1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. しぐさ
  4. 猫がゴロゴロ鳴くときの気持ち3つ!ゴロゴロ音に隠された効果も

猫と暮らす

UP DATE

猫がゴロゴロ鳴くときの気持ち3つ!ゴロゴロ音に隠された効果も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫が喉をゴロゴロさせながら目を細める仕草は、よく見られる「猫がリラックス」している姿ですが、実はたくさんの秘密が隠れているのです。
ここでは、ゴロゴロの仕組みや猫の気持ち、「人にもたらされる意外な効果」までご紹介!猫の喉を撫でて癒されているのは、猫だけじゃないのかも!?

「ゴロゴロ」の仕組みは謎ばかり?

喉を撫でられてうっとりしている、茶トラのはなこちゃん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫がゴロゴロと鳴く仕組みは、実はよくわかっていません。ただ、長年の研究の中で、猫の鳴き声とゴロゴロ音の周波数は全く異なることが判明。これにより、ゴロゴロ音は鳴き声を作る声帯とは異なる部位で鳴っているのではないか、という有力な説が生まれました。
また、猫はゴロゴロ音を出しながら鳴くことができること、空気を吸いながらゴロゴロ音を発生させていることなど、さまざまな事実が明らかになってきています。

謎の多い分野でありながら、少しずついろいろなことが判明してきているのですね。

ゴロゴロ鳴く猫の気持ちは、「音の高低」に注目!

喉をゴロゴロ鳴らすミケのにこちゃん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫がゴロゴロ鳴いているときには、どんな気持ちが隠れているのでしょうか?実は、猫はゴロゴロ音の高さの違いで気持ちを表しているといわれているのです。

低いゴロゴロは甘えのサイン!

喉を鳴らす猫というと、飼い主さんに甘えて鳴いている様子を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?このときのゴロゴロ音は中低音で鳴っています。
猫は、リラックスしているときや幸せを感じているときに、この低いゴロゴロ音を鳴らします。

ピンチのときにも低いゴロゴロ?

ちなみに、苦しいときやピンチのときにも低いゴロゴロ音を鳴らすことが。怪我をしているときや、喧嘩を避けようとするときなどにも、低くゴロゴロと鳴くことがあるのだそう。

高い音のゴロゴロは要求のサイン!

いつもより少し高めのゴロゴロ音は、要求のゴロゴロ音であることが考えられます。実は、この音の周波数は、赤ちゃんの泣き声と周波数が似ているのだとか。

生まれたばかりの子猫はまだ目が見えないこともあり、ゴロゴロ音で母猫とコミュニケーションを取るそう。子猫は「お腹が空いた」「遊んでほしい」という要求を、ゴロゴロ音で母猫に伝えます。
その名残で、大きくなってもゴロゴロと音を鳴らして気持ちを表現することがあるのです。飼い主さんに近づいて少し高めの音でゴロゴロと鳴いているときは、何かを求めているのかも!

猫のゴロゴロは人にも癒し効果あり?

喉を撫でられてゴロゴロ鳴くロシアンブルーのリリーちゃん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

実は、猫のゴロゴロ音にはリラックス効果があるのだそうです。このゴロゴロ音を利用したリラクゼーションは「ゴロゴロ・セラピー」と呼ばれており、フランスではストレスなどに対する精神医療の一環として取り入れられ、一定の効果が認められています。

もしかしたら、知らない間に猫のゴロゴロのおかげで癒されているかもしれませんね!

猫のゴロゴロ音にも癒し効果があることにはビックリですね。猫の喉を撫でるとゴロゴロ気持ちよさそうに鳴いていますが、実は癒されていたのは人のほうだったのかもしれません。
猫がゴロゴロ鳴いて近づいてきたら、その音の「高さ」にも注目してみてくださいね!

参考/ねこのきもちWEB MAGAZINE『【獣医師監修】猫がゴロゴロと喉を鳴らす理由!飼い主さんへの健康効果も』(監修:ねこのきもち相談室獣医師)
文/みづかめ
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る