1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 生態
  4. 生態・生活
  5. 飼い主を踏んづける、ぬいぐるみをくわえて鳴く…猫の行動のナゾに迫る

猫と暮らす

UP DATE

飼い主を踏んづける、ぬいぐるみをくわえて鳴く…猫の行動のナゾに迫る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛猫と暮らしていると、不思議なことやちょっと面白いこと、新鮮な驚きなどさまざまなことを感じると思います。今回はその中から、飼い主さんから見るとちょっと不思議な3つの行動について、哺乳動物学者の今泉忠明先生にお話をうかがいました。

猫が飼い主さんを踏んづけていくのはなぜ?

アメリカンショートヘアのうめちゃん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

飼い主さんの体を飛び越えるジャンプ力があるはずなのに、わざわざ猫が踏んづけていくときがありますよね、
これは、意地悪をしているわけではなく、猫なりの苦渋の決断なのです。
本来、猫は夜中から朝方までの狩りに向けて体力を温存するために、日中は極力省エネモードで行動していました。その名残で、飼い主さんを飛び越えるのも遠回りするのも体力を消耗してしまうと本能で感じた場合、距離が短くて楽な「踏んづける」という選択肢をとったのでしょう。

片目だけでこちらをのぞいているときの気持ちは?

ペルシャのあいちゃん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫が柱の陰から片目だけで飼い主さんの様子をうかがっているときは、観察されている状況です。猫は対象の存在が何をしているか気になっているとき、片目でそちらを見ます。
一方、両目で見る場合は、右目と左目に写る対象物のズレを脳が計算するため、対象物までの距離を測っていると考えられます。そのため猫に両目で見つめられている場合は、「狙われている」かもしれません。

お気に入りのぬいぐるみをくわえながら鳴くのはなぜ?

ベンガルのえくれあちゃん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

お気に入りのぬいぐるみをくわえながら鳴く場合、猫はぬいぐるみを獲物に見立てて、飼い主さんに分け与えようとしている可能性があります。
本来猫は単独行動をするものですが、それが獲物を分け与えるのは、自分の子か、ちょっとどんくさい仲間にだけです。そのため、飼い主さんをそのどちらかだと思っているのかもしれません。もしくは、遊びのお誘いの可能性もあります。

猫は知れば知るほど、不思議で愛らしい存在ですよね。これからも愛猫の様子をよく観察しながら、日々のちょっとした行動の理由などを調べてみるのもいいかもしれません。きっと猫への愛がますます深まると思いますよ。

お話を伺った先生/今泉忠明先生(哺乳動物学者 「ねこの博物館」館長 日本動物科学研究所所長)
参考/「ねこのきもち」2019年7月号『知れば知るほどもっと知りたくなる 動物学者・今泉先生に聞いた 愛しき猫のふしぎ』
文/田山郁
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る