1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. <PR>この様子はもしかして〇〇のせいかも!?

猫と暮らす

UP DATE

<PR>この様子はもしかして〇〇のせいかも!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛猫にこんな様子、見られませんか?

1⃣ 呼吸がおかしい
2⃣ 顔や体をしきりにかいている
3⃣ 子猫なのに体重が増えない
4⃣ よく吐くようになった
5⃣ 軟便が続く
6⃣ 急にできものができた
7⃣ お尻をやたら気にしている
8⃣ ウンチに白い粒のようなものが付いている

上の症状、じつは… 全部寄生虫のせいかもしれません!

1⃣ 「呼吸がおかしい」のは
フィラリアが原因
の可能性あり

2⃣ 「顔や体をしきりにかいている」のは
ノミが寄生してかゆみ
を引き起こしている可能性あり

3⃣ 「子猫なのに体重が増えない」のは
お腹に寄生虫がいる
可能性あり

4⃣ 「よく吐くようになった」場合は
寄生虫が原因
の可能性あり

5⃣ 「軟便が続く」のは
寄生虫に感染
している可能性あり

6⃣ 「急にできものができた」のは
吸血しているマダニができものに見えている
可能性あり

7⃣ 「お尻をやたら気にしている」のは
寄生虫が肛門から出てきて
ムズムズしている可能性あり

8⃣ 「ウンチに白い粒のようなものが付いている」のは
瓜実条虫が切れて出てきている
可能性あり
※瓜実条虫はノミに寄生し、そのノミを誤食することで猫に感染します。

愛猫の気になる症状の原因はコレかも?!

だからオールインワンのお薬でしっかり寄生虫対策しましょう

ノミ・マダニ・フィラリア・お腹の虫などを 1度に対策できるオールインワンのお薬があります!
自宅での月に1回の投与で手軽に対策しましょう!

オールインワンタイプの「寄生虫駆除薬」を使っている様子。首元に垂らすだけの簡単

愛猫を守るために、冬も寄生虫対策が必要です

ノミ・マダニなどの寄生虫は、新しく迎えた保護猫に寄生していたり、人の服や靴に付着して室内にもち込まれることがあります。ノミやマダニは暖かい時期に活発で冬は存在していないイメージですが、ノミは暖かい室内では一年中生息することができ、マダニは冬の自然界でも生息しています。
そのため季節を問わず、寄生虫対策は通年行うことが理想です。まずは健康診断などの際、獣医師に相談してください。

動画でカンタン解説! 愛猫の寄生虫対策はコチラ!

寄生虫が猫と人の命を脅かすことも

寄生虫が原因で皮膚や消化器の病気になって猫が苦しんだり、猫から人に感染したりするケースがあります。中でも、蚊を介して体内に入り込むフィラリア症は要注意。というのも、猫は寄生されると目立った症状もないまま、突然死することがあるからです。
さらに、マダニも恐ろしい存在。今年もニュースで取り上げられましたが、SFTS(重症熱性血小板減少症候群)はマダニが媒介するウイルス感染症で、猫も人も発症すると死に至る恐れがあります。

愛猫を感染から守る知識・方法はコチラ!

【プレゼントが当たる】記事を読んだ感想を教えて下さい

寄生虫記事に関するアンケート

お問い合わせ/ベーリンガーインゲルハイム アニマルヘルス ジャパン

寄生虫が猫と人の命を脅かすことも

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事