1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 猫のほめ方にもコツがある? 猫に伝わるほめ方のポイントはコレ!

猫と暮らす

UP DATE

猫のほめ方にもコツがある? 猫に伝わるほめ方のポイントはコレ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛猫が飼い主さんにとって嬉しい行動をしてくれたら、たくさんほめてあげたくなりますよね。

実はそんな「ほめる」という行動にも、猫に伝わりやすくするためのコツがあるんです。猫のほめ方のコツについて、詳しく見ていきましょう。

ほめ方の下準備をしておこう

嬉しそうなれのちゃん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

実際に猫をほめるためには下準備が必要です。猫のいい行動を「いつ」「どうやって」ほめるか確認しておきましょう。
いつほめるかのポイントは、「してほしい」行動をしたらすぐにほめるということです。時間が経ってしまうと、猫は何をほめられているのか分かりません。いい行動をしている最中にほめるのも効果的です。

また、どうやってほめるかは、愛猫の好みに合わせることが大切。スキンシップが好きならなでてほめたり、食いしん坊ならおやつを与えてほめたりと、工夫してみてください。

NGなほめ方を把握しておこう

爆睡中のココちゃん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

一方で、NGなほめ方も把握しておきましょう。
まず気をつけたいのが、長い言葉でほめないということです。猫は言葉の内容を理解できないので、あまり長々と言葉でほめてしまうと、かえってストレスになってしまう可能性があります。

次に気をつけたいのが、ハイテンションで猫に近寄らないということ。愛猫が苦手なことをクリアしたときなどは、ついつい嬉しくてリアクションが大きくなってしまうなんてこともあるでしょう。しかしいつもと飼い主さんの様子が違うと、驚き委縮してしまう可能性があります。

ほめ方のポイントを抑えよう

嬉しそうな藍太郎くん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

それでは実際にほめ方のポイントを見ていきましょう。
まず声に出してほめるときですが、「短い言葉で、ささやく」ことがおすすめです。猫が聞き取りやすい少し高めのトーンで、笑顔でほめてあげてください。

おやつを与えてほめる場合は、ほめるとき専用のちょっと豪華なおやつを用意しておくといいでしょう。ご褒美感が増して、猫の喜びがアップしますよ。
スキンシップでほめるなら、猫の様子を見て気持ちよさそうなところでストップしましょう。長時間のスキンシップは嫌がる猫も少なくないので、猫の変化を見逃さないように。

猫によってはこんなほめ方も

遊ぶのが好きな猫なら、ごほうびに遊んであげるのもおすすめです。ご褒美用のおもちゃを用意しておくと、さらに喜んでくれるでしょう。
また、状況によってはそっとしておくこともご褒美になります。特にお手入れなどで拘束して猫がストレスを感じていたようなら、自由にして静かな環境を作ってあげるのがおすすめです。

猫のほめ方は、愛猫の個性にあわせて選ぶことが大切です。ほめていることが猫に伝われば、猫はもっと飼い主さんにとって「嬉しい行動」をとるようになってくれるでしょう。ぜひ愛猫にぴったりのほめ方をマスターして、より親密な関係を築いてくださいね。

参考/「ねこのきもち」2016年11月号『正しいほめ方 叱り方 かわいがり方のキホンを覚えましょう 猫飼いさしすせそ』(監修:帝京科学大学助教 動物看護士 小野寺温先生)
文/kagio
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る