1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 【正しい猫の撫で方】警戒させたり怒らせないテクニックとは?

【正しい猫の撫で方】警戒させたり怒らせないテクニックとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫が安心できる撫で方を知ろう!

あなたの愛猫は、撫でられたり抱っこされたりするのが好きですか?答えがNOの場合、もしかしたら間違ったスキンシップの仕方をしているのかもしれません。今回は、猫が安心する撫で方のポイントをご紹介します。

こんなスキンシップしてませんか?

正面から近づく

正面から愛猫を愛でたくなる気持ちはわかりますが、正面から近づくと「捕まえられる」と思って怖がってしまいます。中には警戒して逃げてしまう猫もいますので、気付かれないようにそっと背後から近づきましょう。

いきなりお腹から触る

ふわふわとしたお腹は気持ちよさそうに見えますよね♪でも、お腹は猫の体の中で特に柔らかい部分なので、急所に当たります。いきなり触ると怒ってしまう猫がほとんどですので気を付けてください。

迷ったらとりあえず顔周り!

ほとんどの猫が撫でられるのを喜ぶのが、顔周りです。顔は自分では毛づくろいができない部分のため、気持ちよく感じるのかもしれません。よく知られているあごのラインの他にも、鼻の下のエリア、頭頂部などを撫でると特に喜んでくれますよ。初めに撫でるとしたら、顔周りから攻めてみましましょう!

後ろから近づくのがポイント☆

正面から手を伸ばすと警戒されてしまうので、背後からゆっくりと近づくのが、猫を安心させるポイントです。後ろに回ってから撫でてあげましょう。また、猫が怖がりな場合は、摩擦が少ない手の甲で撫でてあげるのも喜びます。

親猫の舌づかいのようにソフトにタッチする

全身べったりと触られると、イライラしてしまう猫もいます。猫の世界では、猫同士のコミュニケーションのひとつとして、毛づくろいをし合っています。母親が子猫をなめるように、指で軽~く「ちょんちょん」とソフトにタッチしてあげるとよいでしょう。猫たちの舌づかいを参考にして指で細かく撫でてあげれば、猫も安心してうっとりとした表情になってくるはずですよ。

徐々に慣らしてくのも◎

まだ若い猫の場合はスキンシップに慣れていない場合もありますので、日頃から足先を触ってあげるなどして、徐々にスキンシップに慣らしていきましょう。また、警戒心の強い猫に対しては、触る前に手のニオイをたっぷり嗅がせてあげるのも効果的です。猫同士はニオイを嗅ぎ合ってお互いを認識していますので、同じ工程を踏めばきっと安心してくれるでしょう。

猫とうまくスキンシップを取るためには、警戒心を解いてあげることが必要です。誰だって警戒している相手から触られたら、イライラしてしまいますよね。やみくもにベタベタ触るのではなく、ポイントを押さえて撫でてあげれば、きっと仲が深まること間違いなしです!

出典/「ねこのきもち」2016年9月号『目づかい・手づかい・心づかい』
文/AzusaS
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

猫と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る