1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 生態
  4. 生態・行動
  5. 「目は口ほどに物を言う」猫の“目づかい”に込められた気持ちとは?

猫と暮らす

UP DATE

「目は口ほどに物を言う」猫の“目づかい”に込められた気持ちとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「目は口ほどに物を言う」ということわざは有名ですが、実は猫にも当てはまるようです。今回は、「上目づかい」「半目づかい」「瞬き目づかい」など、猫の“目づかい”に注目し、どんな気持ちが込められているのか、詳しく解説します!

期待の気持ちが込められた「上目づかい」

上目づかいのまるくん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

あらゆる飼い主さんの心を撃ち抜く、キラキラまん丸の目で見上げてくる「上目づかい」。これは「いいことがありそう」と期待しているときの目づかいです。

猫が上目づかいをするときは、たいてい人の足元に来て見上げているでしょう。このような行動をするときは、「フードをもらえそう」「遊んでもらえそう」という期待でワクワクしていることが多いため、目をパッチリと開いているのだとか。

最初のうちは無意識に行う上目づかいですが、猫によっては上目づかいをしたときにフードがもらえたなどの経験を繰り返すうちに学習し、意識的にやるようになることもあるようです。

心地よさにウットリしている「半目づかい」

仲良しな二匹
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

まぶたを半分閉じた状態の「半目づかい」は、気持ちがよくてついついまぶたが下がってしまっている状態。このとき、猫はとてもリラックスしていて、体中の筋肉が緩み、まぶたも一緒に下がっているのです。なんと、なかにはそのまま眠ってしまう猫も。

なお、半目のときに見える半透明の膜は「瞬膜(しゅんまく)」と呼ばれるもので、目を開いているときは目頭側に収まっていますが、閉じるときは完全に目を覆います。人とは違い、猫は二枚重ねのまぶたで目を守っているのです。

仲良しのサイン「瞬き目づかい」

ペイちゃんの笑顔
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫が相手と目が合ったときに一瞬目を閉じる「瞬き目づかい」は、「仲良しだよね」「敵じゃないよね」と確認するためのサインです。

猫の世界では、相手の目をじっと見続けることは、敵意を表す行動になってしまいます。そのため、飼い主さんや仲の良い猫と目が合ったとき、瞬きをして気まずさを和らげようとしているのだとか。

この瞬き目づかいは、飼い主さんに見つめられたときや、名前を呼ばれたときに見られる場合もあります。このときは「わかってるよ、仲良しだよね」という意味が込められているようです。

じっくり猫の様子を観察していると、実にさまざまな表情を宿していることに気がつきます。そのなかでも比較的分かりやすい目づかいは、愛猫とのコミュニケーションをよりスムーズにするためにも役立つはず。ぜひ参考にしてみてくださいね。

参考/「ねこのきもち」2016年1月号『こんなに気持ちが表れる!上目、半目、猫目...なんと多彩なねこの目づかいコレクション』(監修:哺乳動物学者 川崎市環境影響評価審議会委員 「ねこの博物館」館長 日本動物科学研究所所長 今泉忠明先生)
文/kagio
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る