1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 健康・病気
  4. 病気の兆候
  5. 全身疾患を引き起こす危険も!放置すると怖い猫の「歯周病」

猫と暮らす

UP DATE

全身疾患を引き起こす危険も!放置すると怖い猫の「歯周病」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫は歯垢が歯石になるスピードが早く、人以上に「歯周病」になりやすいといわれています。進行すると全身疾患を引き起こすこともあるため、早期発見・治療が必要です。そこで今回は、猫の歯周病の原因や放置のリスク、治療法、予防法について解説します。

猫の「歯周病」ってどんな病気?

大きく目を開き驚く猫
kaorinne/gettyimages

歯周病とは歯肉炎と歯周炎の総称で、歯垢に生息する細菌や数百種の微生物によって、歯肉や周辺組織がむしばまれる病気です。3才以上の猫は70%以上が発症するとされており、高齢になるほど発症率が高くなる傾向にあります。

歯周病にかかると、歯肉の炎症や歯を支える歯槽骨の溶解が起こり、痛みや強い口臭、出血などを引き起こします。進行すると細菌が血流にのって広がり、全身にダメージが広がることも。

また、あまり知られていませんが、歯周病は人獣共通感染症のひとつといわれています。ほかの猫や人に感染したり、人の口の細菌が猫に感染したりするおそれもあるので、注意が必要です。

歯周病を放置するとどんなリスクがある?

唇をなめる黒とグレーの子猫
MahirAtes/gettyimages

歯周病を放置していると、口や鼻まわりの疾患を引き起こします。また、歯周病菌が血流を通して全身に広がってしまい、腎臓や肝臓、心臓などの臓器に悪影響を与える危険性もあります。

歯周病と慢性腎臓病がお互いのリスクを高め合うことも

近年の研究で、腎機能が徐々に低下していく病気の慢性腎臓病と、歯周病がお互いにリスクを高め合うことが報告がされています。歯周病菌が腎臓機能を悪化させたり、逆に腎臓病が歯周病や、老廃物の排泄ができなくなる尿毒症を引き起こしたりすることも。

どちらも放置しているとお互いのリスクを高め合うだけでなく、さまざまな病気を併発することが考えられます。早めの段階で治療を行い、進行や悪化を防ぐようにしましょう。

歯周病の治療・予防法とは?

小さな赤毛の子猫
lafar/gettyimages

猫の歯周病の治療・予防法は、主に以下の5つがあります。

1.歯みがき

細菌を含む歯垢の除去には歯みがきが効果的です。毎日の歯みがきを徹底することで、歯肉炎や初期の歯周炎が抑えられたという例もあります。

2.歯垢・歯石の除去

歯の表面や歯と歯肉の間にたまった歯垢や歯石は、全身麻酔をしてからスケーラーという機械で除去する必要があります。除去後は再発を防ぐため、歯と歯肉の間を洗浄して歯の表面を研磨します。

3.投薬

歯肉が赤く腫れたり、猫が痛みを感じたりしている場合は、抗炎症剤や鎮痛剤を投与。対症療法を行うこともあります。

4.食事療法

歯垢の付着を抑えるために、療法食を与える食事療法をすることも。やわらかい食事より噛む力が必要な、ドライフードや食物繊維が多い食事を与えることも歯垢の付着を抑えるのに効果的です。

5.抜歯

歯周病が重度まで進行している場合は、全身麻酔をしての抜歯が必要となります。抜歯後は、あいた穴を洗浄して縫合も行います。

放置すると、口の中だけでなく全身に悪影響をおよぼす歯周病。炎症の早期発見や悪化を防止するためにも、日ごろから歯みがきを習慣づけて、口の中を定期的にチェックすることを心がけましょう。

参考/「ねこのきもち」2021年4月号『人よりリスキー!? 放っておくと全身に影響が あなどれない、歯周病』(監修:フジタ動物病院院長 獣医学博士 日本小動物歯科研究会会長 藤田桂一先生)
文/pigeon
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る