1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 生態
  4. 生態・行動
  5. 猫の視力が低下する原因とは? 見逃したくないサインも

猫と暮らす

UP DATE

猫の視力が低下する原因とは? 見逃したくないサインも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫のしぐさや行動を見たときに、目がしっかりと見えているのかどうかが気になったことがあるかもしれません。もし見えづらくなっているようであれば、そのサインに気づいてあげたいですね。

この記事では、猫の視力が低下する原因視力低下のサインについて、ねこのきもち獣医師相談室の先生が解説します。

猫の視力が低下する原因

見つめる猫
getty

ーー猫はいつぐらいから視力が低下してくるものなのでしょうか?

ねこのきもち獣医師相談室の獣医師(以下、獣医師):
「猫もシニアになると視力が低下してきます。そのなかでも、病気が原因で視力低下を引き起こすことがあります」

ーーどのような病気が考えられますか?

獣医師:
「たとえば、シニア猫の甲状腺機能亢進症腎不全などの病気が原因で、高血圧になり網膜に変性を起こし、視力が低下します。高血圧性網膜症と呼ばれます」

猫の視力が低下しているサイン

眠る猫
getty

ーー猫の視力が低下しているかもしれないとき、なにかサインは見られるのでしょうか?

獣医師:
「そうですね。たとえば…

  • 視線が合わない
  • 呼びかけに反応しない
  • 歩き方や行動がゆっくり慎重になった
  • 要求鳴きや夜鳴きが多くなった
  • 物にぶつかる
  • 常に黒目が大きいままでいる
  • 音や物に対して臆病になったり、お手入れなどに過剰に抵抗する

などの変化が見られるでしょう」

ーー飼い主さんは些細な愛猫の行動の変化にも気づいてあげたいですね。

猫の視力が低下してきたときの対処法

眠る猫
getty

ーー猫の視力が低下してきたとき、どのような対処をするのでしょうか?

獣医師:
「まずは動物病院に行って、猫の体の状態を調べてもらいましょう。検査で病気がないかどうかを確認し、病気が原因で視力低下が起こっている場合には、なるべく早く治療を開始してください。

早期に病気を見つけることができれば、視力の回復が望める場合もありますので、定期的な健康診断が大切です」

猫の視力低下の予防について

撫でてもらう猫
getty

ーー猫の視力低下は予防できますか?

獣医師:
「シニア猫がかかりやすい病気を予防すれば、視力の低下を予防することにもなります。定期的な健康診断を受けさせてあげましょう。

また、飼い主さんは日頃から猫の行動の様子のほか、目の様子も確認してみてください。具体的には…

  • 目の大きさ
  • 目の色
  • 瞳孔の開き具合
  • 目やにや赤みがないか
  • 涙の量

などを観察しておきたいです。もし異変に気づいたら、早めに動物病院を受診しましょう」

(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
取材・文/柴田おまめ

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る