1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 飼い方
  4. 顏が大きいほうがモテる? オスの猫ならではの性格や特徴は

猫と暮らす

UP DATE

顏が大きいほうがモテる? オスの猫ならではの性格や特徴は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

性別による猫の見た目の違いは、一見してわかりづらいもの。しかし、メス猫と比較してみると、オス猫特有の見た目や性格があります。今回は、オス猫特有の外見上の特徴や性格の傾向、さらに気をつけたい病気について、ねこのきもち獣医師相談室の岡本りさ先生にお聞きしました。

オスはメスと外見上どう違う?

窓際の茶トラ猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

オスは、テリトリーの奪い合いやメスをめぐって争う機会があることから、骨格や筋肉が発達しています。体型はがっしりしていて、メスよりも全体的に大きく見えるでしょう。
足は太く、前足の肉球はメスよりも大きく立派に見えます。

筋肉や骨格を発達させるのは性ホルモンの影響で、体と同じで顔の骨格も自然と大きくなります。メスをめぐってオス同士が争うとき、顔が大きいオスのほうが相手を威圧できたり、メスは顔の大きいオスを選んだりと、顔が大きいことで優位になることがあるようです

オスにはどんな性格のコが多い?

猫の前足にタッチ
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

オスはメスに比べ、感情表現がストレートな傾向にあります。自分の欲求を通すことを一番に考えているため、飼い主さんに甘えたいと思ったら迷いなく飼い主さんのもとへ行ったり、ひざに乗って鳴いたりするため、甘えん坊だと思われることも多いようです

また、オスは自分のテリトリー内での安心を強く求めるので、空間が自分のニオイで満たされていると安心感を覚えるようです。そのため些細な変化にも敏感で、部屋に新しく置かれたものに対してニオイを入念に嗅いだり、前足で触ったりと警戒しながら確認することがあります。これは、心配性ゆえの行動ともいえますが、オスには好奇心旺盛な面もあるので、見慣れないものを調査せずにいられないという側面もあるのでしょう。

オスがとくに気をつけたい病気

ソファでなでられる猫
kaorinne/gettyimages

オスの尿道はメスに比べて細く、オシッコに関係する病気にかかると重症化するおそれがあります。とくに注意が必要なのは、「尿石症」になった際の「尿道閉塞」です。

猫は尿が濃いためもともと尿中に結石ができやすい傾向がありますが、とくに尿道が細いオスはこの結石が詰まりやすいです。尿道に結石ができると、オシッコをするときにつらそうに鳴いたり、トイレに何度も行くのにオシッコがでなかったりという状態になります。

尿の出口が完全にふさがれてしまうのが尿道閉塞で、24時間この状態が続くと命にかかわります。なお、膀胱と尿道に関係する疾患を総称して「下部尿路症候群」と呼び、早急な診断が必要になりますので、愛猫に「おかしいな」という点が見られたらすぐに動物病院を受診しましょう。

個体差もありますが、性格も含めオスにはメスとは違う特徴がありました。オスがとくに気をつけたい病気にも注意しながら、個性を大事にして愛猫との生活を楽しんでくださいね。

(監修:ねこのきもち獣医師相談室 獣医師・岡本りさ先生)
参考/ねこのきもちWEB MAGAZINE『【獣医師監修】オス猫の性格や特有の病気、オス猫が満足すること』
文/小林けい
※一部写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る