1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 雑学・豆知識
  4. 猫が鳴くのはどんなとき?「異変」を伝える鳴き方の特徴【獣医師解説】

猫と暮らす

UP DATE

猫が鳴くのはどんなとき?「異変」を伝える鳴き方の特徴【獣医師解説】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫が鳴く姿を飼い主さんはふだんから見ていると思いますが、異変を感じたときにも鳴き方で伝えることがあるようです。

この記事では「猫の鳴き方」について、ねこのきもち獣医師相談室の先生が解説します。

猫が鳴くのはどんなとき?

見つめるマンチカン
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

通常、生活の中での自然な行動として猫が鳴くのは、下記のような状況です。

  • 飼い主さんとのコミュニケーションのときや、甘えの気持ちを伝えるとき
  • ほかの猫に対する威嚇や警戒の気持ちが高まった際の警告

コミュニケーションや甘えの気持ちで鳴く際には、比較的高く細い声で鳴く傾向があります。

威嚇や警戒の気持ちで鳴く場合は、まず低い唸り声を発したり、唸り声から徐々に太い声を出すなど、相手を脅かすような迫力のある声の出し方をするのが一般的です。

ふだんの状況で猫がこういった鳴き方をする際には、鳴くのはごく一時的なタイミングに限られたり、飼い主さんやほかの猫に対するアピールなど、目的がある程度わかりやすい状況で鳴く場合が多いです。

おしゃべりなタイプの猫も

見つめる猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

まれに甘える気質が強く、日頃から頻繁に甘えて鳴くことが多い「おしゃべり」な気質の猫もいますが、そういったコであっても日常的に鳴く状況については、ある程度絞られる場合が多いと思います。

たとえば…

  • 飼い主さんがそばにいるとき
  • 盛んに遊んでいるとき
  • フードをもらえる時間になったとき

など、ある程度決まったタイミングで盛んに鳴く様子が見られがちです。

発情期の際に盛んに鳴く猫も

くつろぐ猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

また、発情期の際の交配相手の猫に対するアピールとして、急に盛んに鳴き始める場合もあります。

発情期の際の鳴き声の特徴は、赤ちゃんの泣き声のように長く伸ばす大きな声で、単調に何度も繰り返し鳴くのが一般的です。

この場合は主に…

  • 避妊・去勢をまだしていない猫
  • 家の周囲に野良猫が多く、発情期の猫の鳴き声や気配などの刺激を受けやすい環境で暮らしている猫

など、盛んに鳴く理由を比較的絞り込みやすい場合が多いです。

猫が鳴いているときにしてあげたいケアは?

眠る猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

上記のような状況は、特に「異常な鳴き声」ということではないものの、愛猫の様子や状況によっては、それぞれ適切な対応やケアが必要になります。

甘えて鳴くことが多い場合

もしも発散不足の可能性がありそうなら、コミュニケーションや遊びの時間を増やして、なるべく発散を促してあげましょう。

警戒して鳴くことが多い場合

愛猫が落ち着きやすいような隠れ場所を増やしたり、外にいる猫の気配が伝わりにくいような対策を考えるなど、生活環境を見直す工夫や配慮をしてあげるとよいでしょう。

発情期の行動として鳴いている場合

早めの避妊・去勢手術について、動物病院に相談をするなどの対応をしましょう。

異常のサインかもしれない猫の鳴き方は?

見つめる猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫の鳴き方で「異常のサイン」かもしれない状況としては、「今までとは違う様子で頻繁に鳴く行動が増える」点に注目してみると、気づきやすくおすすめです。

たとえば…

  • 今まであまり頻繁に鳴かなかった猫が、急に繰り返し鳴くようになる
  • 今までは寝たりくつろいだりなど静かに過ごしていた時間帯に、急に活動的になって盛んに鳴くようになる
  • 聞いたことがないような大きな声で鳴くようになる

など、今まで見たことのない鳴き方の様子が増えた際には、特に注意してあげるとよいでしょう。

猫が今までと違う行動を見せるようになった原因は?

くつろぐブリティッシュショートヘア
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

愛猫に今までとは違う行動の変化があった場合、愛猫が何らかの要因をきっかけに強い不安感や苛立ちなどを感じている可能性や、混乱してパニックになってしまっている可能性などが疑われます。

きっかけになる要因としては…

  • 猫自身の体調の変化
  • 特定の病気などの影響
  • 同居猫との関りの変化
  • 家の周辺の猫の様子の変化
  • 生活環境の変化

など、さまざまな事柄が考えられます。

いつもより鳴くなど、愛猫に異変が見られたときの対応は?

見上げるスコティッシュフォールド
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

愛猫にいつもと違う雰囲気で頻繁に鳴く様子が見られたら、まずはかかりつけの動物病院に相談をし、体調不良や病気の可能性がないかについてきちんと確認するとよいでしょう。

さらに、愛猫に対して次にしてあげられることについても、あわせて相談してみるとよいと思います。

鳴き方の変化を注意して聞いてみると、愛猫の体調の変化などに気づけることも

見つめるスコティッシュフォールド
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

愛猫の鳴き声やしぐさなどは、愛猫の体調や気持ちに寄り添って適切なケアをしてあげるための、気づきのヒントのようなものでもあります。

飼い主さんがそのヒントに気づいてあげられることで、愛猫との絆をより深めたり、ストレスを緩めてあげたり、体調不良にいち早く気づいてあげやすくもなるでしょう。

愛猫の鳴き声やしぐさのヒントを見逃してしまうと、愛猫に対するお世話や体調管理が行き届かない可能性や、愛猫と仲良くなるきっかけを逃してしまう可能性も考えられます。

家に猫を迎えたら、無理なくできる範囲で愛猫からのヒントに気づいてあげる気持ちで接する習慣を持つことが、まずはとても大切だと思います。

愛猫の変化に気づけるようにするための工夫を

見つめる猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

変化や異変を伝える愛猫からのヒントを、飼い主さんは見逃さないようにしたいですよね。まずは、「愛猫がふだんどのようなタイミングで鳴くことが多いか」を意識してみるのがおすすめです。

それぞれの状況を覚えておくのが難しい場合は、特にたくさん鳴いている印象があった状況や時間帯などを、日記や手帳、カレンダーに記録するのもよいでしょう。

こういった日々の行動の記録を取ることで、万が一、ストレスや体調変化などの影響で鳴き方が変化した際には、より早く気づいたり、対応してあげたりしやすくなることが期待できます。

ぜひ、愛猫の鳴き声やしぐさを意識して観察してみてくださいね。

(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
※写真はアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」にご投稿いただいたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
取材・文/sorami

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る