1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 緊急時にも使える! 猫が見つからないときの呼び寄せ方

緊急時にも使える! 猫が見つからないときの呼び寄せ方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

室内でも! 猫が見つからないときの呼び寄せ方

脱走時はもちろん、室内でも愛猫の姿が見えないとドキドキしますよね。「コレで絶対出てきてくれる」という合図があると便利です。どんな方法が有効か、考えてみました!

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

缶を開ける

筆者の猫はこれで一発で出てきます。開けるのは、キャットフードの缶ではなくても大丈夫。布団の中、押入れの中など、缶を開ける音が聞こえなさそうな場所にいたとしても、猫の耳はよいので「ウエットフードがもらえるのかな?」と、「にゃ~」と嬉しそうに鳴きながらやってきます。
キャットフードの缶でなくてもいいと書きましたが、猫が「缶の音を聞く→飼い主のそばにいく→おいしいフードがもらえる」と覚えたほうがいいので、缶を開けて出てきたら、必ずフードをあげたほうがよさそうです。
しかし! これで覚えてしまうと、ツナ缶だろうがコーン缶だろうが、缶が空いたら猫が来るようになってしまいます。しかしそれは仕方がないこと。以前、人の缶詰ばかりを開けていたら、猫が来なくなったことがあったので、猫が来る合図にしたいなら、そばに来たときは必ずフードを与えたほうがよさそうです。

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

パッカン! って鳴ったから、猫缶だと思ったら、トマト缶だった時の衝撃の顔!

名前を呼ぶ

ふだんからお返事をする猫なら、名前を呼んだら「ここにいるよ」と返事をしてくれるかもしれません。緊急時のためにも、ふだんから名前を呼んで返事をしてくれたらほめてあげたり、撫でてあげたり、フードをあげたりして、「返事をするといいことがある」と覚えさせるとよさそうですね。

もし脱走してしまったら…やはりフードでおびき寄せる

脱走した猫を保護の仕方として有効だとされているのは、やはりフードを使って気を引く方法です。その方法をご紹介します

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

1,キャリーケース、フードなどを用意する

猫を安全に保護して連れ帰るために、必要なものを持参しましょう。飼い主さんは興奮した猫に引っかかれる恐れがあるので、長袖を着用したほうが○。
[用意するもの]
・キャリーケース
・愛猫が好きなフード
・懐中電灯(暗がりにいるかもしれないので)
・バスタオル(猫を捕まえるときに使用)

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

2,猫が潜みがちな場所を探す

外(敷地)を出たことのない猫なら、たいてい暗くて狭い場所に潜んでジッとしているもの。猫がふだん食事をする時間帯や、人通りが減る夕方以降に出て来やすい傾向があるようです。
[ここを捜して]
・車の下
・茂み
・物置の下

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

3,猫を見つけたら安全に保護する

脱走した猫は精神的に不安定なので、たとえ飼い主さんでも大声を出すのはNG。急いで駆け寄ると恐怖心から逃げてしまうこともあるようです。追いかけたりせず、思わず反応してしまう「フード」を使っておびき寄せましょう。

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

4,帰宅後は全身をチェック

ケガをしていなさそうでも、外でノラ猫と接触し、ウイルスや寄生虫をうつされている可能性も。保護したらそのまま動物病院へ行ったほうがいいでしょう。

いかがでしたか?
緊急時に備えて、猫が来てくれる「合図」にぜひトライしてみてください。

出典/「ねこのきもち」2017年4月号『愛猫の緊急時対策マニュアル』
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
文/マリー=クリスティーヌ=ベロン

猫と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る