1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. この飲み物、猫に与えてOK? NG?猫が飲んでもいい・食べてはいけない飲み物

この飲み物、猫に与えてOK? NG?猫が飲んでもいい・食べてはいけない飲み物

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

普段の猫の食事でフードと同じくらい水分補給は大切です。ただし、人間が飲むお茶やジュース、アルコールなど、さまざまな味のついた飲み物は注意が必要です。下痢をしたり、吐いたりすることもあるので、与えてはいけない飲み物を知っておきましょう。

チョコレート/ココア

×
下痢や、中毒症状を引き起こす恐れが

原料のカカオに含まれるテオブロミンという成分を猫が口にすると、下痢や嘔吐、けいれんなどを引き起こします。少量でも中毒になる恐れがあるので、絶対に与えないでください。

緑茶

×
液体はもちろん茶葉にも注意

カフェインを含む緑茶は中毒の原因になります。茶葉は液体以上にカフェイン濃度が高く、より危険です。

麦茶


尿石症の再発の原因になることも

原料の大麦から抽出されたミネラルが含まれています。尿石症にかかったことがある猫は、再発の原因になるので与えないで。そうでない猫もひとなめ程度に。

コーヒー/紅茶

×
カフェインが中毒を引き起こす

カフェインを含む飲み物を口にすると、嘔吐や下痢などの症状をはじめ、心臓や神経系に異常をきたす恐れがあります。どちらも絶対に与えないで。

コーヒー用ミルク


植物性をひとなめまで可

植物性脂肪、乳脂肪、その両方を含むものがあり、比較的脂肪分の少ない植物性であれば、ひとなめさせてOK。ただし、乳糖不耐症の猫には控えましょう。

トマトジュース


食塩無添加であれば問題ありません

トマト100%(ストレート)で食塩無添加のものなら問題ないでしょう。与えるなら小さじ1杯程度にしましょう。なお、野菜ジュースは猫に与えてはいけない玉ねぎなどが入っている恐れがあるため、絶対に与えないで。

ミネラルウォーター


硬水はミネラルが多くオシッコの病気の原因にも

猫にとって水分補給は大切ですが、硬水のミネラルウォーターには尿石症の原因となるカルシウムなどが多いため、病気の原因に。水道水でも十分ですが、与えるなら、硬水は避けて。

ビール(アルコール)

×
急性アルコール中毒を起こす危険がある

ビールの独特のニオイに興味を示す猫も。ニオイを嗅いだときに鼻に付いた泡を舐める程度なら大丈夫でも、許容量を超えると急性アルコール中毒になることも。

判定の見方


少量なら与えても害はなく、たまに与える程度ならば大丈夫です。


与え過ぎると下痢や体調不良の原因になります。分量をしっかり守りましょう。

×
与えると命にかかわることもあるので与えないで。 猫が食べると中毒を起こしたり、健康を害したりすることがあります。

オシッコの病気の猫はNG!
尿石症など、オシッコの病気にかかった経験のある猫は注意が必要です。

量の目安

記事中で、「与えるならば」と記載のある場合の分量は、体重4kg前後の標準的な体重の成猫を想定した目安です。
※とくに表記のないものは1日分の上限目安量です。与えてよい分量の上限まで与える場合、1日におすそ分けする食べ物は1、2種類までにしましょう。

その他の注意点

※食べ物を与えるときは、のどに詰まらないよう、細かく切るなど下処理をしてから与えてください。
※どんな食べ物でもアレルギー症状を引き起こす可能性はあります。愛猫に与えて異変が出たら、ただちに与えるのをやめて、獣医さんに見てもらいましょう。
※記事内で「与えてはいけない食材」として紹介しているものが、猫用のフードに成分として含まれていることがありますが、食材そのままではなく、猫用に成分を調整するなど適切に加工されていますので心配ありません。
※問題のない食材でも初めて口にしたときは下痢をしてしまうことも。様子を見ながら、少しずつ与えましょう。

出典:ねこのきもち別冊「猫に与えてOK?NG?食べ物図鑑」

猫と暮らす

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る