1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 顔周りの猫エステで愛猫をもっとキュートに!病気発見のメリットも

顔周りの猫エステで愛猫をもっとキュートに!病気発見のメリットも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫エステのメリット

エステと聞くと、汚れをとって綺麗にするイメージがありますが、実は、猫エステはただ綺麗にするだけではありません。優しく触れて綺麗してあげるというスキンシップを通して、猫ちゃんとの絆も深まりますし、なにより、顔や体にしっかり触れることで、いつもと違う様子や病気などを発見できるメリットもあります。

もちろん猫ちゃんにとっても、毛が生え変わる時や、ジメジメした季節は体がベタついているので、綺麗してもらえば気持ちがいいはず♪

ではさっそく、猫エステのやり方を次項からご紹介したいと思います。

さっそくお手入れを始めましょう

まず最初に、5センチ角くらいに切ったガーゼを、人肌程度のお湯に濡らして軽く絞っておきます。水でも大丈夫ですが、皮脂を含む汚れは36℃前後のほうが除去しやすいため、ぬるま湯がおすすめです。

続いて猫エステを行うときの体勢ですが、正面から行うと猫ちゃんも警戒してしまうので、基本的には背後から体をそっと包み込むように行いましょう。もし猫ちゃんが後ずさりしても、動きを止めることが出来るので、背後から行う方がメリットが多いですよ。

目の周りを綺麗にしましょう

目や口周りは一番汚れがつきやすい場所です。また、顔は健康状態がわかりやすいので、エステを行いながら何か異変がないかをしっかりとチェックしましょう。

1. 腕で猫ちゃんの体を挟み、頭を軽くつかむようにして動かないように固定します。
2. 目頭にガーゼを数秒あてて、目ヤニや汚れをふやかします。
3. そのまま目頭の汚れを拭き取ります。
4. 今度は再び目頭にガーゼをあてて、目の下側を滑らせるように拭きます。

ポイントは、最初は下側を行い、仕上げは横に滑らせて拭いてあげることです。人間と同様に目はデリケートな部分ですので、使用するガーゼは清潔なものを使用するように気をつけてくださいね。

耳とあごのお手入れ方法

目の周りが綺麗になったら、次は耳のお掃除です。汚れが多い時は、市販のクリーナーなどを使いましょう。

1. 耳先を軽く親指で引っ張ると耳の中が見えやすくなります。
2. 親指でガーゼを耳の中に押して入れながら、優しく汚れをかき出します。
3. ガーゼを持ち替えたら、もう片方の耳も綺麗にしてあげましょう。

最後はあご周辺も、毛並みに逆らうように、一緒に拭いてあげてくださいね。ただし、拭きすぎないように気をつけましょう。

優しく猫ちゃんに触れてお手入をしてあげることで猫ちゃんもリラックスできるので、飼い主さんへの信頼もより深まるのではないでしょうか。また、猫エステには見た目を綺麗にする以外のメリットもあるので、健康状態をチェックするのにもおすすめです。ぜひ、定期的に愛猫のエステティシャンになってみてくださいね。

出典/「いぬのきもち」2016年5月号『おうち猫エステ』
文/ishikawaA
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

猫と暮らす

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る