1. トップ
  2. 猫が好き
  3. エンタメ
  4. 驚き
  5. 野良猫→完全室内飼育になった猫の変貌に驚き! 飼い主を「大の猫好き」にした出会い

猫が好き

UP DATE

野良猫→完全室内飼育になった猫の変貌に驚き! 飼い主を「大の猫好き」にした出会い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫を迎え入れる手段としては、ペットショップ以外にも「野良猫や保護猫を迎え入れる」という選択肢がありますよね。たとえどんな形で迎え入れたとしても、「愛猫の成長を愛おしい」と感じる気持ちに、みなさん変わりはないでしょう。

保護当時のネムちゃん
実家にいる元野良猫・ネムちゃんの子猫時代
@zEChPHPqG2t32nT

現在7匹の元保護猫と暮らしているTwitterユーザーのふくてん@猫垢さん(@zEChPHPqG2t32nT)。「大の猫好き」だというふくてん@猫垢さんは、実家に元野良猫・ネムちゃんというコがいます。

ふくてん@猫垢さんが、野良猫から完全室内飼育になったネムちゃんのビフォー・アフターの写真をTwitterに投稿したところ、「衝撃的な変化」「ダイヤモンドの原石」と、その変貌ぶりに多くの反響が寄せられました。

カラスに狙われていたところを保護

保護当時のネムちゃん
@zEChPHPqG2t32nT

約8年前の梅雨の時期、ふくてん@猫垢さんのお父さんは、神社の前でカラスに狙われていた子猫を保護しました。とても衰弱していたようで、発見が少しでも遅かったら…子猫の命が危なかったかもしれません。

「この子をピカピカに可愛くしたい」

保護当時のネムちゃん
@zEChPHPqG2t32nT

もともと犬を飼っていたふくてん@猫垢さんご家族は、最愛の愛犬を亡くして以来「動物はもう飼わない」と決めていたそう。そんなご家族の前に現れた、ボロボロで衰弱した子猫。

「家族みんな猫好き」というわけではなかったけれど、ふくてん@猫垢さんはこの子猫を見た瞬間に「この子をピカピカに可愛くしたい」と思い、飼うことを決意します。そしてこの子猫は「ネム」と名付けられ、ご家族の愛情をたくさん受けながら、すくすくと成長していきました。

立派な「モフモフクイーン」へと成長!

お外でまったりするネムちゃん
@zEChPHPqG2t32nT

そしてネムちゃんは、こんなに素敵な美猫ちゃんに♪ 白いモフモフの毛並みで、とってもゴージャスで…立派な「モフモフクイーン」へと成長してくれたようです。

保護当時からは想像できないようなネムちゃんの素敵な変貌ぶりに、ふくてん@猫垢さんご家族はみんなで驚いてしまったのだとか。

愛情をいっぱい受けて育ったのが伝わる

寝転がるネムちゃん
@zEChPHPqG2t32nT

ネムちゃんの姿を見ていると、ほんとうに愛情をたくさん注がれて幸せな日々を過ごしてきたんだなというのが、伝わってきますよね。

ふくてん@猫垢さんはコメントで、「野良っ子との出会いは一つ一つがミラクルだと思います」「野良っ子を保護すると初めはハラハラの連続ですが、大人になった立派な姿に幸せを感じますね」「野良っ子でも愛情とお金(病院代)をかけるとピカピカになります」などと、思いを話していました。

ネムちゃんとの出会いで「大の猫好きに」

モフモフのネムちゃん
@zEChPHPqG2t32nT

今ふくてん@猫垢さんは実家から離れて暮らしていますが、「ネムと暮らしたあまりにも素敵な3年間は、私を立派な猫好きにさせてくれるきっかけとなりました」と、当時のことを振り返ります。実家にいるネムちゃんは、ふくてん@猫垢さんのご両親が引き続き愛情をたっぷり注ぎ、溺愛しているのだそうです。

それから、7匹の保護猫たちと出会うことに

ふくてん@猫垢さん家の猫ちゃんたち
@zEChPHPqG2t32nT

ネムちゃんとの出会いによって、猫の魅力を知ったふくてん@猫垢さん。その後、実家を出て、近所にできたペット飼育可のアパートで暮らし始めることに。ここから、新たに7匹の猫たちと出会うことになり、ふくてん@猫垢さんの人生は激変していったといいます。

ふくてん@猫垢さん家の猫ちゃんたち
@zEChPHPqG2t32nT

現在一緒に暮らしているジニアちゃん、カンナちゃん、ミレットちゃん、侘助(わびすけ)ちゃん、ホップちゃん、あざみちゃん、金柑ちゃん。7匹みんな、さまざまな経緯でふくてん@猫垢さんの家に迎え入れられた元野良の保護猫たち。

4匹目に出会った侘助ちゃんを家族に迎えたとき、猫たちに快適に暮らしてもらいたいとの思いから「猫たちのために田舎に家を建てよう」と思ったのだとか。

そしてふくてん@猫垢さんは、本当に田舎に家を建ててしまったんです!

「猫たちのために建てられた家」は、こだわりがたくさん!

日向ぼっこするホップちゃんと金柑ちゃん
@zEChPHPqG2t32nT

家を建てる際にとくにこだわったのは、「見晴らしが良い立地であること」と「近辺に密接した住宅がないこと」だそう。それには、ふくてん@猫垢さんのこんな思いがあったそうです。


ふくてん@猫垢さん:
「私は朝から夜まで仕事で不在なので、どうしても猫たちが留守番の時間帯が長くなります。そのため、私が不在でもニャルソックで楽しんでくれるように、見晴らしの良い場所にはこだわりました」

何度も何度も、猫目線になって考えた

キャットウォーク付きのテレビ台でくつろぐあざみちゃん
@zEChPHPqG2t32nT

家の中を覗いてみると、ほかにも猫たちに配慮したポイントが。たとえば、猫たちが壁を引っかかないように壁は極力減らし、コーナーには爪とぎ防止パネルを設置したそう。これが大正解だったようで、多頭飼いなのに家の中は一切荒れていないのだとか!

ソファでくつろぐカンナちゃん
@zEChPHPqG2t32nT

テレビ台はキャットウォーク付きのもの、ソファは猫たちの引っかきにも負けない強いものを探しに探したといいます。ソファに合わせて、テーブルとベンチは自ら作ったのだそう!

キャットウォークもお手製だそうで、どんなものがベストか、かなり考えたといいます。

キャットウォークを歩くホップちゃん
@zEChPHPqG2t32nT

ふくてん@猫垢さん:
「頭使って、お金使わず。でも、安全性は第一で! 設計の打ち合わせの際は、図面を何度も何度も何度も何度も何度も猫目線になって見直しました。脳内シュミレーションを何度したことか。家の話をし出すと止まらなくなるので、この辺りで…(笑)」

外を眺める侘助ちゃんとホップちゃん
@zEChPHPqG2t32nT

ふくてん@猫垢さんにとって至福の時間は、「猫たちそれぞれがお気に入りの場所でひなたぼっこをしている姿を眺めているとき」だといいます。とことん猫目線になって考えた家は、猫たちにとって特別な場所になっていることでしょう。

7匹の猫たちと過ごす楽しい日々の様子はTwitterで!

外を眺めるカンナちゃん
@zEChPHPqG2t32nT

過酷な環境にいた元保護猫たちが、今では猫愛に溢れたふくてん@猫垢さんの元で、温かい生活を送っています。ふくてん@猫垢さんのTwitterでは、7匹の猫たちとの楽しい日々が投稿されているので、ぜひチェックしてみてくださいね♪

参照/Twitter(@zEChPHPqG2t32nT
取材・文・構成/雨宮カイ

CATEGORY   猫が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る