1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 猫が段ボールを好むワケ!飼い主さんの力作「段ボールハウス」も紹介

猫が段ボールを好むワケ!飼い主さんの力作「段ボールハウス」も紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

宅配便を利用して、気軽にお買い物ができるようになった現代。段ボールに入れられて、商品が届くことが多いでしょう。人が欲しいのは中身、猫が欲しいのは段ボール。なぜ、猫は段ボールを好むのでしょうか?「ねこのきもち」のアプリで投稿された、飼い主さんの力作「段ボールハウス」もあわせてご紹介します。

観察や遊びにうってつけ!本能を刺激されるから

段ボール
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

野生時代に狩りをしていた猫は、獲物の観察場所を見つけるのも得意です。自分の身を守りながら、襲い掛かるタイミングを待つ場所にうってつけなのが穴蔵でした。愛猫が部屋に置いてある段ボールに入り、顔だけチョコンと出しているときは、獲物を狙っている気分なのかも。段ボールのような、穴蔵に似た目立ちにくい場所は“相手を観察するのに最適”と判断したのでしょう。

抜群の居心地!その秘密は段ボールの構造に!?

ぎっちぎち
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

表面がサラッとしている段ボールは、猫にとって居心地がいい場所です。被毛にまとわりつかず、クッション性もあることから、寝床とする猫も多いでしょう。夏には通気性のよさが、冬には保温性の高さが、猫をとりこにするのです。段ボールのちょうどいいサイズ感も、猫をとりこにする要因のひとつ。小さめの段ボールにグイグイ体を押し込めば、体に触れる部分が増えて安心感が高まります。

いろいろなニオイが付いているから

ニオイ
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

段ボールはニオイを吸収しやすいので、家に着くまでの間にいろいろなニオイが付きます。ニオイから情報収集する猫は、段ボールを嗅いで外の状況や入っていた物を確認しているのでしょう。特に、嗅ぎ慣れないニオイが付いていると、危険があるかどうかを調査します。食品のニオイを感じたときは、美味しそうなニオイに反応しているだけかもしれません。

飼い主さんの力作!段ボールハウス

ママが頑張って作ったよ~
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫の段ボールを好む習性を利用して作られたのが「段ボールハウス」です。こちらの段ボールハウスは、うにちゃんのママが頑張って作ったお家。キャットタワーを併設し、小窓まである立派な段ボールハウスになりました。うにちゃんは早速、最上階からの眺めを楽しんでいるようですね。

飼い主さんの力作!髭神社!?

おさい飯
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

こちらも段ボールを利用した「髭神社」です。ここの主になったクロくんは、おさいせんではなく“おさいめし”を待っているようです。

猫が段ボールを好むそのほかの理由として、「過去にいい経験をした」ということも考えられます。段ボールに入ったときに「かわいいね」とかまってもらえた、段ボールの中で静かに過ごせたなど“いい経験”をすると、“段ボール=いい場所”と記憶するのです。猫たちが大好きな段ボールで、みなさんも愛猫専用のハウスを作ってみませんか?

参考/「ねこのきもち」2015年9月号『猫が段ボールに夢中なワケ』(監修:帝京科学大学生命環境学部アニマルサイエンス学科准教授 加隈良枝先生、(株)紙源代表 深澤修治さん)
文/HONTAKA
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と一部写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

猫と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る