1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 愛猫が後追いしてくる理由って?ノラ猫がついてくるときの対処法も

愛猫が後追いしてくる理由って?ノラ猫がついてくるときの対処法も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛猫の後追いに困ってしまった経験のある飼い主さんも多いはず。愛らしい行動にときめきますが、あまりにもしつこいと困りますよね。今回は、猫がついてくる理由や、しつこい後追いの対処法、またノラ猫がついてくる理由と対処法についてもご紹介します。

愛猫がついてくる理由とは?

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

甘えた~い!

「もっと遊んで~」「甘えさせて~」など、飼い主さんにかまってほしくて後を追っているのでしょう。足元にスリスリする姿にキュンとしてしまいますよね。

◯◯してほしい!

ただ単に甘えたいだけのときもありますが、愛猫が後追いする理由は、実はもう少しドライなケースも。たとえば「トイレの掃除をしてほしい」「ごはんが欲しい」など、飼い主さんがお世話をしてくれることを知っているため、何かをしてほしくて後を追ってきているのかもしれません。猫は面倒を見てくれる飼い主さんのことを、母猫のように感じているはずですよ。

何してるの?気になる!

トイレやお風呂の前まで飼い主さんについてきて、ずっと待っていることもありますよね。この場合は、中に入れないお風呂やトイレで飼い主さんが何をしているのか、気になっているのでしょう。また、中から聞こえる水が流れる音に対して興味を持つ猫も多いようです。

いつもと様子が違う?どうしたの?

飼い主さんの体調が悪いとき、猫は飼い主さんの変化を敏感に感じ取ります。元気がなかったり、いつもの時間に起きてこなかったりと、普段と違う様子に戸惑って後を追いかけることもあるのです。

どんな猫がついてくる?愛猫の後追いに困ったら

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

どんな猫がついてくる?オス猫に多い?

猫はオスの方が甘えん坊。オスは交尾のためにメスを追いかけるなど、気持ちをすぐに行動に移してしまう気質を持っています。オス猫の愛情表現はとってもストレートで、飼い主さんに甘えたいときもちゅうちょしない猫が多いでしょう。

また、オス猫はメス猫よりも物事に執着しやすく、飼い主さんが相手をしてくれなくてもめげません。フードが欲しいときなど、いつまでもしつこく催促してくる傾向があります。このように後追いが激しいのは、甘えん坊で執着心の強いオス猫に多いようです。

しつこい後追いに困ったら?

大好きな愛猫が追いかけてくれるのはとっても嬉しいけれど、朝の忙しい時間など、要求に応えるまでしつこく追いかけてこられると、ちょっと困ってしまうこともありますよね。

もし用事を優先させたいなら、徹底して「相手にしない」態度を見せましょう。中途半端に相手をすると、「しつこくすれば飼い主さんは相手をしてくれる」と思わせてしまうおそれがあります。ついつい相手をしたくなってしまいますが、ここは心を鬼にしましょう。

ノラ猫がついてくるのはなぜ?

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

ノラ猫の後追いに困ってしまった経験のある方もいるでしょう。ノラ猫が後をついてくるということは、ある程度あなたに興味を持っているか、信頼している証。もともと猫が好きなら、後を追いかけてこられると、ついつい相手をしてしまいますよね。それではノラ猫の後追いには、一体どんな理由があるのでしょうか?

エサが欲しい

ノラ猫は毎日食べるものに困っています。お腹が空いているので、エサを与えてくれる人を探しています。賢い猫は、ビニール袋を持っている人を見ると、エサがもらえるかもしれないと後を追ってくることもあるのだそう。また、一度エサをくれた人の顔を覚えてしまうこともあります。特に母猫の場合は子猫たちにお乳を与えなければならないため、エサを欲しがってついてくることが多いでしょう。

助けてほしい

エサが欲しいということ以外に、何か困っている可能性もあります。たとえば子猫がケガをしてしまっていたり、病気で助けを求めて鳴いていたり…。ノラ猫ではなく、迷い猫ということも考えられます。もしくは自分の居場所がわからず鳴いているのかもしれません。

人が好きでかまってほしい

ノラ猫の中にも、人懐っこい猫がいます。人に優しくしてもらったり、エサを与えてもらったりした経験がある猫は、人にかまってほしくて追いかけてくるのでしょう。

ノラ猫の対処に困ったら

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

保護できないなら

もしノラ猫を保護することができないのならば、むやみに相手をせず、家に猫が寄り付かないように工夫をしておきましょう。

・エサは与えない
先ほども述べたように、賢い猫は一度エサをもらった相手をしっかり覚えています。もし保護できないのなら、エサはむやみに与えないようにしましょう。いつも同じ場所でエサをあげていると、ほかの猫も集まってきてしまうことも。地域によっては、ノラ猫へのエサやりを禁止する条例もあります。

・猫の嫌いなニオイを付ける
猫が寄り付いてしまうのなら、猫の嫌いな柑橘系のニオイを体に付けたり、苦手なミントを庭先に埋めたりして、猫を寄せ付けないような工夫をするのも1つの方法です。

・水で撃退する
猫が嫌う「水」をスプレーでかけて、追い払うという方法もあります。少しかわいそうですが、1つの選択肢として覚えておきましょう。

保護するなら

保護する前に、まずはその猫がノラ猫なのか地域猫なのか、それとも迷い猫なのかを確認しましょう。首輪を付けていたような跡がある場合や、警戒心が薄く人懐っこい猫の場合は、迷い猫ということも考えられます。マイクロチップが埋められている可能性もあるので、健康チェックも含めて動物病院へ連れて行くのが良いでしょう。もしかすると、病院に迷い猫のポスターがあるかもしれません。

メス猫の場合は、周りに子猫がいないかどうかも確認しましょう。おっぱいが張っているなら、必ず子猫がそばにいるはずです。子猫に気づかず母猫だけを保護すれば、まだ目も見えない子猫たちが路頭に迷ってしまいます。子猫の場合、殺処分されてしまうおそれもあるので、必ず子猫の存在を確かめてください。

ついつい相手をしてしまいたくなる、かわいい猫の後追い。飼い猫もノラ猫も、ついてくるのはあなたを信頼している証拠です。しかし、ときには相手にしないことも大切。状況に応じて、正しい対処ができるといいですね。

参考/「ねこのきもち」2016年3月号『気付いてあげたい猫からのLOVEサイン』(監修:帝京科学大学助教 動物看護師 小野寺温先生)
   「ねこのきもち」2016年8月号『出待ちする猫』(監修:獣医師 獣医行動診療科認定医 ペット行動カウンセラー 藤井仁美先生)
   「ねこのきもち」2018年6月号『飼い主さんが感じているオスの性格・行動ランキング10』(監修:獣医師 菊池亜都子先生)
監修/ねこのきもち相談室獣医師
文/tu-ca
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

猫と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る