1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 健康・病気
  4. アレルギー
  5. 【獣医師監修】花粉症にかかりやすい猫の特徴 検査治療、対策は

猫と暮らす

UP DATE

【獣医師監修】花粉症にかかりやすい猫の特徴 検査治療、対策は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

春や秋などは、花粉症で苦労する人も多い季節ですが、実は猫にも花粉症があることを知っていますか?今回は、猫の花粉症の症状をはじめ、検査や治療法、花粉症にかかりやすい猫の特徴、家でできる花粉症対策について解説します。

猫も花粉症にかかる!

クッションでへそ天する猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

春先になると、愛猫がよくくしゃみをする、涙目になっている、鼻水を垂らしているなどと「花粉症」のような症状でつらそうにしていませんか?最近では研究が進んでおり、猫も花粉症になることがわかってきました。
猫カゼのウイルスを検査で確定診断することは難しいため、春先に猫カゼの症状がある猫を検査した場合、花粉症なのか猫カゼなのかがわかりづらいのが現状です。花粉が飛散している時期に症状が出て(季節性があり)、花粉がおさまると症状もおさまる傾向がある場合は花粉症と疑うことができるでしょう。

花粉症の症状は?

猫の顔アップ
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

最近ではスギ花粉の影響で皮膚が赤く腫れ、鼻炎を起こす猫がいるなどの報告も増えてきているそうです。
猫の花粉症はくしゃみ、鼻水、涙、目ヤニが出るなど、人と同じような花粉症特有の症状が出るほか、皮膚の炎症もメインの症状としてあらわれます。
また粘膜にあらわれる症状も人とほぼ同じで、目の粘膜やのどが腫れたりかゆくなったりしてしまうこともあります。

アレルギー性皮膚炎

猫の花粉症として多くあげられるアレルギー性皮膚炎。皮膚炎になると皮膚が赤く腫れるなどの症状があらわれ、かゆがってかきむしってしまうこともあります。かきむしることで余計に悪化し、最終的には脱毛や皮膚の水ぶくれ、膿が溜まった状態に
皮膚炎は顔や首、腹部など皮膚が薄かったり皮膚と皮膚が重なったりする部位に出やすい傾向にあります。なかでも顔は花粉症の症状が出やすくわかりやすい部位なので、注意して観察し、気がついたら悪化する前に早めに動物病院を受診しましょう。

花粉症の検査や治療法は?

丸まった猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

動物病院では、アレルギーの原因となるアレルゲンを特定するための検査を行うことが可能。採血のみによる検査で、どの植物の花粉に反応しているか知ることができます。

治療方法は、人の花粉症と同じように症状を抑えるための対症療法がメインです。抗ヒスタミン剤やステロイド剤などを使ってアレルギー反応を抑え、症状によっては塗り薬などを処方されることも。
なお、ステロイドは長期的に使用すると副作用が出る場合もあるため、使用する際は獣医師の指示をよく聞いて用いるようにしましょう。

また、皮膚炎が出ていてかゆみがある場合は、かきむしりの予防として、エリザベスカラーや洋服を着用させるのもひとつの手です。

花粉症にかかりやすい猫の特徴は?

もふもふの猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

食物アレルギーがある猫は、ほかのアレルギーも併発していることがあり、花粉症にかかりやすい傾向にあります。年齢が上がるにつれてこの傾向は強まるため、1才以上で免疫が落ちている猫は特に注意が必要でしょう。また、長毛の猫は短毛の猫に比べて花粉が毛につきやすいため、花粉症になるリスクが高いともいえるようです。

家でできる花粉症対策って?

掃除機と猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

長毛の猫の場合は、ブラッシングをしてあげることで毛についた花粉を落とすことができるので、こまめなブラッシングを心がけましょう。またブラッシング後や洗濯物を取り込んだあとには、花粉が床に落ちています。愛猫が毛づくろいするときに花粉を体内に取り込んでしまわないためにも、花粉除去の目的で床掃除をしてあげましょう。床の目に沿うようにして水拭きをすることで、溝に入り込んだ花粉も取り除くことができます。

なお、床掃除をするタイミングは早朝がベスト!人の活動が少ない夜に花粉が床に舞い落ちるため、早朝に床掃除をすると、再び花粉が空中に舞い散るのを防げます。

花粉を家に持ち込まないようにする

花粉症の予防や症状の軽減には、家に花粉を持ち込まないように意識することも大切です。
室内には空気清浄機を設置し、洗濯物は部屋干しにするといいでしょう。また、飼い主さんも花粉がつきにくい素材の服を着用するようにし、帰宅をした際には玄関の外で花粉を落とすなど、愛猫が花粉を取り込まないような工夫をしてあげてくださいね。

花粉の時期でも快適に過ごせる工夫を

椅子に座る猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

花粉症は、猫にとってもつらい症状が出てくるものです。しかし飼い主さんの工夫によって、愛猫が快適に過ごすためのサポートをすることはできます。今回ご紹介した内容も参考に、猫の花粉症についてしっかりと準備をしてあげてくださいね。

参考/「ねこのきもち」2017年3月号『猫にも花粉症が!? 春はとくに気を付けたい 粘膜に症状が現れる病気』
監修/ねこのきもち相談室獣医師
文/kagio
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る