1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 飼い方
  4. 蒸し暑いから愛猫の体のベタつきを解消してあげよう ブラッシング&拭き取り術

猫と暮らす

UP DATE

蒸し暑いから愛猫の体のベタつきを解消してあげよう ブラッシング&拭き取り術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

汗をほとんどかかない猫の体にも皮脂腺があり、分泌物をそのままにしておくことが原因で起こるトラブルは、被毛や皮膚がベタベタになるだけではありません。菌が繁殖することで皮脂腺が詰まってしまい、機能しなくなるおそれもあるのです。

ここでは、猫の体をサラッとさせるお手入れ方法を、アニマル・ケアサロンFLORA院長で日本ペットマッサージ協会理事の中桐由貴先生に伺いました。

猫の体、とくにベタ~ッとしやすいのは?

猫の体でベタつきやすいのは、背中、あご、しっぽ、耳など。これらの部位は、とくにしっかりとお手入れしてあげることが大切です。

あごに起こりやすいトラブル:あごニキビ

あごニキビ
参考・写真/「ねこのきもち」2018年6月号『梅雨どきの「湿気」を打ちのめせ! 猫もグッズもベタ→サラ革命』

あごに付いた食べかすなどから細菌が繁殖。あごに炎症が起こり、ブツブツができたりします。

しっぽに起こりやすいトラブル:スタッドテイル

スタッドテイル
参考・写真/「ねこのきもち」2018年6月号『梅雨どきの「湿気」を打ちのめせ! 猫もグッズもベタ→サラ革命』

しっぽの付け根あたりに皮脂腺があり、そこからの分泌物を放置したことによって起こる炎症。未去勢のオスによく見られる症状です。

これらのトラブルを防ぐためにも、できるだけ清潔を保つように心がけて

梅雨など湿度が高い時期は、被毛が絡まると皮膚が蒸れやすくなります。日頃から毛並みを整えてあげることが大切です。また、分泌物が出やすい部位のケアをしっかりと行い、できるだけ清潔を保つように心がけましょう。

ブラッシングで「背中」をサラッと

ブラッシングで「背中」をサラッと
参考・写真/「ねこのきもち」2018年6月号『梅雨どきの「湿気」を打ちのめせ! 猫もグッズもベタ→サラ革命』

ブラシの種類はさまざまですが、猫が好むならどれでもOK。頭側からお尻側まで、毛並みに沿ってゆっくりととかしてあげましょう。長毛の猫なら最低1日1回、短毛でも週に数回を目安に行ってください。

拭き取りで「あご」「しっぽ」「耳」をサラッと

拭き取りで「あご」「しっぽ」「耳」をサラッと
参考・写真/「ねこのきもち」2018年6月号『梅雨どきの「湿気」を打ちのめせ! 猫もグッズもベタ→サラ革命』

指先にのるくらいのコットンを用意し、濡らします。基本的にはぬるま湯でOKですが、ペット用のクリーナーを使うと、より清潔を保ちやすくなります。

「あご」のお手入れ

フードの食べかすなどで何かと汚れやすいのがあご。こまめなケアをしてあげましょう。

あご1
参考・写真/「ねこのきもち」2018年6月号『梅雨どきの「湿気」を打ちのめせ! 猫もグッズもベタ→サラ革命』

《手順1》
猫がくつろいでいる背後から顔を包み込むようにして、濡らしたコットンをあごに当てます。猫が嫌がらないなら10秒くらいを目安にするのが◎。

あご2
参考・写真/「ねこのきもち」2018年6月号『梅雨どきの「湿気」を打ちのめせ! 猫もグッズもベタ→サラ革命』

《手順2》
あごのコットンをはずして5分ほどおき、乾いたら歯ブラシで下から上に向けてこすります。歯ブラシは人用のものでOK。いろいろ試し、猫が好む硬さの歯ブラシを見つけましょう。毛づくろいくらいの強さだと気持ちよく感じてくれます。

「しっぽ」のお手入れ

ベタベタがとくに強烈なのが付け根の部分。汚れがきちんと落ちるよう、より丁寧に拭くようにしましょう。

しっぽ
参考・写真/「ねこのきもち」2018年6月号『梅雨どきの「湿気」を打ちのめせ! 猫もグッズもベタ→サラ革命』

《手順》
濡らしたコットンでしっぽの毛を挟み、根元から立ち上げるようにして拭き取りを。この繰り返しでしっぽ全体をまんべんなく拭き取ります。

「耳」のお手入れ

耳の中がタベタしやすい猫も。折れ耳のスコティッシュフォールドや耳が反ったアメリカンカールはとくに入念なケアを。

耳1
参考・写真/「ねこのきもち」2018年6月号『梅雨どきの「湿気」を打ちのめせ! 猫もグッズもベタ→サラ革命』

《手順1》
猫がリラックスしているときに背後から近付き、片方の手で猫の顔を押さえ、反対側の手で耳の付け根を軽く揉みましょう。先に揉んで警戒心を解くと、お手入れがしやすくなります。

耳2
参考・写真/「ねこのきもち」2018年6月号『梅雨どきの「湿気」を打ちのめせ! 猫もグッズもベタ→サラ革命』

《手順2》
猫の顔を押さえつつ、濡らしたコットンを耳の中に。もう片方の手で耳の付け根をくちゅくちゅ揉むようにします。猫が嫌がらないなら、5~10回くらい揉むのが目安です。

※耳はとくに繊細な部位です。気になる様子が少しでも見られた場合、必ず獣医師に相談してください。

ジメジメした梅雨の季節。こまめなお手入れで、愛猫をサラッと快適に過ごさせてあげましょう!

お話を伺った先生/中桐由貴先生(アニマル・ケアサロンFLORA院長 日本ペットマッサージ協会理事)
参考・写真/「ねこのきもち」2018年6月号『梅雨どきの「湿気」を打ちのめせ! 猫もグッズもベタ→サラ革命』
文/東みお

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る