1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 1才過ぎたら要注意!花粉症にかかりやすい猫の特徴や治療法、対策方法って?

1才過ぎたら要注意!花粉症にかかりやすい猫の特徴や治療法、対策方法って?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫も花粉症にかかる!

まいにちのいぬのきもち・ねこのきもちアプリ

春先になると、愛猫がよくくしゃみをする、涙目になっている、鼻水を垂らしているなどと「花粉症」のような症状で辛そうにしていませんか?最近では研究が進んでおり、猫も花粉症になる事が分かってきました。しかし春先に猫カゼの症状がある猫を検査しても猫カゼのウイルスが出ないことがあるため、病院で花粉症と確定診断をするのは難しいようです。

花粉症の症状と治療法は?

まいにちのいぬのきもち・ねこのきもちアプリ

くしゃみ、鼻水、涙、目ヤニが出る、皮膚が痒くなったりするなど、人と同じような花粉症特有の症状がでます。この皮膚のかゆみから体を掻きすぎてしまい、脱毛してしまう場合も。それにくわえて目の腫れや、のどのかゆみなど、粘膜に現れる症状も人とほぼ同じで、目の粘膜やのどが腫れたりかゆくなったりしてしまうこともあります。

最近ではスギ花粉の影響で皮膚が赤く腫れ、鼻炎を起こす猫がいるなどの報告も増えてきているそうです。気になる治療方法ですが、人の花粉症とほとんど症状が同じため、抗ヒスタミン剤やステロイド剤などを使って治療しているようです。だからといって人間用の薬をあげるのではなく、投薬したい場合は動物病院の指示を仰いでください。

花粉症にかかりやすい猫の特徴は?

まいにちのいぬのきもち・ねこのきもちアプリ

食物アレルギーがある猫はほかのアレルギーを併発しやすく、花粉症にかかりやすくなる傾向にあります。さらに年齢が上がるにつれてこの傾向は強まるため、1才以上で免疫が落ちている猫は特に注意が必要です。また、長毛の猫は短毛の猫に比べて花粉が毛につきやすいため、花粉症になるリスクが高いとも言えます。

家でできる花粉症対策って?

まいにちのいぬのきもち・ねこのきもちアプリ

長毛の猫の場合は、ブラッシングをしてあげることで毛についた花粉を落としてあげることができるので、愛猫のためにもこまめなブラッシングを心がけましょう。またブラッシング後や洗濯物を取り込んだあとには、花粉が床に落ちています。愛猫が毛づくろいする際に花粉を体内に取り込んでしまわないためにも、花粉除去の目的で床掃除をしてあげましょう。その際には床の目に沿って水拭きをしてくださいね。

なお、床掃除をするタイミングは早朝がベスト!人の活動が少ない夜に花粉が床に舞い落ちるため、早朝に床掃除をすることで、再び花粉が空中に舞い散るのを防げます。また、室内には空気清浄機を設置し、洗濯物は部屋干しにする、飼い主さんが帰宅をした際には玄関の外で花粉を落とすなど、愛猫が花粉を取り込まないような工夫をしてあげてくださいね。

出典/「ねこのきもち」2017年3月号『粘膜に症状が現れる病気』(監修:王子ペットクリニック 重本仁先生)
文/佐藤
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

猫と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る