1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. フサかわ♡ ラグドールとラガマフィン、被毛の違いを解説!

猫と暮らす

UP DATE

フサかわ♡ ラグドールとラガマフィン、被毛の違いを解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フサフサとした長い被毛とブルーの瞳が印象的で、その名前には“ぬいぐるみ人形”という意味をもつ「ラグドール」。そして、ラグドールから派生した「ラガマフィン」も、“猫のテディベア”と呼ばれ、なめらかな長い被毛や大きな瞳が魅力的な猫種です。
今回は、そんなラグドールとラガマフィンの被毛の魅力に迫ります!

ラグドールの毛の特徴とは?

ラグドールのジルちゃん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

ラグドールの被毛は、生まれた直後は全体的に白く、少しずつ時間をかけて遺伝子がもつ本来の毛色とパターン(毛柄)が現れるのが特徴です。
毛質はやわらかくシルキーで比較的もつれにくく、抜け毛も少なめなので、長毛種ですがお手入れはしやすいといわれています。

さまざまな毛色や毛柄が認められている

ラグドールの主な毛色は、シール(こげ茶)、チョコレート、ブルー、ライラックなどが挙げられます。そして、規定された毛柄が豊富なのもその特徴のひとつ。主な毛柄は以下の通りです。

  • 耳や顔、足の先端、しっぽだけが濃い毛色をしている「ポイント」
  • ポインテッドで足の先や鼻やあごに白色が入っている「ミテッド」
  • 白 × 有色(ソリッド、リンクス、スモーク、パーティカラーなど)の「バイカラー」

ねこのきもち WEB MAGAZINE|ラグドールの特徴と性格・価格相場【猫図鑑】

ラガマフィンの毛の特徴とは?

ラガマフィンのマフィンちゃん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

ラグドール同様、毛質はなめらかで美しくシルキーなのが特徴です。そのため、毛はもつれにくく抜け毛も少ないので、お手入れはしやすいとされています。

毛色や毛柄の規定がないのでバラエティ豊富

ラガマフィンの場合、毛色の規定はありません。ポインテッドを除く、あらゆる毛色や毛柄が認められる猫種です。

ねこのきもち WEB MAGAZINE|ラガマフィンの特徴と性格・価格相場【猫図鑑】

ブラッシングやシャンプーでお手入れを

ラグドールのこむぎちゃん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

ラグドール、ラガマフィンともに、こまめにブラッシングをして被毛のお手入れをしてあげましょう。両者ともにスキンシップが好きな猫種といわれているので、その一環として、ブラッシングをしてあげるのもよいですね。

また、毛が抜け変わる「換毛期」には、こまめなラッシングのほか、可能であればシャンプーをしてあげると◎ 長毛種の場合は、お尻まわりが汚れやすいので、気になったら拭いてあげるようにしましょう。

どちらも魅力的であることは間違いなし♡

ラガマフィンのひよちゃん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

「なかなか見分けがつかない」といわれる両者ですが、ラグドールに比べてラガマフィンは毛色の規定がない分、カラーバリエーションがより豊富だということがわかりました。
しかし、体の大きさや穏やかで優しい性格など、共通点が多いことも確か。どちらも魅力的な猫種であることは間違いなさそうです!

参考/「ねこのきもち」WEB MAGAZINE『ラグドールの特徴と性格・価格相場|猫図鑑』(監修:CFAオールブリード国際審査員 サンフラワーキャットクラブセクレタリー 高野八重子先生)
   「ねこのきもち」WEB MAGAZINE『ラガマフィンの特徴と性格・価格相場|猫図鑑』(監修:CFAオールブリード国際審査員 サンフラワーキャットクラブセクレタリー 高野八重子先生)
文/ハセベサチコ
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
※猫の性格には個体差があります。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る