1. トップ
  2. 猫が好き
  3. 連載
  4. 交通事故にあった猫を拾いました
  5. 瀕死だった猫の名前を考える時、「やっとこの先の未来が見えるような気がした」【連載】交通事故にあった猫を拾いました#12

猫が好き

UP DATE

瀕死だった猫の名前を考える時、「やっとこの先の未来が見えるような気がした」【連載】交通事故にあった猫を拾いました#12

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。3匹の猫と1頭の犬と暮らし、二児の母でもあるtamtamです。
個人で犬や猫の保護活動をしている私ですが、ある一匹の野良猫と出会ったことで
私の人生は大きく変わりました。このお話は、そんな野良猫と、家族のお話。


車にはねられた一匹の猫。
業者さんから回収されようとしていたその猫は、実はまだ生きて抵抗していて。
その現場を目撃した私の姉はとっさに声をかけ、
動物病院へ連れて行ったものの、安楽死した方がいいとのこと。
それを聞き、妹である私が猫を引き取り、セカンドオピニオンを受けることに。

入院して数日後、看護師さんがある提案をしてくれました。

事故の猫の名前を考えましょう!

看護師さんからの提案は「猫様の名前を決める」というもの。

おかーさん、死んでしまうものと諦めていたその猫様の
名前を考える日が来るなんて思ってもいなかったので

やっとこの先の未来が見え始めたような気がして

それまでは「事故の猫」「事故の猫」と呼んでいて(こら)
呼び名(名前)と聞いて、
やっとこの先の未来が見え始めたような気がして嬉しかった。

看護師さんが気を利かせて、素敵な提案をしてくれてありがとう。涙。

そうだ!姉に考えてもらおう!

姉は猫様を救った救世主。
だから、姉に名前を考えて欲しいと思いました。
姉よ、この先の未来を生きるための、縁起のいい名前を一つ頼むぜ!

って、グーグルぅぅぅぅぅぅ!!!!

#姉に悪気はありません。
#姉はど天然です。
#名前は私が考えるわ。
#そして、そんな姉が大好きです。

命名「たまちゃん」

頭がえらいことになってたから、たまちゃん。

事故に遭ったことはこのコの一生の中で最も辛い記憶になると思う。
それでも、それに負けないくらい
幸せだったと最後には感じて欲しいなって。
不幸な一生だったと思って欲しくないなって。
そこから這い上がる念をかけて、たまちゃんと呼ぶことにしました。

登場人物・登場犬猫

ねこのきもちWEB MAGAZINE「交通事故にあった猫を拾いました」
ねこのきもちWEB MAGAZINE「交通事故にあった猫を拾いました」
ねこのきもちWEB MAGAZINE「交通事故にあった猫を拾いました」

tamtam プロフィール

犬や猫の保護や介護についての楽しさや幸せをインスタグラムで発信し話題に。それぞれのかわいさをほっこり描いたイラストにファンも多い

tamtam インスタグラム

CATEGORY   猫が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る