1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 最低限やっておくべき!自宅でも簡単にできる猫の健康管理とは?

最低限やっておくべき!自宅でも簡単にできる猫の健康管理とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫の体重を管理する

猫の体調が変化した場合、飲水量や排泄物の量に如実に現れる傾向にあることが一般的に知られていますが、それ以外の指標として体重があります。猫の体重が短期間の間に大幅に増減した場合には、健康状態を一度疑ってみてください。

ひとつの目安として覚えておいてほしいのが、1か月で10%以上の増減があった場合です。たとえば、体重3キロの猫を例にとると、300グラムの増減が許容範囲となりますので、1か月後に2.7キロから3.3キロの範囲に収まっていれば、体重の側面では正常と考えられます。しかし、2.3キロ以下であったり、3.3キロ以上であったりする場合には、黄色信号が灯っていると考えていいでしょう。その場合、甲状腺機能亢進症や腹水の疑いがありますので、動物病院で受診することをおすすめします。

なかなか毎月体重を計るのは骨の折れることかと思いますが、愛猫のことを思って、こまめに管理してあげましょうね。

体重をはかる頻度の目安はどれくらい?

体重をはかる頻度の目安としては、月に1回が原則です。成猫にとっての1年間は、人間にとっての概ね4年間に相当すると言われていますので、月に1回はかるということは、人間でいえば4半期ごとにはかることと同頻度として換算できます。

もちろん、これ以上の頻度で体重を測定しても何ら問題はありません。より細かな健康状態を把握することができますし、何らかの体調変化があった場合により迅速に気付くことができます。

ただし、1か月に1回という頻度は、あくまで一般的な成猫の場合であって、そうでない場合にはもう少し頻度を高めて体重を測定し、健康管理することが大切です。子猫や高齢の猫や何らかの病気を抱えている猫は、体重測定の頻度を高め、より慎重な健康管理が求められます。少し手間はかかりますが、体重の推移を書き留めておけば、より正確に把握することができるでしょう。

賢い体重のはかり方

猫が自分の意思で体重計に乗ってくれることはありませんので、人の手ではかってあげる必要があります。だからといって、猫をそのまま体重計に乗せてもすぐ降りてしまいますので、ひと工夫が必要です。最も手っ取り早い方法は、猫を抱っこした状態で体重を測定し、次に猫をおろした状態で体重を測定します。単純なことですが、はじめにに計測した体重から次にはかった体重を控除した数値が猫の体重です。

また、より精緻な数値を把握した場合には、猫が居場所として気に入っているケースに載せた状態で測定する方法や、猫専用の体重計を用いる方法もあります。専用の体重計だと10グラム単位の測定が可能ですので、さらに細やかなケアに繋がりそうですね。

かわいい愛猫だからこそ繊細なケアを心がけて、いつまでも元気な姿でいてもらいましょう。

出典/「ねこのきもち」16年7月号『見てわかるヘルスチェック』
文/kuroko
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

猫と暮らす

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る