1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 雑学・豆知識
  4. 見た目が似てる「アビシニアン」と「シンガプーラ」を比べてみた

猫と暮らす

UP DATE

見た目が似てる「アビシニアン」と「シンガプーラ」を比べてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界にはさまざまな個性をもつ猫種がいます。今回はそのなかから、見た目が似ているといわれる「アビシニアン」と「シンガプーラ」に注目。ヤマザキ動物専門学校講師の高野八重子先生の監修のもと、両者の特徴や魅力について解説します。

アビシニアンとシンガプーラってどんな猫?

野性味のある端正な顔立ちのアビシニアン

アビシニアンのリックちゃん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

アビシニアンは、スラリと伸びた四肢と、丸みのあるクサビ形の端正な顔立ちが魅力的な猫種です。
そのルーツは、インド洋の海岸沿いや東南アジア原産のティックドコートの猫ではないかと推測されますが、いまだ謎に包まれています。

野性味と気品をあわせもつ世界最小の猫種シンガプーラ

シンガプーラのヤマトちゃん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

小柄な体格でありながら筋肉質で、目と耳が大きく愛らしい姿をしているシンガプーラ。
シンガポールの下水溝(ドレイン)で暮らしていた、「ドレインキャット」と呼ばれるノラ猫から自然発生したものと考えられており、シンガプーラという呼び名はシンガポールのマレー語読みが由来です。公認猫種のなかでは世界最小といわれています。

アビシニアンとシンガプーラの体格や被毛は?

アビシニアン

アビシニアンのラオちゃん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

ほどよい筋肉質なボディと、優雅な身のこなしが特徴的なアビシニアン。
平均体重は2.6~4.5kgほどで、被毛は短毛でティッキングのあるダブルコートをしており、まるで絹のような手触りです。
代表的な毛色として、ルディ(赤褐色)、レッドまたはソレル(赤系の毛色)、フォーン(淡黄褐色の毛色)、ブルーの4種類があげられます。

シンガプーラ

シンガプーラのまめ太郎ちゃん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

シンガプーラの平均体重は2.5~4kg。小柄ながら筋肉質で、細い印象はありません。
被毛は非常に短くシルキーで、体に密着していて滑らかな肌触りです。セピアカラーの毛色をしており、暖かみのあるアイボリーのグランドカラーに、濃いブラウンの色でティッキングされています。

アビシニアンとシンガプーラの性格は?

アビシニアン

アビシニアンのカイちゃん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

アビシニアンは野性味のある見た目と裏腹に人なつっこく、人とのコミュニケーションは良好といわれています。一方で、まれに猫との同居が苦手な個体もいるよう。
また、人がしゃべっていることを理解できるといわれるほど賢く、運動神経抜群で遊び好きな猫種です。

シンガプーラ

シンガプーラのはるちゃん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

シンガプーラは、優しくて甘えん坊な傾向にあります。鳴き声は小さくほとんど鳴かないため、おとなしい印象でしょう。
好奇心が強い反面、神経が過敏な面もあり、複数飼いにはあまり向かないかもしれませんが、飼い主さんや家族への愛情が細やかで賢い猫種です。

「アビシニアン」と「シンガプーラ」はどちらも野性味を感じさせる顔立ちながら、人とは良好な関係を築きやすい猫種のようです。もちろん個体差はありますので、それぞれの猫の個性を見極めてコミュニケーションをとりたいですね。

お話を伺った先生/高野八重子先生(CFAオールブリード国際審査員 サンフラワーキャットクラブセクレタリー ヤマザキ動物専門学校講師 ヤマザキ動物看護専門職短期大学講師)
参考/ねこのきもちWEB MAGAZINE『アビシニアンの特徴と飼い方 可愛い画像いっぱい|ねこのきもち 猫図鑑』
   ねこのきもちWEB MAGAZINE『シンガプーラの特徴と飼い方 可愛い画像いっぱい|ねこのきもち 猫図鑑』
文/田山郁
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る