1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. <PR>【豪華賞品当たる】知ってる?無添加フードの正しい知識。ギモンを解いてプレゼントに応募しよう!

猫と暮らす

UP DATE

<PR>【豪華賞品当たる】知ってる?無添加フードの正しい知識。ギモンを解いてプレゼントに応募しよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
近頃よく聞く「無添加」という言葉。カラダにやさしくて安心なイメージだけど、どうよいのか実はあまりよくわかっていない…という方も多いのでは? 実は「無添加」と書かれていても、正しく表示を見ていないと内容を誤解してしまうことがあります

そんなフードにまつわる3つのギモンをご紹介。愛猫の健康のために正しい知識を持っておきましょう。さらに、記事の最後には抽選でキャットフードのプレゼントも!

抽選で30名様にはごろもフーズの無添加フード「無一物」豪華14個セットをプレゼント!記事を最後まで読んで、ぜひご応募ください!

ギモン①「無添加」と書かれているものは、「素材以外は入っていない」ってこと?

「食品添加物」とは食品の加工や保存の目的、あるいは栄養バランスを整えるために添加するもののことを言います。これらを使用していない場合は「無添加」と表記することができます。しかし、「保存料無添加」とパッケージに書かれていたとしても、そのほかの添加物も一切不使用だとは限りません。保存料は入っていなくても、化学調味料が入っているなどの場合があります。

使用した原材料は添加物を含めてすべて記載する義務がありますので、「無添加」という表記だけではなく、原材料の表記まで確認し、その製品に何が含まれているのかをしっかりチェックするようにしましょう。

ギモン② 安心できるフードってどう選べばいいの?

「無添加はカラダにやさしい」というイメージを持っているかたも多いことでしょう。添加物を使用する場合は、必要な栄養を補完する目的があったり、品質を保持するためだったりするので、必ずしもそれ自体が悪いというわけではありません。
しかし、その添加物がどんな理由で使われているのか、愛猫にとってそれが本当に必要なものなのかをしっかり確認することは大切です。フードを購入する際は、パッケージに記載されている原材料表記をよく見て、納得してから購入するようにしましょう。

ギモン③ パッケージの裏面に書かれている原材料や分析値。どう見るの?

原材料名の表示は、使用量の多い順に記載すると定められています。ただし、原材料の重量には水分量なども影響するため、そこで栄養バランスを確認するというよりは、どのような原材料が使用されているかをチェックするためのものだと考えましょう。栄養バランスについて知りたい場合は、パッケージに記載されている「分析値」の欄を確認するとよいです

しかし栄養素のすべてが表示を義務化されているわけではないため、フードを選ぶ際は知りたい栄養素の分析値が掲載されている商品かどうかを基準にしてみるのもよいでしょう。

はごろもフーズの「無一物」は天然水と素材だけ。分析値も明記した猫思いの安心フードです!

無一物のこだわり①
無一物は食品添加物を一切使用していません
国内の食品工場で、徹底した品質管理のもと製造しています。

無一物のこだわり②
無一物に含まれるのは天然水と厳選した素材だけ!
ヒューマングレード※の原料を使用したキャットフードです。
※食品グレードの原料を使用

無一物のこだわり③
無一物は猫の飼い主さんが気になる
「マグネシウム」「カルシウム」「ナトリウム」「リン」の分析値を明記しています。
いかがでしたか?パッケージの表面に記載されている「無添加」という言葉だけで決めないで、これからは裏面の表示にもしっかり目を向けるとよいでしょう。栄養バランスに配慮し、愛猫に必要なフードを選んであげてくださいね。

↓↓今だけ!無一物パウチ14個セットを抽選で30名様にプレゼント!!応募方法はアンケートに答えるだけ!今すぐ下記をクリック♪↓↓

「無一物」豪華詰め合わせが当たる簡単なアンケートはこちら!

提供/はごろもフーズ株式会社
CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る