1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. しぐさ
  4. 中毒になる恐れも!猫に絶対与えてはいけない身近な食べ物10選

猫と暮らす

UP DATE

中毒になる恐れも!猫に絶対与えてはいけない身近な食べ物10選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ねこのきもちweb

飼い主さんが食事をしているとき、愛猫に食べ物をおねだりされることもありますよね。ついあげたくなってしまうと思いますが、食材によっては猫に悪影響があるものも!

この記事では、猫の健康に有害な成分が含まれる食材のうち、とくに身近なものをピックアップしてみました。

①玉ねぎ・長ねぎ・にら→貧血、血尿などの健康被害が

ねぎ類には、猫の赤血球を破壊し、貧血や血尿を引き起こす成分が含まれています。この成分は、加熱してもなくなりません。ハンバーグなど調理された状態で食べても中毒を起こす恐れもあるのです。

②生のエビ・イカ・貝類→生のまま与えると、嘔吐やけいれんを起こす

甲殻類の肝臓には、猫に悪影響を与える毒素があります。猫が生のまま食べると、嘔吐や下痢を引き起こすことも。

また、生の貝類の内臓に含まれる「ビオフェオファルバイト a」という物質は、猫が摂取すると「光線過敏症」の原因に。これは、日光を浴び続けると耳などにかゆみ・炎症が起きる病気です。

生の状態であげるのは危険なので、愛猫が欲しがっても絶対に与えないで!

③ツナ缶→塩分・脂分が内臓の負担に

缶詰などの加工品は、猫にとって塩分や脂分が多すぎます。内臓に負担がかかる場合があるので、与えないでください。

④ぶどう→腎臓の病気の原因になる可能性

ぶどうは、犬が食べすぎて腎臓の病気にかかった例が報告されています。猫への安全性も確かめられておらず、有毒の可能性もあるので与えないのが無難でしょう。干しぶどうも同様に注意してください。

⑤そば→そばアレルギーを引き起こす危険が

食物アレルギーのひとつである、そばアレルギー。そば粉の種類や含有量にもよりますが、重篤なアレルギー症状を起こす恐れがあります。

⑥カレー→香辛料の強い刺激に内臓障害を起こす危険が

カレーは刺激の強い香辛料が大量に使われているので、猫が口にすると胃腸炎を起こすなどして、内臓に負担をかけることに。

⑦アイスクリーム・シャーベット→中毒を引き起こす食材が入っていることも

猫がチョコレートやコーヒー入りのアイスクリームなどを口にすると、中毒症状が出ることがあります。また、糖分が多いので肥満の原因にも。

⑧チョコレート・ココア→下痢や中毒を引き起こす恐れが

原料のカカオに含まれる「テオブロミン」という成分を猫が食べると、下痢や嘔吐、けいれんなどを引き起こします。少量でも中毒になる恐れがあるので、絶対に与えないでください。

⑨コーヒー・緑茶・紅茶→カフェインが中毒を引き起こす

カフェインを含む緑茶は中毒の原因に。液体はもちろん、茶葉にも注意! 茶葉は液体以上にカフェイン濃度が高く、より危険です。

コーヒー・紅茶にもカフェインが含まれており、嘔吐や下痢などの症状をはじめ、心臓や神経系に異常をきたす恐れも。

⑩ビール(アルコール)→急性アルコール中毒を引き起こす危険が

ビールの独特のニオイに興味を示す猫もいます。ニオイを嗅いだときに、鼻についた泡を舐める程度であれば大丈夫でも、許容量を超えると急性アルコール中毒になることもあります。

ねこのきもちweb

食べるものは、愛猫の健康と密接に関係しています。愛猫の健康を守るために、注意してあげてくださいね!

出典/「ねこのきもち」2016年3月号『まんぞくさんも大満足♥ 猫に与えてOK? NG? 食べ物図鑑』
文/Honoka

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る