1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 生態
  4. 生態・行動
  5. 猫がお留守番を「寂しいな」と感じたときに見せる2つの行動

猫と暮らす

UP DATE

猫がお留守番を「寂しいな」と感じたときに見せる2つの行動

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫はクールで、ひとりでいることが好きなイメージがありますよね。お留守番をすることも平気そうな感じがしますが、飼い主さんがいないことで「寂しい」と感じることはあるのでしょうか?

ねこのきもち獣医師相談室の先生に聞いてみました!

猫はお留守番をして「寂しい」と感じるの?

眠る茶トラ
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

ーーお留守番をしていた猫が「寂しい」と感じることはあるのでしょうか?

ねこのきもち獣医師相談室の獣医師(以下、獣医師):
「猫はもともと単独で生活する動物なので、縄張り意識が強く、寂しさを感じることはあまりないと言われています。

しかし、飼い猫として人と暮らすことに慣れている場合、飼い主さんのことを母猫のように思って『離れると寂しい』と感じるコがいます。とくに飼い主さんと一対一で生活している場合、母と子のように関係が濃密になりがちですね」

猫が寂しかった留守番後に見せる2つの行動

お留守番する猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

ーー寂しいと感じている場合、猫はどのような行動を見せるのでしょうか?

獣医師:
「飼い主さんが少しの間だけ留守にしたり、相手にできないだけでも寂しがります。お留守番をしていた後に寂しがる猫の行動としては……

  • 飼い主さんにスリスリとすりよる
  • 『にゃー』とはっきりした声で鳴く

などの行動を見せることがあります。『にゃー』と鳴くのは、飼い主さんに甘えたかったり、遊びたかったり、子猫気分になって母猫を求めるような気持ちです」

ーー猫も寂しさから甘えたくなってしまうのですね。

お留守番が苦手なコ、得意なコの特徴は?

外を眺めるスコティッシュフォールド
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

ーーお留守番が苦手なコ、得意なコには、なにか傾向があるのでしょうか?

獣医師:
「『お留守番が苦手なのか、得意なのか』というのは、飼い主さんが愛猫とどのように接し、どのように暮らしているかによるでしょう。

もし、ずっと愛猫とべったりの濃密な関係でいるのであれば、愛猫は飼い主さんと少しでも離れることに対して『寂しい』と感じてしまい、お留守番が苦手なコになるでしょう。

一方で、普段からお留守番が当たり前の状況であり、愛猫がひとりでいる時間をしっかりと作っているのであれば、お留守番が得意なコであると言えるでしょうね」

寂しがりやな猫が安心してお留守番できるようにするために大切なこと

くつろぐ三毛猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

ーー寂しがりやなコが安心してお留守番できるためのポイントがあれば、教えてください。

獣医師:
「愛猫が1日でお留守番が得意になることは、決してありません。寂しがりやなコが安心してお留守番ができるようにするには、まずは愛猫と日頃から距離を保つように接して、猫と離れる時間を作ったり、お留守番の練習をさせましょう。

また、愛猫の要求のままに抱っこをしたりせず、主導権を飼い主さん側が持ち、お利口に待っていられたときに褒めてスキンシップをとってあげる、などの工夫をしてみてください。

このようなことで少しずつ、『愛猫の欲求をすべて聞き入れるのではない状況』『愛猫がひとりで過ごしても平気な時間』を作っていきましょう」


ーー根気強く、愛猫と向き合うことが大切なのですね。

「分離不安」の傾向が見られる猫も…?

獣医師:
「また、なかにはお留守番が苦手という状況よりは、飼い主さんがいないことで『分離不安』の傾向が強く出てしまっている場合もあるかもしれません」

ーー分離不安とはなんですか…?

獣医師:
「分離不安とは、飼い主さんがいないことで気持ちが不安定になり、それによって問題行動を起こすことです。

分離不安の主な症状としては…

  1. 鳴き続けてつきまとい、飼い主さんのトイレ、お風呂などいろんなところについてまわる。
  2. トイレでないところで粗相する。
  3. 家具などにマーキングする。
  4. 執拗に体をグルーミングする。それに伴う脱毛を起こす。
  5. 食欲がない、元気がない。
  6. 下痢、嘔吐をする。
  7. 物を壊すなどの破壊行動をする。

などが挙げられます。これらの症状が愛猫に見られる場合は、行動学の専門医に相談する必要があるかもしれません」

寝転がるスコティッシュフォールド・ロングヘア
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

愛猫が寂しさを感じず、安心してお留守番ができるようにするには、日頃から愛猫と適度な距離感を保つことなどが重要なようです。もし、「愛猫が寂しがりやでお留守番が苦手」と感じている方は、愛猫との距離感を意識してみてくださいね!



(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
※写真は「いぬ・ねこのきもちアプリ」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
取材・文/雨宮カイ

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る