1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 雑学・豆知識
  4. 保護猫
  5. ノラ猫が「住みやすかった県」香川 県と市が協力し、ボランティアを支援し目指す「猫に飼い主を!」

猫と暮らす

UP DATE

ノラ猫が「住みやすかった県」香川 県と市が協力し、ボランティアを支援し目指す「猫に飼い主を!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飼い主がいない、もしくはわからない猫がさまざまな事情で保護されます。なかにはケガや病気を抱えている猫、飼育放棄されてしまった猫も……。こうした猫の新しい飼い主を探すことが、動物愛護センターの大切な役目。香川県高松市に2年前にできたばかりの動物愛護センターの活動を紹介します。
※記事内容はすべて、2021年6月10日現在のものです。

香川県と高松市が共同で施設をオープン

香川県は、災害が少ないともいわれ、温暖な気候に加え、海も山もあり、まだ自然が多く残っています。そのため、猫のすみかとなる場所も多く存在し、ノラ猫が繁殖しやすい環境となっているようです。
保健所に引き取られる飼い主のいない(もしくは、わからない)猫も全国平均と比較して高い傾向にありました。

こうした状況を変えるべく、香川県と中核市である高松市が2013年度より検討を開始。動物愛護管理啓発の拠点となり、譲渡を促進するための施設の創設として2019年3月にオープンしたのが『さぬき動物愛護センター しっぽの森』(以下、センター)です。

写真提供/さぬき動物愛護センター しっぽの森
緑豊かな香川県公渕公園隣にあるセンター

「県と市が共同運営する施設ということで、県と市の職員が働いています。職員間でさまざまな意見を出し合い、命をつなぐためのよりよい活動ができるよう努力を重ねています」。
そう語るのは同センター次長の粂川美千代さん。それまでは各保健所単位で収容から譲渡まで行っていましたが、譲渡業務をセンターに集約することで、適切な健康管理や人への馴化が進んだそうです。結果、譲渡数は増え、殺処分数は減る傾向に。
「開所2年が経過しましたが、まだまだこれからです。いろいろな方のご意見をうかがいながら、よりよいセンターを運営していけるよう、試行錯誤の毎日です」。

ボランティアを支援する譲渡会を開催

センターでは、収容された猫の管理や譲渡だけでなく、民間のボランティアの活動支援を行っています。登録されている県内・県外34の団体・個人ボランティアには、毎週月曜に『ボランティア通信』をメールで送付し、譲渡可能な猫の情報や各ボランティアへの周知事項などを連絡。また、2カ月に1回程度センター内でボランティア支援譲渡会を開催。毎回、県内のボランティア3~6組が参加しています。

写真提供/さぬき動物愛護センター しっぽの森
センターで行われた譲渡会。ボランティアに会場を提供

「また、課題は、ほかの自治体も同様だと思いますがノラ猫対策です」と粂川さんは言います。県内の保健所やセンターには、さまざまな猫トラブルが寄せられるとか。

「ノラ猫の糞尿被害などに悩まれる方が非常に多いです。また、困り果てて、ノラ猫が産んだ子猫を保護してほしいと保健所に相談される方もいます」。

不幸な繁殖を避けるために、飼い猫については不妊手術を行い、完全室内飼いにすること、またノラ猫への無責任なエサやりはしないことなどが大切です。
「今後も保健所と協力しながら、イベントなどを通じて、猫の適正飼養や猫と共生することについて県民の皆様に周知徹底していきたいと考えています」。

写真提供/さぬき動物愛護センター しっぽの森
譲渡会では、実際に猫と触れあってみることがとても大切

出展/「ねこのきもち」2021年8月号『ねこのために何ができるだろうか』
写真提供/さぬき動物愛護センター
文/ハナマサ
※この記事で使用している画像は2021年8月号『ねこのために何ができるだろうか』に掲載しているものです。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る