1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 雑学・豆知識
  4. 間違った対応は命取り!猫が誤飲誤食したときに飼い主がしてはいけない「NG対応」

猫と暮らす

UP DATE

間違った対応は命取り!猫が誤飲誤食したときに飼い主がしてはいけない「NG対応」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫の飼い主さんが日頃から注意したいものに、誤飲誤食があります。猫用のおもちゃやポリ袋、ヒモ、人の薬、タバコ、猫が食べてはいけない食べ物などを口にした場合、ものによっては命にかかわる恐れもあります。

この記事では、猫が誤飲誤食したときに飼い主さんがしてはいけない「NG対応」について、ねこのきもち獣医師相談室の獣医師が解説します。

猫が誤飲誤食したときに、飼い主さんがしてはいけないNG対応は?

見つめる猫
getty

——猫が誤飲誤食したとき、飼い主さんがしてはいけない対応はなんですか?

ねこのきもち獣医師相談室の獣医師(以下、獣医師):
「誤飲誤食したものによるので絶対ではないのですが、自己判断で様子を見てしまうことと、無理に吐かせようとすることです。

愛猫が誤飲誤食をした際は、まずはかかりつけの動物病院へ行くか、連絡をしてどのような対応をすべきか指示を仰いでください」

誤飲誤食の際のよくない対応で、症状が悪化した事例も

飼い主さんと猫
getty

——実際に、猫の誤飲誤食の際の飼い主さんの対応がよくなかった事例はありますか?

獣医師:
「すぐに症状が出ていなかったので大丈夫かと様子を見ていたら、胃で吸収されて中毒症状が強く出てしまったケースがありました。早く受診していれば、吸収される量が少なくて済んだと思います。

あとは、胃にあるうちに対応をすれば、吐かせたり内視鏡で取り出すことができたのに、腸にすすんでしまって誤飲したものを詰まらせてしまったがために、開腹手術になってしまった例も多々あります」

——どんなものであっても、愛猫が誤飲誤食してしまったら自己判断をせず、獣医師に状況を説明し、その後の対応の指示を仰ぐことが大切だとわかりますね。

猫が誤飲誤食したときに飼い主さんがすべき対応は?

飼い主さんと猫
getty

——猫が誤飲誤食したときには自己判断で様子を見ない、無理やり吐かせないといったほかに、飼い主さんがすべき対応はありますか?

獣医師:
何をいつどれくらい食べてしまったのか、メモでいいのでまとめたものを持って、落ち着いて動物病院へ行ってください。

できれば前もって動物病院へ連絡していただけると、緊急対応が必要な場合は助かります」

見つめる猫
getty

猫の誤飲誤食は命にかかわることもあります。日頃から愛猫が口にすると危険なものはしっかりと片付けたり、手の届かないところに置いておくなど、対策もするようにしましょう。

(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください
取材・文/sorami

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る