1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 猫の「人獣共通感染症」について(前編)病気の種類や感染源をご紹介

猫の「人獣共通感染症」について(前編)病気の種類や感染源をご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人獣共通感染症とは?

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

動物から人へ、または人から動物へ移る病気のことを「人獣共通感染症」といいます。猫と毎日接していると、気づかないうちに感染している場合もあるので注意が必要です。飼い主さんがしっかりと予防することで、ほとんどの病気は防げるので、感染経路を知ってしっかりと予防してくださいね!

猫から直接移る病気

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

猫ひっかき病

「猫ひっかき病」は、猫にひっかかれたり噛まれたりした傷口から、病原菌が入り込む病気です。3才までの猫に多く寄生しているというデータもあり、感染すると「3日~数週間」の間に負傷した部分が腫れ上がったり、リンパ節が腫れたりします。さらに痛みや高熱、倦怠感が伴うこともあります。

対策方法としては、猫に噛まれるなどで負傷した時は、すぐに流水で細菌を洗い流して消毒してください。1か月以上たってからリンパ節が腫れるケースもあるので、しばらくは様子をみたほうがよいでしょう。

パスツレラ症

「パスツレラ症」は、その名の通り「パスツレラ菌」という病原菌が、猫にひっかかれたり噛まれたりした傷口から入り込み感染する病気です。ほとんどの猫の口内にいる「常在菌」なので、猫とキスをすると移ってしまうことがあります。

感染すると「30分~2日以内」に発症します。傷口を中心に赤く大きく腫れあがり、激しい痛みがあったり、発熱したりすることもあります。

カプノサイトファーガ・カニモルサス感染症

「カプノサイトファーガ・カニモルサス感染症」は、猫の口の中にいる、病名と同じ名前の常在菌に感染すると発症します。猫に舐められたり噛まれたりすることで、まれに感染します。発熱や吐き気、腹痛が主な症状ですが、意識混濁に陥ったり、最悪の場合命にかかわるケースもある危険な病気です。発症した場合は抗生剤での治療となります。

皮膚糸状菌症

「皮膚糸状菌症」は、蒸し暑い時期に発生する「猫カビ」といわれるカビの一種が、毛や皮膚に寄生する病気です。猫と過剰に接することによって感染します。皮膚が弱い部分や薄くなっている部分に発症しやすく、赤い斑点や脱毛が見られてかゆみが出ます。

子猫や野良猫だった猫に保菌率が高い傾向にあり、感染している猫にも同様の症状が見られるため、猫がかゆがっている場合はよく観察してみてください。

猫から間接的に移る病気

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

猫回虫幼虫移行症

猫が肛門周辺を舐めた際、ウンチと共に排出した回虫の卵が口や体につくことがあり、食器や毛を通して人の口に入り、感染することがあります。感染すると回虫が体内を移動し、目に行きつくと斜視や失明の恐れも。さらに肺に行きつくと、喘息になることがあります。初期症状としては、下痢や吐き気として症状が顕在化します。

トキソプラズマ菌

「トキソプラズマ」という原虫が病原体となり、その卵がウンチとして排出されます。猫のトイレを処理した後に手洗いを充分にしないと感染することがあります。この原虫をもつ猫は、全国で5%とごくわずかですが、妊婦の感染は流産の危険性や、胎児が先天症トキソプラズマ症にかかることもあるため注意が必要です。

コリネバクテリウム・ウルセランス症

「コリネバクテリウム・ウルセランス症」は、2009年に野良猫のくしゃみのしぶきを浴びて、鼻水に含まれた病原菌に感染したというケースがあります。症状としては、のどの痛みや発熱、鼻水などと風邪によく似ているのが特徴。進行すると、のどの周りに白っぽい膜ができたり、首のリンパが腫れたりします。

爪実条虫症

「爪実条虫症」は、「サナダムシ」というヒモのように長い虫による病気です。ノミに寄生するため、ノミを飲み込んでしまった猫の排泄物を処理する際、感染する場合があります。人に感染しても多くは無症状ですが、まれに(特に幼児)下痢や嘔吐の症状が出ることも。

ノミ刺コウ症

「ノミ刺コウ症」は、ノミが吸血した際に出す唾液に含まれる物質が原因で、かゆみを引き起こす病気です。人の場合は、膝から下を刺されるケースが多くみられます。猫が寄生されないよう、駆除剤を使って定期的にノミの予防をすることが大切です。

今回は、猫から人に移る病気の種類について詳しくご紹介しました。後編では、病気を防ぐ方法や、感染してしまった場合の対処法についてご紹介したいと思います。

>疾患の条件や予防法は?~猫の「人獣共通感染症」について(後編)はこちら
https://cat.benesse.ne.jp/withcat/content/?id=13373

出典/ねこのきもちWEB MASGAZINE 「猫から人にうつる病気」
https://cat.benesse.ne.jp/withcat/content/?id=11550

文/AzusaS
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

猫と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る