1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 生態
  4. 鳴き声
  5. 知って納得! 「よく鳴く猫」と「あまり鳴かない猫」の違いとは

猫と暮らす

UP DATE

知って納得! 「よく鳴く猫」と「あまり鳴かない猫」の違いとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫のタイプを見ると、ふだんから「よく鳴くコ」「あまり鳴かないコ」に大きく分かれると思います。「うちの猫はお喋りだな」「無口だな」と感じることがあるかもしれませんが、よく鳴くか鳴かないかの違いは、どこにあるのでしょうか?

今回、ねこのきもち獣医師相談室の先生に解説してもらいました!

よく鳴く猫、あまり鳴かない猫の違いとは?

くつろぐマンチカン
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

ーーふだんからよく鳴く猫と、あまり鳴かない猫には、どのような特徴や性格の違いが見られる傾向がありますか?

ねこのきもち獣医師相談室の獣医師(以下、獣医師):
「猫の性格はさまざまな要素で決定されるので、鳴くか鳴かないか、どんな鳴き方をするかで特徴を判断するのは難しいです。しかし、鳴き声に猫の気持ちが表れていると考えると、ふだんどのような鳴き方をするかで傾向はわかるでしょう」

ふだんあまり鳴かない猫は、飼い主さんのお世話が行き届いているコの場合が多い

獣医師:
「たとえば、ふだんあまり鳴かない猫は、鳴き声で判断しにくいとしても性格の傾向はあります。ふだん鳴かない猫はおっとりした性格であることが多く、飼い主さんと一対一で暮らすコに多いようです。これは、飼い主さんのお世話が行き届いているので、あえて訴える必要がないため、あまり鳴かないのではないでしょうか。

基本的に、猫は単独で行動する動物なので、子猫のときや繁殖期などの特別な時期を除いて、鳴き声で気持ちを伝えるということは稀なことなのです」

ーーなるほど…よく鳴く猫のほうが珍しいということなのですね。

よく鳴く猫は、自分の要望を叶えてほしくて訴えていることが多い

見つめる猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

ーーということは、よく鳴く猫は、お世話をしてほしいとお願いしていると……?

獣医師:
「お世話を必要とする飼い猫の場合、自分の願いを飼い主さんに叶えててもらう『手段』として鳴いているのです。その内容はどんな状況で鳴いているか、鳴き声の大きさや長さ、高低からでわかると思うので、対処してあげましょう」

ーーごはんが食べたい、遊んでほしいなど、なにか訴えたいことがあるから鳴いて知らせるということですね。なにを訴えているのか、飼い主さんはしっかり見極めてあげたいですね。

獣医師:
「そうですね。あまり鳴かない猫はお世話が行き届いていても、ほかのことで飼い主さんに要求があることがあります。その場合、飼い主さんのそばで見つめていたりして、それとわかるように伝えてきます。やはりこれも、『愛猫がなにを伝えたいと思っているのか』を飼い主さんが推し量って対処してあげましょう。

鳴いて気持ちを伝える猫、見つめてきて気持ちを伝える猫、どちらの場合も少し高めのやわらかい声で返事をしてあげたり、笑顔を返してあげると猫が安心して愛情が伝わりやすいので、ぜひ心がけてみてくださいね」


(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
※写真はアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」にご投稿いただいたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
取材・文/柴田おまめ

■おすすめ記事
意外!猫の学習の成果だった!? 猫が鳴くようになったワケ
猫がウンチをしたあとに大きな声で「ニャー」 その理由がかわいい!

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る