1. トップ
  2. 猫が好き
  3. 雑学・豆知識
  4. 性別で分けよう【猫のお世話】ポイントと理由を解説

猫が好き

UP DATE

性別で分けよう【猫のお世話】ポイントと理由を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫に合ったお世話は性別で違いが出てきます。オス・メスそれぞれどのようなお世話をしてあげると猫にとって良いのか、その3つのポイントと理由を解説していきます。オスとメスの本能や習性に注目すると、その理由が見えてきますよ!

違い1:食事の与え方

ペルシャ
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

オスには食事をしっかり与えよう

猫の食事の与え方は、性別によって少し違ってきます。オスは体が大きく基礎代謝も高いので、1日に必要なエネルギー量がメスよりも多くなります。縄張りのパトロールなど、運動量も必然と多くなり、食に貪欲な傾向が強まるため、体重に合ったフード量をしっかり与えましょう。

メスには1日分を小分けにして与えて

メスはオスに比べて、1日をじっとして過ごす時間が長く、エネルギーの消費量が低めです。また、メスのほうがマイペースなので、食に対してもあまり貪欲でないことが多いようです。1日分の食事を小分けにして与えるのが、少食なメスには◎。少ない量を回数多めに与えるのがポイントです。

違い2:環境のととのえ方

スコティッシュフォールド
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

オスには複数の爪とぎ器と自分のニオイの付いたものを

縄張り意識の強いオスは、爪とぎも頻繁に行います。室内の一箇所ではなく複数箇所に爪とぎ器を置くことで、家具類を引っかき傷から守ることができますし、縄張りパトロールの欲求も満たされます。また、猫が自分のニオイを部屋の広範囲で認識できることも、安心につながるため重要です。猫自身のニオイの付いたものを置いて安心させてあげましょう。

メスには静かに過ごせる場所と隠れられる場所を

メスはじっと静かに過ごす時間が、オスよりも圧倒的に長いです。縄張りは狭めで動き回ることも少ないため、静かにゆったりと過ごせる場所を好む傾向が。猫だけで落ち着ける場所があるとメスは大満足です。

隠れられる場所もメスには大事なもの。子猫を敵から守る本能があるため、危険を察知したときに隠れられる場所が必要です。知らない人が家にやってくるなど、来客が事前にわかっているときには、あらかじめ違う部屋に移動させてあげるのも良いでしょう。

違い3:健康を守るための+αのお世話

茶トラ
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

オスには運動量の多い遊びを

全身の筋肉が発達しているオスは、運動量の多い遊びを好む傾向があります。おもちゃへの好奇心も旺盛なので、遊びの時間も長めに。ジャンプやダッシュ、上下運動を取り入れた遊びで運動量を確保してあげると、健康的な体を維持できます。

メスにはこまめなブラッシングをしてあげよう

出産や子育てをするメスは、自分の健康管理を大切にする傾向があります。毛づくろいをまめに行って血行を促したり、体を清潔に保とうとしたりと、体のメンテナンスを欠かしません。飼い主さんが行うブラッシングにも同じ効果があるので、メスにはこまめにしてあげると喜びます。ただ、やり過ぎはストレスの元になるので注意してください。

オス・メスの特性に合ったお世話をしてあげよう

MIX
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫のお世話は性別によっても違いがあり、大まかに分けてオスは「活動的に過ごさせる」こと、メスは「静かにゆったり過ごさせる」ことが大切です。オス・メスそれぞれの特徴や性質を理解して、ワンランク上のお世話をしてあげましょう。

参考/「ねこのきもち」2016年7月号『性格や行動は、性別で違うから…オス メス別 猫が大満足する7つのこと』(監修:マオキャットクリニック院長 高野のり子先生)
文/紺道ゆあん
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る