1. トップ
  2. 猫が好き
  3. 連載
  4. 「シャッ!」と鳴いたししまる。猫との「間」を考えさせられた威嚇のお話【連載】渋ネコししまるさん#88

猫が好き

UP DATE

「シャッ!」と鳴いたししまる。猫との「間」を考えさせられた威嚇のお話【連載】渋ネコししまるさん#88

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、猫との「間」を考えさせられたエピソードです。
あれはししまるが4歳頃、まだ渋ネコでもなく、ぐうたらで可愛い猫だった時のこと。

やっぱり昔から渋ネコ

当時のししまるは、お盆や年末になると、私たちと一緒に実家へ帰省していました。
「東京からししまるだ!ししまるが来たぞ!!」と、猫好き家族は大騒ぎ。
それは可愛い甥っ子にとっても同じでありました。

家族のスター

私はししまるを見たがった甥っ子をつれて、2階のししまるのいる部屋へ。
でも、ししまるは見当たりませんでした。
視線を低くすると、ベッド下の奥にはキラリと光る2つの目が。
入り口は狭く中は適度な空間があるベッドの下は、ししまるにとっては最高の隠れ家でした。

闇でうとうと

甥っ子も四つん這いになり、ベッドの下をのぞき込みました。
するとししまるは短く「シャッ!」っと鳴きました。

「ええ!」

ししまるの威嚇に、めちゃくちゃビックリしたのは私。
というのも、ししまるの「シャッ!」を聞いたのは、このときが初めてだったのです。
おそらくししまるは、甥っ子がベッド下に入ってくると思ったのでしょう。

『ししまる、ごめん。そしてかわいい甥っ子もごめん』

私と甥っ子は、そっと一階へ降りたのでした。

驚かせてごめん、ししまる。

しばらくすると、ししまるは何事も無かったかのように降りてきてリラックス。
甥っ子はその隙に頭をナデナデ。

『ああ、ありがとう、ししまるは最高に良い子だ。うぅぅぅ。』

「優しくなでてくれよな」

ししまるがこの10年で「シャッ!」と鳴いたのは、この時を含めたほんの数回だけ。
猫との暮らしは、常に猫主体で猫の事を考える。
猫との「間」は大切だ、と考えさせられたエピソードでした。

Taco(たこ)プロフィール

東京在住の漫画家・イラストレーター・キャラクタデザイナー。
「ちいさな猫を召喚できたなら」「3匹のちいさな猫を召喚できたなら」「ぷっちねこ。」(徳間書店)など、好評発売中。「ちいさな猫を召喚できたなら」は重版後、中国版・韓国版・インドネシア版も発売。
現在、Web上では不定期に新作漫画を更新中。詳しくは以下のSNSへ。
・Instagram
 Tacoのインスタ: @tacos_cat
 ししまるのインスタ: @emonemon
・Twitter@taco_emonemon

CATEGORY   猫が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る