という程度なら、耳だけをくるっと音のする方へ動かします。まるで動くパラボラ集音器のようにして音に集中
しようとするのです。

リラックス…少しだけ外を向く

撮影/佐藤正之

まどろんでいる状態や「これからどうしようかな~」と猫がリラックスしながら過ごすとき、耳が少しだけ外側に向くことが。不機嫌なときにも耳を外へ向けますが、リラックスしているときは頭が少し下がり気味で、目も閉じ気味になります。

いやいや、うちの猫は立ち耳じゃないから、という方は…

折れ耳や反り耳の猫は、耳の付け根をよく見て!

撮影/尾﨑たまき

スコティッシュフォールドのような折れ耳やアメリカンカールのような反り耳の猫でも、立ち耳の猫と同じように筋肉が働くので、根元をじっくり見ると変化がわかります。それでもわかりにくい場合は、しっぽやヒゲ、姿勢の状態と併せて確認するといいでしょう。


いかがでしたか?
猫の耳ってミラクルですね~。猫が最初に情報をキャッチするのは、五感の中でもっとも優れているといわれる耳なんですって! これからはより一層、愛猫の耳をよく見み(ミミ)なくっちゃ! なんちゃって~


参考:『ねこのきもち』2018年9月号「キホンからカンチガイしやすいものまで パーツでわかるねこのきもち」(帝京科学大学教授 小野寺温先生監修) 
文/Carrie-the-cat
撮影/apricot 、小森正孝、栗林 愛、尾﨑たまき、石原さくら、後藤さくら
※この記事で使用している画像は2018年9月号「キホンからカンチガイしやすいものまで パーツでわかるねこのきもち」に掲載されているものです。

CATEGORY   猫が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る