1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. メインクーンの特徴・性格・飼い方

メインクーンの特徴・性格・飼い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大きな体格と美しい長毛が魅力的なメインクーン。やさしくおおらかな性格を持つ半面、ネズミを退治するワーキングキャットとして人々と暮らしてきたメインクーンの特徴や性格、歴史やかかりやすい病気について、ご紹介します。

メインクーンの特徴・魅力

体が大きく筋肉質で、がっしりとした骨格を持ち、長めの毛に覆われ、とくにしっぽの毛量が多いのが特徴です。ゴージャスで存在感のあるメインクーンには、寒暖の厳しい気候風土を生き抜いてきた、たくましさも感じられます。その大きくふさふさのしっぽが特徴的な体は、原産地とされるアメリカ・メイン州のラクーン(アライグマ)との交配種という伝説を生み、それが名前の基となっています。

メインクーンの歴史

メインクーンのルーツに関しては諸説あり、明らかにされていませんが、アメリカ北東部のメイン州で生まれたといわれています。一般に、ヨーロッパから来たアメリカの開拓者が、積み荷をネズミから守るために船に乗せてきた長毛猫から自然に発生したという説が有力です。メインクーンが世界的に知られるようになったのは、1895年。ニューヨークで開催されたキャットショーに出た「コージー」というメスのメインクーンが、ベストキャットに輝いたのがきっかけでした。しかしアメリカではメインクーンに似た長毛猫は珍しくなかったことから、タイプが改良され猫種として公認されたのは、このキャットショーから90年後のことでした。

※写真:まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリの投稿写真より

メインクーンの外見上の特徴

メインクーンの特徴のひとつといえば、やはりその大きな体でしょう。体重は4.5~8㎏が多いとされています。メインクーンは、その大きな体を支えるために、しっかりとした骨格と、筋肉が発達した四肢を持っています。顔つきも、頑丈な口元と大きな縦長の輪郭、大きな耳と、愛くるしさの中にも力強さを感じる印象です。もうひとつの大きな特徴は、長いふさふさの被毛。「シャギーコート」といわれる毛の長さが不ぞろいで光沢のある分厚い毛質です。毛の長さは個体や部位によって異なりますが、どの個体も共通してしっぽの毛は豊かな傾向にあります。メインクーンに決まった毛柄はなく、さまざまな毛色や毛柄が生まれます。しかし、異種交配の結果と思われる、チョコレート(赤みがかった黒)、ラベンダー、ヒマラヤンのようなポイントカラーなどは認められていません。傾向として、しま模様(タビー)が入ったり、バイカラー(白黒のように有色と白の組み合わせ)などが多く見られます。

メインクーンの性格

・やさしく穏やか
メインクーンの性格は、番犬のように強い印象の外見とは反して、とてもやさしい性格です。ネズミを退治する「ワーキングキャット」として人と共生してきた歴史から、ペットとして飼いやすい、穏やかで人懐っこい性格が多いとされています。非常に飼いやすい性格なため、日本を始め各地で人気の猫種です。

・活発で好奇心旺盛
ずっとネズミを追いかけて暮らしてきた猫種なため、ハンター気質が残っています。ですから飼い主さんの目には、活動的で好奇心旺盛に映ることもあるでしょう。

メインクーンを飼うのに向いている人

メインクーンはとても優しく人懐っこい性格なので、どんな人でも比較的飼いやすい猫種でしょう。しかし、体が大きく活発なため、家に充分なスペースがあるとより飼いやすいかもしれません。人に依存しにくい性格が多いので、環境さえ整えておくことができれば、留守にしがちな人でも飼いやすいと思います。

メインクーンのハウス・ケージなど住む場所・飼育環境

猫の健康のためにも、屋内飼育がおすすめです。猫は基本的に夜行性の動物なので、日中は寝て過ごすことが多いため、安心して寝られるスペースを用意してあげましょう。また、ケージを飼いをする場合は体に合った大きなケージで飼育しましょう。

メインクーンの食事

主食には、フードと水のみで栄養のバランスがとれるように作られている、総合栄養食を与えましょう。一般食は、栄養バランスよりも食いつきを重視しているため、主食には不向きです。フードのパッケージの裏に総合栄養食と記載されているものを選んで。猫は、成長や年齢ごとに必要とされる各栄養素の量が異なります。「子猫用」「成猫用」「シニア猫用」「体重管理用」など、年齢と目的に応じたフードを与えましょう。また、メインクーンは長毛なので、毛づくろいで毛を大量に飲みやすい傾向が。ですから、毛玉に配慮したフードを与えてもいいでしょう。猫はもともと飲水量が少なくても生きていける体の構造ですが、そのぶん、結石症や腎臓病にかかりやすいので、水は容器に入れて常に飲めるように置いておきましょう。

メインクーンの遊び方

活発なメインクーンは、遊ぶのが大好き。お気に入りのおもちゃを使うなどして、1日に最低でも5~10分以上は集中して遊んであげましょう。遊ぶ際は、体が大きいぶん、動きも大きいので、周囲の危ないものは片付け、充分なスペースが確保できるといいでしょう。また、猫は高いところに上る習性があり、屋内という限られた空間でも、立体的な上下運動をさせるようにして。猫ができるだけ自由に活動できるよう、ねこタワーを置く、タンスや棚をうまく配置して高いところに行けるなどの工夫を。運動好きとはいえ、加齢で足腰が弱ってくることがあるので、ある程度の年齢になったら、よく上る場所にはステップを付けてあげるなどするといいですね。

メインクーンのお手入れ

メインクーンはしっかりした毛質の長毛なので、こまめなブラッシングが必要です。短毛の猫と違って毛が絡みやすく毛玉もできやすいので、ブラッシングをする際は、まずコームやピンブラシで全身の毛のもつれをほぐしてあげるといいでしょう。その後、スリッカーブラシなど目のつまったブラシを使って、丁寧に毛をとかしてあげて。乾燥する時期などは静電気が起きやすいので、ブラッシングスプレーを用いながらブラッシングするといいでしょう。また、猫は水が苦手とされていますが、毛の美しさや猫の健康を保つためにも、メインクーンをはじめとする長毛猫はとくに、シャンプーが定期的にできると好ましいでしょう。

※写真:まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリの投稿写真より

メインクーンが気を付けたい病気・寿命

・胃や腸など消化器官内に毛玉ができ、詰まってしまう「毛球症」
・ 膀胱と尿路に起こる問題のことで、結晶や結石が膀胱や尿道を傷つける「尿路結石」
・ 心臓の筋肉が厚くなりすぎて、心臓に十分な血液を送り出せなくなる「肥大型心筋症」
・後肢関節の障害(O脚やX脚)


監修  高野八重子先生

CFAオールブリード国際審査員。

サンフラワーキャットクラブセクレタリー、
ヤマザキ動物専門学校において「ネコ学・審査とグルーミング」の講義を担当。
著書に「猫の教科書」(緑書房 高野賢治氏との共著)、「猫の手入れがわかる本」(誠文堂新光社)などがある。
ヤマザキ動物専門学校

猫と暮らす

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る