1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 雑学・豆知識
  4. 絆が深まりやすくなる! 猫に話しかけるときのコツを獣医師が解説

猫と暮らす

UP DATE

絆が深まりやすくなる! 猫に話しかけるときのコツを獣医師が解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飼い主さんがふだんの話し方を意識してみることで、愛猫との絆がより深まる可能性もあるようです。この記事では、愛猫に話しかけるときのコツについて、ねこのきもち獣医師相談室の獣医師が解説します。

愛猫に話しかけてあげると、どのような良い影響がある?

飼主さんの手の上にあごを乗せる猫
Tat'yana Andreyeva/gettyimages

——飼い主さんが愛猫に話しかけてあげると、どのような良い影響がありますか?

ねこのきもち獣医師相談室の獣医師(以下、獣医師):
「愛猫に穏やかに話しかけてあげることで、飼い主さんに甘えるような気持ちや、くつろいだ気持ちを感じやすくなることが期待できると思います。

愛猫は飼い主さんに食事を与えてもらったり、グルーミングをしてもらったり、遊んでもらったりなど、様々なお世話をしてもらいながら生活をしています。こういった関りは、どちらかと言えば『親子の関係』に近いものです。

飼い主さんに対して親猫に甘えるような気持ちや、そばにいることでの安心感を感じている愛猫に対して、さらに声かけのコミュニケーションをすることで、安らぐ気持ちをより一層高めたり、絆を深めることがしやすくなると思います」

愛猫との絆が深まる話しかけのコツは?

見つめる猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

——愛猫との絆が深まったり、関係性が良くなるような話しかけのコツを教えてください。

獣医師:
「猫は人以上に聴覚が優れている動物です。そういった点からは、大きすぎる音や、過剰に甲高い音、深く響く低い音などに対しては、警戒心が高まってしまったり、あまり好まなかったりする傾向があります。

そのため、人のほうから声かけをする際には、暗い声よりも明るく穏やかな声で声かけをしてあげると、猫の注意を引きやすいことも多いです」

見つめる猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

——飼い主さんの声質に関しても、猫は好き・嫌いがありますか?

獣医師:
「人の声にもそれぞれの個性があり、持って生まれた声質の差があるものです。元々とても高めの声質の人もいれば、とても低めの声質であったりする場合もあると思います。

通常、愛猫は飼い主さんと一緒に暮らす中で、飼い主さんの元々の声質には、自然に慣れることがほとんどです。

ですので、声質そのものについては過剰に意識しすぎず、できるだけのんびり穏やかな気持ちで、そして大きすぎない音量の声で、折に触れてこまめに声かけをしてあげるよう意識をしてみるとよいでしょう。

こういった意識を持つことで、愛猫にとってもより心地よく、受け入れやすい呼びかけになるかと思います」

見つめる猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

——褒めてあげることも、猫は喜びますか?

獣医師:
「そうですね。『いいコだね』などと褒めてあげる言葉をこまめにかけたり、愛猫と目が合った際に名前を呼んであげたり、愛猫が甘えて鳴いた際には同じような声で鳴き返してあげてみてください。

親猫と接しているような安心感や満足感が高まることが期待できると思います。ぜひ、ふだんのコミュニケーションでも意識してみてくださいね」

(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
※写真はアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」にご投稿いただいたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
取材・文/sorami

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る