1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 愛猫の肥満と適切なエネルギー量の関係~原因・チェック方法・対策

愛猫の肥満と適切なエネルギー量の関係~原因・チェック方法・対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「うちの猫、太りすぎ?」と気になることはありませんか。フードやおやつをあげすぎてしまって、太ってしまった猫のダイエットに励む飼い主も多いはず。人と同じく、猫でも万病のもととなるのが、肥満です。飼い主がしっかりケアしてあげましょう!

猫の肥満は飼い主の責任。体重と体型でチェックを!

 体脂肪が体に過剰に蓄積されると、肥満になります。動物の場合、一般的に理想体重より15〜20%以上増加した状態のことです。
 猫の体重には個体差があります。1才頃に成長が止まったときの体重を目安に、その後の体重管理に活かすとよいでしょう。愛猫が理想体重であるかどうかは、定期的に獣医師の判断も仰ぎましょう。
 まるまると太った猫はかわいくもあり、肥満そのものは病気ではないと思うかもしれませんが、肥満はさまざまな病気の誘因ともなります。猫では糖尿病の原因となることが多く、心臓や呼吸器にも負担がかかります。

どうして肥満になってしまうの?

 病気が原因である場合を除けば、肥満は、食事で摂取したエネルギーが消費エネルギーを上回ることで起きます。
 高カロリーの食事をしていたり、人の食べ物をもらったりしていると肥満になります。毎食のフードが適正量よりちょっと多いだけでも、続ければ摂取エネルギーが、大幅にオーバーしてしまいます。
 そのほか、避妊・去勢手術後は運動量が減るなどして消費エネルギーが減るので、手術前と同じ食事を続けていると、太りやすくなります。室内飼いや高齢のために運動量が減ることも、原因の一つです。

うちのコは肥満? それとも大丈夫!?

 いざ肥満になってからダイエットするのは、猫にも飼い主にもつらいことです。日頃から、愛猫の状態に合った栄養管理で、肥満を予防することが大切です。
 飼い主が感じる「太っている」「太っていない」の感覚は甘いことが多いものです。また、自己流の減量はうまくいかないことが多く、肥満の猫が絶食状態になると、肝リピドーシスの危険があるので、なんとなく太ってきたと感じたら、まずは獣医師に相談しましょう。
 動物病院では、BCS(ボディ・コンディション・スコア)やその他の方法で肥満度を判定し、目標体重の指針を出してもらえます。その後は獣医師の指導にそって、肥満用の療法食の選択もふくめて、栄養管理をしていきます。

肥満状態を抜け出すために、飼い主はどうしたらいいの?

 肥満が軽度であれば、食事も含めた生活環境の改善でダイエットの効果がのぞめます。家族の中に勝手にフードやおやつを与えている人がいないかも、チェックしましょう。
 動物病院の指導にもよりますが、肥満の場合の食事量は、目標体重でのRER(安静時エネルギー要求量)の0・8倍とすることが推奨されています。フードに記載されているエネルギー量をもとに与える量を調整しますが、それまでのフードの量を減らすと、必要な栄養素まで不足するおそれがあり、満腹感が得られないことも。その場合はエネルギー量が少ない減量用の療法食を処方してもらうとよいでしょう。
 なお、絶食は肝臓に負担がかかるので厳禁です。太った猫が絶食すると、肝リピドーシスを引き起こす危険があります。

引用元:ねこのきもち『愛猫の栄養学事典』

猫と暮らす

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る