1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 雑学・豆知識
  4. 保護猫
  5. 「コロナでもノラ猫は自粛しない」感染予防しながらの譲渡会と啓蒙活動~さぬき動物愛護センター「しっぽの森」~

猫と暮らす

UP DATE

「コロナでもノラ猫は自粛しない」感染予防しながらの譲渡会と啓蒙活動~さぬき動物愛護センター「しっぽの森」~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

香川県と高松市が共同で、2年前にオープンした「さぬき動物愛護センター しっぽの森」(以下、センター)。動物愛護管理啓発の拠点となり、譲渡を促進することをおもな目的としてつくられました。しかし、翌年には、世界中で新型コロナウイルスが猛威をふるいます。困難な情勢の中、しっぽの森が行っている活動をご紹介します。
※記事内容はすべて、2021年6月10日現在のものです。

参加人数を制限して譲渡会を実施

昨今、保護された猫のことが各種メディアで紹介されることも増えています。同時に在宅勤務が増えたことをきっかけにペットのニーズが高まったのか、猫を迎える選択肢として、「ぜひセンターから」という声もあるようです。

センターでは週2回(水曜日と日曜日)に、譲渡を希望される人を対象に譲渡前講習会を開催。講習会のあとには、譲渡会を開催し、保護猫とのマッチングを行います。日によっては保護猫がいないこともあるので、その場合は、後日、センターのホームページに掲載される保護猫を確認してもらい、再度センターに来て、個別にマッチングを行い、家に迎えられるかどうかを判断してもらいます。

「現在は新型コロナウイルス感染予防の観点から、1回あたりの参加人数を制限している状態です」と次長で獣医師の粂川美千代さん。

センターから譲渡する猫には、すべてマイクロチップを装着するとともに、手術適齢期の猫については不妊手術を実施。適齢期前の猫については県内の動物病院で使用できる助成クーポンを交付し、手術を実施してもらうようにしています。

写真提供/さぬき動物愛護センター しっぽの森
センターでは実際に猫と触れあえるスペースも

「猫の飼い方教室」を積極的に実施

新型コロナウイルスの感染拡大によって、各種イベントは自粛を余儀なくされています。それでも昨年、センターでは、感染状況が落ち着いた時期を見計らい、感染対策を行いながら「猫の飼い方教室」を2回、クリスマスには「猫のおもちゃ作りイベント」を開催しました。

「猫の飼い方教室」では、センターが開所した経緯から始まり、香川県の現状(猫の収容数・殺処分数・譲渡数など)や実際に寄せられる苦情なども具体的に紹介。まずは身の回りにいる猫を知ることから始まります。

「猫を飼っている方にもそうでない方にも、猫の適正な飼い方を学んでいただいています。そのうえで、猫を迎えたり、猫と共生したりするには、それなりの責任が伴い、知識も必要ということをお伝えしています」(粂川さん)。

写真提供/さぬき動物愛護センター しっぽの森
「猫のおもちゃ作りイベント」の様子
写真提供/さぬき動物愛護センター しっぽの森
作ったおもちゃは収容中の猫に遊ばせたり、プレゼントとして自宅に持ち帰ったりするそう

出展/「ねこのきもち」2021年8月号『ねこのために何ができるだろうか』
写真提供/さぬき動物愛護センター
文/ハナマサ
※この記事で使用している画像は2021年8月号『ねこのために何ができるだろうか』に掲載しているものです。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る