1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 生態
  4. メス
  5. メスよりもしつこくて、甘えん坊!? オス猫の性格・行動ランキングベスト10

猫と暮らす

UP DATE

メスよりもしつこくて、甘えん坊!? オス猫の性格・行動ランキングベスト10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫はオスとメスの性差が少ない動物。そのうえ、去勢・避妊手術を受けたあとは性ホルモンの影響が薄れ、違いがより表れにくくなるとされています。

しかし、まったく違いがないわけではなく、去勢・避妊手術のあとでも脳の仕組みやこれまでの習性などから、オスらしさ・メスらしさは残っているのです。いったいどんな違いが見られるのでしょうか?

オス猫の性格・行動ランキングベスト10

見つめるラグドール
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

この記事では、「ねこのきもち」が117名の読者を対象におこなった「愛猫の性格・行動についてのアンケート」の結果をもとに、オス猫の性格・行動をランキング形式で紹介します。第10位から順番に見ていきましょう!

第10位:マーキングをよくする

猫のマーキングは、スプレー行動をする、爪をとぐ、スリスリするなどありますが、なかでもスプレー行動は未去勢のオス猫に多く見られる行動。去勢をしている猫でもすることがあるようです。

たとえば、ノラ猫を見たときなど、不安な気持ちになったのを紛らわすためにしがちかも。

第9位:取っ組み合いが多い

仲のいい猫同士はじゃれ合いますが、オス同士だとエキサイトしやすく、激しい取っ組み合いになってしまうことも!

また、オス猫は自分の縄張りを大切に思っているので、場所取りからほかの猫と取っ組み合いになってしまうことが多いです。

第8位:同居猫にやさしい

去勢手術を受けたオス猫は闘争心が減り、性格も中性的になり穏やかな性格になるコも多いです。そのため、同居猫といい関係を築きやすい傾向にあります。

また、メス猫は自分の子猫を一番大切に思いますが、オス猫にはそうしたことがないため、どの子猫にもやさしく接する印象があります。

第7位:外に出たがる

見つめる猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

オス猫が外に出たがるワケは、ノラ猫のメスの発情期が関係しています。たとえ去勢手術をしていても、メスの鳴き声やフェロモンに誘発されてソワソワしがちに!

また、オス猫のほうが狩猟本能が強く残っているため、鳥などの獲物を捕まえたいと思って外に出たがることも。脱走にはくれぐれも注意してくださいね!

第6位:しつこい

オス猫はメスに比べて物事に執着する気質が。たとえば、「食べたい」「かまわれたい」など、願いが叶うまで粘り強くアピールする傾向にあります。

なにかに失敗したとき、メスはあきらめたり違う方法を試すけれど、オスは同じ方法で再挑戦! ということも。

第5位:女の人が好き

「オス猫は男性よりも女性を好む」と感じる飼い主さんが多いようです。ただ、これはオス猫に限りません。猫は動作や声が大きい男性を威圧的に感じ、警戒する傾向にあるのです。

一方、動作がゆったりで声が小さく高い女性のほうが、安心して接することができるのでしょう。

第4位:好奇心旺盛

見上げるスコティッシュフォールド
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

オス猫は縄張り意識がメスよりも強く、自分の縄張りである室内に入ってきた新しいものをチェックせずにはいられないので、好奇心旺盛に見えます。

メスの場合は、興味があってもまずは対象物から距離を置いて観察することが多いです。

第3位:遊び方が激しい

オス猫は筋肉質でジャンプ力や走力に優れ、持久力もあります。そのため、遊び方もダイナミック! 

また、メスは成猫になると落ち着く傾向があるのに対し、オスはいつまでも無邪気に遊ぶ傾向にあります。

第2位:食べることが好き

オス猫は体が大きくて筋肉質なため、メスよりも基礎代謝が高く、1日に必要なエネルギー量が多いです。

飼い猫でもオスのほうが運動量が多く、フードをたくさん食べるため、「オスは食べることが好き」という印象になるのかもしれませんね。また、オス猫は感情表現が直球なため、「くれくれ!」のアピールも激しい傾向に!

第1位:甘えん坊

見つめるペルシャ
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

オス猫は交尾のためにメスを追うなど、好意をすぐに行動に出す習性があります。甘えたいときも同様で、躊躇せずに飼い主さんのひざの上に乗ってくるなど、愛情をストレートに表現するオスが多いでしょう。

そうした様子を見て、飼い主さんも「オス猫は甘えん坊だな」と感じるようです。


オス猫の飼い主さんは、「わかる!」と共感できるものもあったのではないでしょうか?

メス猫の性格・行動ランキングベスト10

見つめるブリティッシュショートヘア
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

ここで、メス猫の飼い主さんのアンケート結果をもとにした「メス猫の行動・性格ランキングベスト10」も紹介します。オス猫と比較してみてくださいね!

第10位:食が細い
第9位:気分屋
第8位:遊び方がおっとり
第7位:男の人が好き
第6位:慎重
第5位:クール
第4位:しぐさが艶っぽい
第3位:キレイ好き
第2位:怖がり
第1位:鳴き声がかわいい


くつろぐスコティッシュフォールド
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

メス猫の飼い主さんは、「鳴き声がかわいい」「怖がり」だと感じる人が多かったようですね。

メス猫の鳴き声がかわいい理由は、オスに比べて声帯が華奢なために鳴き声はより細く、高く、可憐に聞こえるのだそう。怖がりな理由は、メスは本来、出産や子育てをする使命があるため、子育てをしないオス猫よりも警戒心が強くて怖がりな傾向にあるようです。

また、オス猫が甘えん坊なのに対し、メスがクールな印象があるのもおもしろいですよね! オスは行動範囲が広くよく動きますが、メスは行動範囲が狭く、安心できるお気に入りの場所があればOKなのだそう。落ち着ける場所にとどまっている様子が、クールさを感じさせているのかも。

メス猫は飼い主さんにべったりするのではなく、1匹で過ごすことを好む猫が多いようです!

見上げるアメリカンショートヘア
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

オス猫・メス猫の飼い主さんは、それぞれの特徴で共感できるものもあったのではないかと思います。愛猫はどんな性格で、どんな行動をする傾向があるか、ぜひランキングと照らし合わせてみてくださいね!

参考/「ねこのきもち」2018年6月号『飼い主さんが感じている オスの性格・行動ランキング10』(監修:監修:東京大学附属動物医療センター行動診療科 獣医師 菊池亜都子先生)
参考/「ねこのきもち」2018年7月号『飼い主さんが感じている メスの性格・行動ランキング10』(監修:監修:東京大学附属動物医療センター行動診療科 獣医師 菊池亜都子先生)
※この特集のランキングは、「ねこのきもち作り隊」の読者117名に行ったFAXアンケートの結果を集計したものです。
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
文/sorami

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る