1. トップ
  2. 猫図鑑
  3. 短毛種
  4. 【人気猫・トンキニーズまとめ】美しい毛並みと見事な目色!

【人気猫・トンキニーズまとめ】美しい毛並みと見事な目色!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界で愛される「トンキニーズ」は、滑らかな肢体と美しい目色をした猫です。今ではキャット―ショーでも多く活躍をしている猫なので、ご存知の方も多いでしょう。そんな「トンキニーズ」の魅力をまとめてご紹介します!

トンキニーズの特徴・魅力

触り心地の良い柔らかい毛並みを持ち、丸味のあるクサビ形の顔の中に光るのは、大きなアーモンド形の美しい瞳。バランスの良いしなやかな身体は活発に動き回り、人見知りをしない性格は万人に愛されるでしょう。好奇心旺盛なので、新しいおもちゃを与えるとしばらくの間夢中になりますが、飽きるのも早いかもしれません。マイペースなところが一見わがままに見えますが、トンキニーズは愛情深く朗らかなので飼い主のいいパートナーになってくれる猫です。

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

トンキニーズの歴史

1950年代、カナダやアメリカのブリーダーによって最初の繁殖が始まったトンキニーズは、「サイアミーズ(シャム)」と「バーミーズ」を異種交配した、人為的に作出された猫種です。最初の繁殖では、アメリカのブリーダーたちが「黄金のサイアミーズ(シャム)」を作り出そうとしていました。当時は「ゴールデン・サイアミーズ」と呼ばれていましたが、完成まで至ることができずに計画は中止されてしまいます。

その後、1960年代からカナダでブリーディングが再開され、品種改良が進んで行くうちに愛猫家からの人気が高まっていきます。そしてついに、1965年にカナダのキャットクラブにて「トンキニーズ」は公認されるのです。

同時期にアメリカでも繁殖が再開されると、カナダの愛猫家たちと同じように、アメリカの愛猫家たちも「トンキニーズ」の美しさに魅了され始めます。計画的な新種改良は続きますが、公認にあたっては様々な議論が続き、CFAに公認されるのはカナダよりずっと遅く、1984年にやっと公認されました。

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

名前の由来はミュージカル?!

トンキニーズは、ミュージカル「南太平洋」に出てくる「人種の壁を越える島:トンカーズ」が由来となり、当初は「トンカーズ」という名前で呼ばれていました。しかし、猫種の名前は原産地が名前に採用されることが多かったことから、「トンカーズ」はインド洋半島のトンキン地方、またはベトナムのトンキン湾が由来であると誤解され、「トンキニーズ」と名を改めました。

アメリカで高い人気を誇る「トンキニーズ」は、キャットショーで活躍し、上位に入賞も果たしています。その美しい毛並みと、輝くような目色に魅了された日本のブリーダーも、グレードの高い「トンキニーズ」を繁殖しています。祖先である「サイアミーズ(シャム)」の淡いポイントカラーと、「バーミーズ」の丸みのある顔つきやがっしりした体型の、両方の特徴を見事なバランスでミックスされた、とても美しい猫と言えましょう。

トンキニーズの外見上の特徴

トンキニーズの長い四本足としっぽは、抜群のバランスをしており、キュートな丸みのある顔つきが愛らしさを際立たせます。がっしりした筋肉質のセミフォーリン体型に、ピタリと張り付いた短い被毛。ボウは卵型で、全体的にバランスの取れた美しい外見を誇ります。

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

トンキニーズの性格

感受性が豊かで好奇心旺盛なトンキニーズは、周りの人々を楽しい気分にさせてくれるでしょう。元気に走り回り、明るくユーモアのあるその姿は、まるでおてんば娘。やんちゃな面もありますが、甘えん坊な一面も持ち合わせています。甘えてきた時にはしっかりと愛情を受け止め、元気に走り回っているときには遊び相手を務めるなどして、コミュニケーションを図ると良いでしょう。

★がぞう★

トンキニーズのお手入れ

トンキニーズのような短毛猫には、手の平を使ったマッサージがおすすめです。水につけた両手でマッサージするように抜け毛が少なくなるまで猫の体全体を触ります。特に抜け毛のシーズンには効果的なので、覚えておきましょう。

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

トンキニーズが気を付けたい病気

・膝蓋骨脱臼
ひざの皿が外れる病気です。高いところに上らなくなり、走ることも減っていきます。後ろ足を引きずったり、持ち上げたりして歩くようになることもあります。ひざの関節炎の原因にもなるので早めの治療が大切です。

・先天性前庭疾患
平衡感覚や体のバランスを保つことが難しくなる疾患です。

・腎結石
腎臓の組織が徐々に壊れて動きが悪くなることで腎不全が起きたり、結石が大きくなって、尿路の閉鎖に伴う水腎症がおきたりと、非常に厄介な疾患です。オシッコの量の急激な増減や、色の変化などの異常が表れたら、早めに動物病院へ相談しましょう。

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

トンキニーズのすてきな毛色

トンキニーズの毛色は、全体的に淡く色付いています。
「ナチュラル」ミディアムブラウンの被毛に濃いブラウンのポイントカラー
「シャンパン」明るいコーヒーブラウンから黄褐色の被毛にミディアムブラウンのポイントカラー
「ブルー」全体的に温かみを感ずるスレートブルーの毛色に、スレートブルーのポイントカラー
「プラチナ」銀色がかったやさしいグレーの被毛にフロスティグレー(霜がかったようなグレー)のポイントカラー
上記4色のポイントカラーがあり、主に3つのカテゴリーに分類されます。

【ミンク】
ボディの色は均一で、ほとんどシェーディング(陰り)がありません。目色はアクアで、ポイント部分の色とボディのカラーは柔らかなコントラストになり、優しい印象です。

【ソリッド】
ボディのカラーよりやや濃くポイントカラーが出ており、全体を見るとほんのわずかにコントラストがついています。目色はグリーンからイエローグリーンです。

【ポインテッド】
ボディのカラーはオフホワイトで、ポイントカラーとははっきりと区別されます。目色はブルー。毛質は柔らかく絹のような肌触りで光沢があり滑らかです。短く整った被毛は体にピタリと張り付いています。

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

監修  高野八重子先生

CFAオールブリード国際審査員。

サンフラワーキャットクラブセクレタリー、
ヤマザキ動物専門学校において「ネコ学・審査とグルーミング」の講義を担当。
著書に「猫の教科書」(緑書房 高野賢治氏との共著)、「猫の手入れがわかる本」(誠文堂新光社)などがある。

ヤマザキ動物専門学校

短毛種

更新

関連するキーワード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「短毛種」の新着記事

新着記事をもっと見る