1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 健康・病気
  4. 風邪・感染症
  5. 命に関わることもあるから気を付けて!【猫カゼ】について解説

猫と暮らす

UP DATE

命に関わることもあるから気を付けて!【猫カゼ】について解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体力や免疫力が落ちているときにカゼをひく、というのは人も猫も同じよう。しかし、猫カゼの場合は、後遺症が残るケースや、最悪の場合は命にかかわることもあるといいます。

猫カゼが重症化するとどうなってしまうのか、また再発やワクチンによる予防など、猫カゼについて解説します。

猫カゼの症状は?

キャットタワーでくつろぐ猫
Danai Jetawattana/gettyimages

猫カゼの初期症状は、くしゃみや透明な鼻水、涙・目ヤニなど。透明な鼻水はわかりにくいですが、鼻から水分があふれていたり、ポタポタと垂れていたりする場合は早めに受診するようにしましょう。

症状が進むと、鼻づまりやドロッとした鼻水、目ヤニ、目の充血・腫れが起こるほか、発熱したり、元気や食欲がなくなったりすることもあります。

猫カゼは重症化するとどうなるの?

だっこされている猫
undefined undefined/gettyimages

猫カゼは、原因であるウイルスに感染し炎症を起こしたところが、さらにさまざまな細菌に感染(二次感染)することで、症状がより複雑になり、重症化するのだそうです。

なかには、気管支炎や肺炎をこじらせたり、食事が飲みこめなくなり、衰弱したりするケースもあるといいます。

子猫の場合は、体力・免疫力の低さにより、二次感染を引き起こし重症化しやすく、命にかかわることもあるようです。

後遺症が出る可能性も

おもちゃで遊ぶ子猫
SunRay BRI Cattery RU/gettyimages

重い猫カゼを患った場合、くしゃみなどの明らかな症状がおさまったあとも、慢性的に鼻づまりや鼻水が続くことがあります。

目の炎症が強く出ていた場合には、角膜や瞬膜(しゅんまく)が癒着し、まぶたが開かなくなったり、失明したりすることも。

このような場合は、定期的な受診と経過観察が必要になります。また、点鼻薬や点眼薬を継続的に使用するケースもあるそうです。

猫カゼは再発するおそれも

チューリップと猫
Konstantin Aksenov/gettyimages

猫カゼの原因である猫ヘルペスウイルスや猫カリシウイルスは、症状がおさまったあとも猫の体内に潜んでいるそうです。つまり、一度でも猫カゼを患ったことがある猫は、無症状ではあるものの、ウイルスを保有している「キャリア」と呼ばれる状態になります。

猫が健康な間、潜伏ウイルスは大人しくしていますが、猫の体力が落ちた際には活発に増殖し、再び症状を引き起こすことがあります。

免疫力や体力を落とさないために、飼い主さんは愛猫に栄養と水分を十分にとらせ、適度な温度・湿度を保ち、強いストレスを与えないようにすることが大切です。

動物病院ではどんな治療をするの?

カゴでくつろぐ猫
Murika/gettyimages

猫カゼには特効薬がないため、基本的には猫自身の免疫力によって治癒するそうです。しかし、症状が重くなると免疫力を発揮できなくなることもあるといいます。

そこで、動物病院では点鼻薬や点眼薬、飲み薬、点滴などの方法で、感染拡大や二次感染を防ぐための治療が行われます。

ワクチンで猫カゼを予防しよう

だっこされた猫
Barisic Zaklina/gettyimages

猫カゼのウイルスは、感染した猫の鼻水や涙、唾液のなかに大量に含まれているため、猫同士が接触することで簡単にうつってしまいます。また、猫同士が直接接触しない場合でも、人や物を介して感染することもあるそうです。

しかし、定期的にワクチンを接種しておくことで、感染しても重症化することなく、1日から2日程度で回復するといいます。なかには、発症しない場合もあるようです。

猫カゼは、命にかかわるケースや後遺症が残るケースがあるなど、甘くみてはいけない病気のひとつです。定期的なワクチン接種や温度・湿度管理などを心がけ、愛猫が猫カゼにかからないように気を付けてあげてくださいね。

参考/「ねこのきもち」2017年12月号『甘く見ないで!猫カゼは人のカゼとは違うんです』(監修:Pet Clinic アニホス院長 弓削田直子先生)
文/Yumi
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る